2019年10月29日

        

格安スマホ、通話料値下げへ

category - 話題
2019/ 10/ 29
                 
総務省が、格安スマートフォン業者が通話サービスの料金を安く提供できる仕組みを作る方針を固めたという内容の記事を読みました。

格安スマホ業者は自前の通信設備を持っておらず、通話サービスを提供するために大手から30秒あたり14円の回線利用料を支払っているため、通話料が割高になっているみたいですね。
親しい人とは、LINEなどで無料通話ができますが、やはり通話料は安く設定していただいたほうが便利だなと思うので、こういう変更は庶民にはとてもありがたいです!
ただ、その分基本料金が高くなるのは困りますが(・・;)

我が家は、auからワイモバイルに変えて、年間20万円ほど節約できたのですが、ワイモバイルは、1回10分以内の国内通話は何回でも無料なので、たいていの通話は無料でできています。
通信費をもっと安くしたいとは思うのですが、近所にワイモバイルのショップがあるという安心感もあり、迷っているところですね。
格安スマホは災害時につながらないかもという心配があって、大手での契約を続けている方も周囲にはいらっしゃいますが、そこは私も気になっています。
災害が起こらないように願いますが、いざというときに混乱しないような仕組み作りも、ぜひやっていただきたいですね。

そういえば、ワイモバイルに変えたときに、夫と娘のiPhoneはau時代のものがそのまま使えたのですが、私が使っていたXperiaはなぜか使えなくて、新しい機種を買い直したのはもったいなかったですね・・・・
あと半年で、機種代金の支払いが終わるので、支払いも少なくなりますが、これからも格安スマホの情報はチェックするようにして、良いのがあればまた乗り換えたいと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加