2019年10月10日

        

教諭同士でいじめとは!!

category - 話題
2019/ 10/ 10
                 
神戸市立の小学校で、教諭4人が後輩の教諭にいじめを繰り返したという問題、ただただあきれてしまいました。
他の同僚教諭も、いじめがあることを知りながら、校内のリーダー的な加害教諭がいて言い出せなかったとのことですが、そんなことでは、生徒同士のいじめについての指導もできるはずがないですよね。

加害教諭は、30代の男性3人と40代の女性1人だそうですが、いい歳をしていったい何をやっているのでしょうか?
暴力も振るっていたみたいですし、これは普通に「事件」ですよね。
秋は学校行事も多いのに、こんな問題が起こってしまって、生徒さんたちも、本当に大迷惑なことだと思います。
被害にあわれた先生もですが、生徒さんたちの心のケアも、今後しっかりとしていただきたいですね。

娘が小学生のとき、やはり担任の先生に問題が起こり、2学期から担任交代となったことがありました。
娘自身はたいした被害は受けていないのですが、ある生徒さんは、腕の怪我した部分をつかまれたということで、私もものすごくびっくりして、娘が同じような目にあったらどうしようと不安にもなりましたね。
結局、私は出席できなかったのですが、1学期の終業式の日の夜に緊急保護者会が開かれ、以前勤めていた学校でもトラブルがあったということが伝えられたそうで、その担任の先生は、体調不良で担任を降りるということも決まり、私たちもほっとしたのを覚えています。
でも、今から考えると、その先生も、今回の先生たちよりはずっとましだったと思うので、余計に憤りを感じてしまいますね。
生徒側は、担任の先生を選ぶことはできないのですし、先生方の行動は生徒たちも見ているので、そのことを念頭において、教師という仕事にあたっていただきたいと思います。
私も、生徒さんたちの学習指導をする立場にあるので、襟を正して、これからも努力していきたいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加