2020年08月18日

        

昭和の懐かしい看板

category - 話題
2020/ 08/ 18
                 
Twitterに投稿された昭和ノスタルジーを想起させる写真が話題になっているという内容の記事を読みました。 

元記事はこちら↓
https://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/310016.html

「赤穂玩具博物館」の紹介動画はこちら↓



私が良くみていた看板は、大村崑さんの「オロナミンC」や由美かおるさんの「アース蚊取り線香」、松山容子さんの「ボンカレー」でしたが、こちらにはどれもあるみたいで、実物を見に行きたくなりましたね〜
こちらの博物館には、昔懐かしい玩具も3,000点以上展示されているということで、古き良き時代にタイムスリップしたような感覚を味わえそうです!
元記事にも書かれていますが、令和になってから、消費増税・新型コロナウイルス感染拡大・東京オリパラ延期などがあり、先行き不安な状況が続くと、余計に過去を振り返りたくなるのかもしれないですね・・・・
先ほど書いた3つの商品は今も販売されていますが、お店で見かけると子どもの頃に目にした看板を思い出してしまいます。

娘にこの写真を見せたら、やはりびっくりしていましたね(^◇^;)
これからもコレクションが増えて、博物館の中に入れないほどになるかも??

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加