2020年03月

        

緑茶で感染予防できるかも?

category - 健康
2020/ 03/ 31
                 
静岡県知事が、新型コロナウイルス感染予防のために、緑茶を飲むよう呼びかけているという内容の記事を読みました。

元記事はこちら↓
https://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/746534.html

緑茶に含まれるカテキンにウイルス抑制効果があるということで、私も毎日緑茶を飲んでいますが、こういう記事を読むと、さらに心強いですね。
そういえば、静岡県での新型コロナウイルス感染者数はとても少ないのですが、日常的に緑茶を飲んでいることで、たとえ感染していたとしても、ほとんど症状がない方が多いということなのかもしれないなと思っています。
中国・浙江省疾患防止センターが、緑茶、紅茶と烏龍茶の三種類のお茶でコロナウイルスの培養を行ったところ、緑茶では増殖と成長が著しく抑えられたという結果が出たという情報もありますが、もしこれが本当ならいいのですが・・・・
飲み過ぎると、トイレが近くなったり眠れなくなったりする可能性があるので、私は一日に3杯ほどにしていますが、新型コロナウイルスはまだまだ感染拡大しそうなので、これからもこの習慣を続けていこうと思いました。

インフルエンザに関しては、緑茶に予防効果があるという研究結果が発表されているようですね。
認知機能低下抑制作用もあるということなので、記憶力の衰えを感じている私としては、うれしいかぎりです!
値段の高い緑茶は買えず、いつもスーパーの安い緑茶ばかり飲んでいますが、さまざまな効果が得られることを、期待していきたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加








                         
                                  
        

非認知能力

category - 教育・受験勉強
2020/ 03/ 30
                 
非認知能力について書かれた記事を読みました。

非認知能力とは、数値で測れない性格や特徴とされていて、忍耐力や社交性、自尊心などが挙げられます。
この能力は将来の社会的成功に大いに関係するため、幼児期から育成することが必要だということでした。
より良い人間関係を築いたり1つの課題に粘り強く取り組んだり出来ることは子どもにとって大きな財産となると思うので、非認知能力を伸ばすような育児をしてあげるといいですね。

幼児期からの知的教育はあまり意味がないということも書かれていましたが、娘の場合は、1歳から14歳まで公文を続けたことで忍耐力が養われましたね。
公文は賛否両論ありますが、娘にはむいていたようです。
数学は同学年の日本の公文生の中で一番の進度になったこともありますが、娘に口頭で答えなどを言わせて私がプリントに書き取ったり朝と晩に分けてプリント学習をしたりしたことで成果があらわれたと思っています。
小さい子に長時間鉛筆で書かせるのはやはりかわいそうですからね‥‥
そして、遊びの中に、パズルやクイズなど、知的なものを入れて、勉強と仲良くなれるようにもしました。
東大生の中には娘より数学の出来る方がたくさんいらっしゃるとは思うのですが、この経験は娘にとって大きな自信になったと確信しています。

娘は幸いなことに先生や友達とのトラブルが少なく私もママ友とトラブルがなかったので助かりましたが、前もって必要なことを何回もレクチャーしていたのが良かったのかもしれません。
今もたいてい機嫌が良いので助かっていますが、危機感を感じにくいところは主人に似たみたいです(>_<)
娘にはこれから困難も待ち受けているかもしれませんが、できるだけ自分の力で乗り越えてほしいと願っています。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか? [ おおた としまさ ]
価格:858円(税込、送料無料) (2020/3/29時点)


                         
                                  
        

阪神全選手が自宅待機

category - 話題
2020/ 03/ 29
                 
阪神タイガースの藤浪晋太郎投手ら3選手が、新型コロナウイルスに感染したことを受けて、同球団の全選手が1週間の自宅待機になったという内容の記事を読みました。

体力がものすごくあるプロ野球選手でさえ感染してしまう、新型コロナウイルス。
でも、聞くところによると、アスリートの中には、ヘビースモーカーの方もわりといらっしゃるみたいですし、有名になったり稼ぎが良くなったりすると、外食の機会も増え、不規則な生活になる場合もあるので、今の時期は、特に生活を見直す必要があったでしょうね。
嗅覚や味覚に異変が起こってしまって、とても心配だったでしょうが、原因が分かって、ほっとされたと思います。
阪神の選手は、特にお誘いが多いようで、選手から断りにくい状況もあると思うので、しばらくは、球団側で行動を制限することを続けたほうが良さそうですね。
体力の低下は必至ですが、プロの選手なので、開幕までにしっかり体を作ってくれるだろうと思っています。

藤浪投手といえば、大阪桐蔭高3年のときのセンパツで大谷翔平選手と投げ合ったときの試合を、私と娘は観に行っているんですよね。
2人とも、プロの世界に進んだわけですが、大谷選手はアメリカに渡り、藤浪投手は伸び悩んでいる。
藤浪さんは、派手な生活ぶりをテレビで話していましたが、そういった生活も、成績に影響してしまっているのかなと感じていました。
私も藤浪さんと同じく関西人ですし、またぜひ、一軍で活躍してくれる姿を見たいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

私立大下宿生の生活費

category - お金
2020/ 03/ 28
                 
下宿して関東の私立大学に通う学生の一日の生活費が、680円程であるといった内容の記事を読みました。

この金額は、バブル期だった1990年度の3分の1ほどにしかならないようで、家賃はどんどん上がっているのに仕送り額が少ないため、学生たちはバイトをたくさんして不足分を補っているみたいですね。
学食で一食食べるとしても、それだけで最低300円は消えていきますし、特に男子学生の場合は、たしかにこの金額では足らないように思います。
ただ、バイトの時間が増えすぎると、疲れて大学の講義にも出れないという状態になってしまうかもしれないし・・・・
これだと、何のために大学生になったのか、分からなくなってきますよね。

子どもが下宿すると、親のほうもかなりの負担がありますよね。
お子さん1人当たり、毎月10万円近くは仕送りしていらっしゃるのではないでしょうか?
さらに、国立大の学費は54万円程ですが、私立大だとその倍以上かかるケースもあるので、教育費も4年間でかなりの額に!!
大学生の約半数がなんらかの奨学金を受けていることを考えると、学費と仕送り分を余裕で払えるというご家庭は、ほとんどいないのだろうなと想像してしまいますね。
我が家は、そういった経費削減のために家族で首都圏に来たわけですが、代わりに新居のローンをそれ以上の金額払っているので、日々悩んでおります(>_<)
でも、家のローンと仕送りが重なっているご家庭も多いかと思うので、我が家はまだましなほうなのかもしれませんね。

ちなみに、私の一日の生活費は、多分400〜500円くらいでしょうか??
なんとか病気もせずやってこられていますが、もう少し自分にお金を使えるようになりたいです!
質素倹約の姿勢を娘に示せているのは良いことかと思うのですが、切り詰めてばかりでは息が詰まってしまって・・・・
大学生の方達が私と同じ心境にならないためにも、学費が値下がりして仕送りが増えるようになってほしいと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

「ブラック職場」の見極め方

category - 仕事
2020/ 03/ 27
                 
ブラック職場の見極め方について、解説してくださっている記事を読みました。

記事によると、ブラック職場であるかどうかを見極めるには、仕事をしていくうえで、把握可能感・処理可能感・有意味感の3つを感じられることができるかどうかが判断基準になるそうです。
把握可能感というのは、自分の置かれている状況や今後の展開を把握できると感じること。
処理可能感は、自分に降りかかるストレスや障害にも対処できると感じること。
有意味感とは、自分の人生や自身に起こることには意味があると感じること。
これら3つの感覚が十分に得られないような職場は、その人にとってブラックな職場になる可能性があるということでした。

でも、職場って、その中に入ってみないと、本当の様子が分からないですよね。
求人票には良いことばかり書いてあっても、実際は違っていたということは結構聞きますし、職場の人間関係までは、求人票だけでは把握できないし・・・・
私は、以前の職場の同僚の紹介で今の職場に来ることになり、ある程度は状況を聞いていましたが、上司である教室長は、言うことがコロコロ変わるので、上に書いた把握可能感は感じにくいかなと思いました。
生徒さんたちがいる前でも、私たちに「それはダメ!」みたいな言い方をするのですが、先生同士の連携が取れていないことを自ら露呈してしまっていますよね。
もちろん、私たちが好き勝手にやりたいということではないのですが、同じ内容を伝えるにも、言い方というものがあるのでは?と思うのです。
生徒さんたちの前では、スマートに振る舞うようにしてほしいのですが、性格というものは簡単には変えられないようなので、今は、私自身が自分を守るべく、上司への接し方を試行錯誤している状態ですね。
先月は退塾した生徒さんが多かったので、教室長も少しは反省してくれるといいのですが・・・・
同僚にもやっかいな人がいるので、どうしても我慢できなくなれば、転職するしかないですが、もうしばらくは様子を見てみようと思っています。
年齢が上がると転職も躊躇してしまうので、辛いですね(>_<)

私にとっては、職場の人間関係が一番重要なポイントなので、周囲の方と円満な関係でいられるように、これからもベストを尽くしていきたいです。
転職するにしても、良い職場と出会えるように、誠実な行いを続けていきたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

子は親の鏡

category - 子育て
2020/ 03/ 26
                 
「子どもは親の言うことは聞かないが、言動の真似はする」という内容の記事を読みました。

親がいくら子どもに偉そうなことを言っても、行動が伴っていないと効果がありませんよね。
子どもが家でダラダラしていると「勉強しなさい」とつい言ってしまいがちですが、そんな親御さんが子どもの前でテレビばかり観ているとしたら‥‥
子どもも絶対ツッコミを入れると思います。
親ができない努力を子どもに要求しても子どもには届かないーーまさにその通りですね。
私は娘の良い手本になったかと言われると自信はないのですが、娘のいるときにはほとんどテレビをつけず読書をしたり娘の学習に必要な情報をネットで調べたりしていました。

私の両親がアドバイス的なことはほとんどしてくれず、父は連日悪酔いして帰宅してくるし母も現状を嘆きテレビに逃げているような状態だったので、娘には私と同じ目にはあわせたくないと思っていましたね。
両親を恨んではいけないと分かっているのですがどうしてもまだ自分の中で折り合いがつかず、実家にもあまり寄り付かないようになってしまいました。

両親と私の親子関係は現在も良いものではありませんが、こんなことの連鎖は私で断ち切りたいです。
子どもが生まれたかったのではなく親が産みたかったから子どもがいるわけなので、私は親として出来る限りの務めははたしていきたいと考えています。
娘に恥じない言動をしなければ!!
でももちろんリフレッシュもします(^-^)v

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

縮小卒業式でも濃厚接触

category - 大学生活
2020/ 03/ 25
                 
昨日は、東大の卒業式でした。
数日前に、東大職員の方が新型コロナウイルスに感染していることが公表されていたので、中止になるのではないかとも思ったのですが、予定通り、規模を縮小して行われました。

保護者は、会場に入ることはできないということだったのですが、娘の荷物がかさばっていたのと、東京大神宮にお参りに行くつもりだったので、大学まで娘に同行したところ・・・・
安田講堂の前では、多くの学生たちでにぎわっていて、おしゃべりで盛り上がったり、一緒に写真を撮ったりしていたので、かなり心配になってしまいました(><)

娘は、引き続き東大に通うのですが、春から社会人になる方もいらっしゃって、今度いつ会えるか分からないということもあるので、たしかに、集まって楽しく過ごしたいということはあると思います。
ただ、東京は毎日感染者が増えていますし、時間制限をするなど、大学側がある程度規制する必要があったのではないか?
娘は、極力人との距離を空けていたそうですが、感染していないといいのですが・・・・
こういう状況を見てしまうと、やはり卒業式は中止したほうが良かったのではないかと、思わずにはいられませんでした。

4/12の入学式は、中止ということになりましたが、妥当な判断だと思いましたね。
講義も、オンラインでやるものが多くなるみたいで、なかなか普通の大学生活には戻れませんが、自宅でしっかりと学んでほしいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

「マスクかぶれ」に注意

category - 健康
2020/ 03/ 24
                 
新型コロナウイルスの感染が広がる中、2か月以上、マスクをつけて外出などされている方も多いと思います。
最近でこそ、マスクをしていない方が徐々に増えてきたかなという気もしますが、依然として、マスクの供給不足は続いていて、今すぐ必要としている方に行き渡っていないという現状があるようですね。
体調の悪い方だけでなく、仕事で必要な方、つけることで安心できる方もいらっしゃいますし、早く店頭にたくさん並んでくれたらいいのですが・・・・

連日長時間マスクをつけることで、顔の下半分がかぶれている画像を見ましたが、私も、ある日突然こうなるのではないかという不安があり、人が密集する場所に行くのでなければ、マスクをしないようにしています。
原因としては、肌とマスクとの間に生じる摩擦や、マスク内部がむれることによる雑菌の繁殖、不織布が肌に合わない、といったことがあげられるようですが、いったんかぶれてしまうとすぐには治らないので、できるだけ、マスク以外の感染予防法を実践していますね。
肌への負担が少ない素材でできたマスクもあるようですが、我が家には300枚ほどのマスクがあるものの、さほど高価なものではないですし、あまり期待できそうもないです・・・・

かぶれを防ぐためには、マスク装着の時間を短くしたり、マスクをこまめに取り替えると良いそうなので、ご心配な方は、そのようにしていただけたらと思います。
ガーゼのマスクは、肌への負担が少ないみたいですが、今はそれも品不足なのが残念ですね。
幸い、私はまだマスクでかぶれてはいませんが、湿布や絆創膏ではかぶれるようになってしまったので、年齢とともに、皮膚が弱くなってきたのだと思います。
顔がかぶれて熱を帯びると、睡眠の質が下がり、かえってウイルスに感染しやすくなるので、テレビなどでも、ぜひこういったことを取り上げていただきたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加









                         
                                  
        

まだまだ慣れないジョギング

category - 日常生活
2020/ 03/ 23
                 
ジョギングを始めてから1年以上たちましたが、いまだに行く前は億劫なんですよね・・・・
「ジョギング続かない」でネット検索してみるのですが、改善方法が見つからずにいて、少しですが、困っています。

今のところ、ほぼ毎日外で走っていて、復路になると気持ちが楽になるので、ほんの20分くらいのことなんですけどね・・・・
コースを変えてみるとか、距離を短くするとか、走る頻度を減らすという方法もありますが、自分にとってはどれもデメリットのほうか勝ってしまうので、やっぱり現状維持しかないかなと思っています。
私の場合、音楽を聴きながら走ると注意散漫になりそうなので、それも無理そうですし(><)
走ることで、ストレスが軽減できていることは確かですし、今は新型肺炎の心配もあるため、心肺機能は鍛えておいたほうがいいと考えているので、なるべく早く、こういう状態から抜け出すことができたらありがたいですが・・・・
歩数計のカウントが励みになっているので、なんとか連続目標達成記録を伸ばしていきたいです。

ネットで「走り始めてから2、3年すると楽しくなってきた」というコメントを見ましたが、そういうものなのかもしれませんね。
もともと運動する習慣がなかったので、継続することの難しさを実感していますが、あまりに辛いときは休むなどして、「細く長く」続けていけたらと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

食事でうつや発達障害が良くなる?

category - 健康
2020/ 03/ 22
                 
精神科医で「うつ消しごはん」(方丈社)の著者、藤川徳美先生へのインタビュー記事を読みました。

藤川先生によると、精神的な不調を抱える患者さんは、必要な栄養素が足りていないことが多いそうです。
そして、特に不足しているのが、タンパク質。
タンパク質は、心を落ち着かせる働きのあるセロトニンや、喜びを感じさせるドーパミンなどの神経伝達物質の原料となる栄養素なので、やはり十分に摂ったほうがいいみたいですね。
また、発達障害やパニック障害なども、高タンパク・低糖質食やプロテイン・鉄・ビタミンのサプリメントを摂ることで状態の改善が期待できるそうなので、試してみる価値はありそうですね。
これらの栄養素は健康な身体づくりにも必要なものですし、基本は食事で摂りながら、不足分をサプリメントで補えばいいのかなと思いました。

タンパク質は、体重1kgあたり1.2〜2.0gが必要という見解がありますが、私もそれとなく意識はしていて、2年ほど前から、鉄分とカルシウムが多い牛乳にプロテインを混ぜて、それを一日2回飲んでいます。
もちろん、食事でもタンパク質を摂るようにしているので、たぶんこの必要量は満たしていると思いますね。
私は、生活面や仕事の人間関係などで落ち込むことが多いですが、とりあえず仕事に行くことはできていて、たしかに、以前よりは精神的に強くなったかもしれません。
筋肉量が年々減っていくということを聞いて摂り始めたプロテインですが、精神の健康にも役立つということなので、これからも不足しないように、気をつけたいと思いました。
家のプロテイン、そろそろまた注文します!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加