2019年10月27日

        

慣れた頃こそ注意する

category - 心と精神
2019/ 10/ 27
                 
ヒューマンエラーは、慣れたときに起こるといった内容の記事を読みました。

ヒューマンエラーとは、日本語で言うと「人為的間違い」ということになり、とくに人命が関わる仕事では、その防止対策が本格的、かつ徹底的に行われているそうです。
記事では、飛行機の操縦や自動車の運転の例が挙げられていましたが、たしかに、これらについてはちょっとしたミスが大惨事につながり、多くの犠牲者を出しかねないので、細心の注意が必要になってきますよね。
では、ヒューマンエラーはどういったときに起こりやすいのかというと、最も代表的なものは「慣れ」だそうです。
やり始めた頃は緊張もあり、十分に気をつけているのですが、しばらく経験を積むと、自分の技術や知識を過信してしまい、安全意識が低下してしまうみたいなんですよね。
だからこそ、「慣れた頃が一番危ない」ということを常に意識して、物事にあたっていく必要があるとのことでした。

私も、もともと車の運転は苦手なのですが、通勤で運転していたとき、アクセルとブレーキを踏み間違えてしまって💦
被害はほとんどなかったので助かりましたが、今思い出してもどきどきするような経験でした。
運転が下手なのにも関わらず、すっかり慣れた気になってしまい、緊張感がなくなっていたんでしょうね・・・・
だから、この記事を読んでいて「まさに私のことだわ」と改めて反省しています。
取り返しのつかないことになったら、後悔してもしきれないと思うので、とくに安全面に関することにはくれぐれも気をつけないとと思いました。
娘も運転免許を取りましたが、私の失敗を話して、慣れの怖さをしっかりと認識させたいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

レディースファッションサイ ト【イーザッカマニアストアーズ】