2020年07月02日

        

新型新幹線「N700S」に乗る方法

category - 話題
2020/ 07/ 02
                 
昨日から営業運転を開始した新型新幹線「N700S」に乗る方法について、解説してくださっている記事を読みました。

元記事はこちら↓
https://trafficnews.jp/post/97153/2

13年ぶりのフルモデルチェンジ車両である「N700S」。
東海道・山陽新幹線で運用されるということで、関西に帰省するときには私も乗ることがあるかもしれません。
一番ありがたいのは、全席にコンセントがついているところですね。
今までは、確実にコンセントがついている座席を事前に指定していましたが、いつこの車両が使用されるかは運転前日にJR東海の公式Twitterで発表されるということなので、今度新幹線に乗るときにはチェックしてみたいと思います。

私も、東海道新幹線の予約をするときは、元記事に書かれているスマートEXを利用していますが、これはとても便利です!
スマホにアプリを入れておけば、移動中でも予約関係の手続きができますし、発券せずに手持ちの交通系ICカードで乗車できるのもありがたいですね。
今年からは、JR東日本でも新幹線eチケットサービスが始まり、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線にもチケットレスで乗車できるようです。
太宰治と誕生日が同じで、いつか太宰ミュージアムには行きたいので、その際は私もこちらのサービスを利用したいと思いました。

親戚が岐阜羽島駅のすぐ近くに住んでいたので、私は子どもの頃からときどき新幹線に乗っていましたが、先日、この駅に新幹線を誘致した大野伴睦さんがテレビで取り上げられていて、予算削減のために羽島市に駅が設置されたことを知りました。
海外では、TGVや、中国鉄路高速上海トランスラピッドといった高速鉄道にも乗りましたが、これらは貴重な体験でしたね。
中国鉄路高速に乗ったのは3年前でしたが、パスポートの携帯が必要でしたし、駅構内のレストランではクレジットカードが使えないなど、日本とは勝手が違っていました。
中国ではスマホ決済が主流になってきているみたいなので、海外からの旅行者は中国元も用意しておいたほうが無難でしょうね。
今度は、台湾高速鉄道にもぜひ乗ってみたいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加