2020年08月10日

        

「エコバッグ万引き」古書店で横行

category - 話題&子育て・教育
2020/ 08/ 10
                 
古書店で、万引きした本をエコバッグに入れて持ち帰る犯罪が横行しているという内容の記事を読みました。

元記事はこちら↓
https://www.fnn.jp/articles/-/68005

スーパーなど、会計前と会計後で買い物かごを別にしているお店もありますが、古書店ではそういう対策をしていないところがほとんどでしょうし、防犯ゲートを取り付けるにも経費がかかりすぎるということで、元記事にあるような、入店の際にはエコバッグだけではなく、口が閉じない手提げバッグも従業員に預けることを客に求めるというのも、しかたのないことなのかもしれませんね。
入口に無料のロッカーでも設置してあれば、そこにエコバッグや他の荷物を入れてから入店したらいいのですが、スペースの問題もあるでしょうしね・・・・
私は、もちろん万引きはしたことがありませんが、万引きした人が万引きGメンに捕まっている様子をテレビで観ていますし、とても怖くて万引きなんてできないですね。
警察署で取り調べられることになったら、服を全部脱がされてチェックされるそうですが、それも絶対に嫌なので、疑われるような行動自体しないようにしています。

子どもの中にも盗癖のある子はいますが、親の気を引きたい、誰かに強要されている、物の所有の概念がないなど、さまざまな理由が考えられます。
物やお金を盗んでしまったことについては悪いことだと教えなければいけませんが、子どもの話もきちんと聞いてあげたうえで、子ども本人に謝罪させるようにしたいですね。
また、物を盗むという行為に隠された病気や環境要因などがないかも、見極める必要があります。
盗癖がなかなか治らない場合は、一度スクールカウンセラーや児童専門の精神科医などの専門家に相談することをお勧めします。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加