2020年08月05日

        

白い「萩の月」&心を健やかに保つ方法

category - 健康
2020/ 08/ 05
                 
JR東京駅構内のお店「菓匠三全(かしょうさんぜん)」で、『萩の調 煌(はぎのしらべ こう) ホワイト』が発売されたという内容の記事を読みました。

元記事はこちら↓
https://datelabo.com/article/haginoshirabe-koh

「菓匠三全」のHPはこちら↓
https://www.sanzen.co.jp/index.html

「萩の月」は仙台の銘菓ですが、こちらの商品は東京駅限定販売なんですね。
お店には、こちらの商品を買うための行列ができていることもあるようなので、買うときには電車に乗る時間を考えておかなければ!
仙台は行ったことがないですが、仙台名物の牛たん料理専門店の喜助には行ったことがあります。
仙台も観光スポットが多いところのようなので、一度は旅行してみたいと思います!



心を健やかに保つ方法について、精神科医の方が解説してくださっている記事を読みました。

元記事はこちら↓
https://www.ktv.jp/news/feature/20200708/

厚生労働省は、コロナの影響で心の不安を抱える人が急増していると分析しているそうですが、元記事では、不安を抱え込まないために日々の生活で実践できるちょっとした工夫が書いてありました。

① 基本的に起きる時間を一定にする
② 気分の波がある人は、朝に牛乳とバナナをとる
③ 8000歩の散歩と日光浴をする
④ 不安をあおるような情報は見ないようにする
⓹ 睡眠記録表を付ける


要約すると、だいたいこんな感じでしょうか?

②については、朝に牛乳とバナナを摂取すると気分を安定させる成分、セロトニンと睡眠の質をよくする成分、メラトニンが体内で作られるからだそうてすが、私は牛乳は朝一番にプロテインを入れて飲んでいるものの、バナナは常備していなかったので、ときどきでも食べるようにしたいと思いました。
①と③はほぼ毎日やっていますが、④は完全には実践できていないですし、⓹もやっていないので、不安な気持ちが強くなったら、ぜひすべてやっていきたいですね。

私の場合、5〜7kmのジョギングが日課になっているのですが、たしかに、以前なら絶対に気になっていたようなことが気にならなくなるなど、精神面での効果がありましたね。
でも、気にしなさすぎて他の人への配慮まで欠けてしまったら大変なので、そこはしっかりやっていかなければ!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

菓匠三全 萩の調(しらべ) 煌(こう)ホワイト 6個入
価格:2160円(税込、送料別) (2020/8/4時点)