2019年10月

        

郵便局がキャッシュレス対応開始

category - 話題
2019/ 10/ 31
                 
郵便局の郵便窓口で、キャッシュレス決済を導入するという内容の記事を読みました。

来年の2月から、郵便代金や荷物などの運賃、切手やはがきなどの販売品、カタログや店頭商品などの物品商品支払いに、クレジットカードや電子マネー、スマホ決済サービスなどを利用できるようになるそうですが、これは朗報ですね!
すでに「ゆうちょPay」というものがあるにもかかわらず、今まで肝心の郵便局で使えなかったというのは、お粗末な感じは否めませんでしたが、ようやく支払い方法の多様化が進みそうで、こちらとしてもありがたいです。

以前から、公共料金や税金の支払いもカード払いにできるようになっていますが、我が家では、マイルを貯めるために、JALカードでこれらの支払いをしています。
現金振込だと、期日までに振り込むのを忘れてしまいそうになりますが、カード引き落としならその心配もないので、助かっていますね。
郵便局でお金を使うことはほとんどなくなりましたが、年賀はがきを買うときは数千円は支払うので、再来年以降はもちろんカード払いにしようと思います!
これからも、さらに利便性の高いサービスができることを期待したいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

運動で脳を活性化する

category - 子育て
2019/ 10/ 30
                 
運動によって脳が活性化するといった内容の記事を読みました。

最近の子どもは全体的に運動不足で、肥満や生活習慣病になる子が増えているようなのですが、運動が不足していると、集中力などの精神的な面にも影響があるみたいですね。
やはり、ある程度の運動は必要ですよね・・・・
運動することによって脳の前頭葉にある脳神経ネットワークの抑制機能が鍛えられ、注意散漫になるのを防いで集中力を発揮できるようになるんだとか。
また、運動は他の人とのかかわりやコミュニケーションをしながらする場合が多いですが、そこからも抑制する力ややる気も起こってくるので、そのあたりも集中力の上昇に役立っているみたいですね。
集中力の訓練というと、机に長時間座って勉強させることをイメージしがちですが、運動することが間接的には勉強にも良い効果をもたらすので、歩く機会を増やすなど、身近なところから取り入れてみることを、私もおすすめしたいです。

娘も、小さいときからよく歩くようにはさせていましたね。
1歳のころも、よく一緒に歩いて近所に買い物に行きました。
幼稚園年中のときに自転車のコマを外し、年長では一輪車・竹馬・逆上がりをし、小学校低学年ではスイミングの選手クラスに在籍。
そのあとは、毎年六甲山人工スキー場でスキーの練習をしていました。

私が運動が得意ではなかったので、娘には運動好きになってほしかったんですよね。
最近はなかなかまとまった時間がとれないのですが、また大学のプールに行くと言っているので、水泳は結構好きみたいです。
もちろん、公園で体を動かすのもとてもいいと思うので、楽しく運動できたらいいですね(^O^)

私も運動不足かもと不安ですが、ジョギングも始めましたし、できるだけ階段を使ったり、歩いたりも心がけています。
細々とですが、筋トレやストレッチもしているので、こちらも継続したいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

格安スマホ、通話料値下げへ

category - 話題
2019/ 10/ 29
                 
総務省が、格安スマートフォン業者が通話サービスの料金を安く提供できる仕組みを作る方針を固めたという内容の記事を読みました。

格安スマホ業者は自前の通信設備を持っておらず、通話サービスを提供するために大手から30秒あたり14円の回線利用料を支払っているため、通話料が割高になっているみたいですね。
親しい人とは、LINEなどで無料通話ができますが、やはり通話料は安く設定していただいたほうが便利だなと思うので、こういう変更は庶民にはとてもありがたいです!
ただ、その分基本料金が高くなるのは困りますが(・・;)

我が家は、auからワイモバイルに変えて、年間20万円ほど節約できたのですが、ワイモバイルは、1回10分以内の国内通話は何回でも無料なので、たいていの通話は無料でできています。
通信費をもっと安くしたいとは思うのですが、近所にワイモバイルのショップがあるという安心感もあり、迷っているところですね。
格安スマホは災害時につながらないかもという心配があって、大手での契約を続けている方も周囲にはいらっしゃいますが、そこは私も気になっています。
災害が起こらないように願いますが、いざというときに混乱しないような仕組み作りも、ぜひやっていただきたいですね。

そういえば、ワイモバイルに変えたときに、夫と娘のiPhoneはau時代のものがそのまま使えたのですが、私が使っていたXperiaはなぜか使えなくて、新しい機種を買い直したのはもったいなかったですね・・・・
あと半年で、機種代金の支払いが終わるので、支払いも少なくなりますが、これからも格安スマホの情報はチェックするようにして、良いのがあればまた乗り換えたいと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

「もいもい」をプレゼントしました(^O^)

category - 子育て
2019/ 10/ 28
                 
先日、帰省したときに30年来の友人たちと集まったのですが、その中の1人にお孫さんが生まれるということで、ささやかなプレゼントを渡しました。

自宅近くのお店で、離乳食のおかゆを作る容器は買っていたのですが、それは800円くらいのものだったので、もう少し何かあげようかなと思って、伊丹空港に着いたその足で、大阪の梅田にある紀伊国屋書店に直行。
子どもの本のコーナーに行くと、「もいもい」という本が目立つところに置いてあり、表紙に「東京大学赤ちゃんラボ」という文字があったので、買ってみることにしました。

「もいもい」の公式ページはこちら↓
https://d21.co.jp/akachan-ehon/

我が家に小さい子どもがいないので知らなかったのですが、この本、テレビなどでもすでに紹介されていたんですね!
「東京大学」の文字につられて購入しましたが、赤ちゃんが長時間見続けてくれたイラストを採用して作られた絵本ということで、口コミも結構良さそうです。
赤ちゃんがなかなか泣き止まず、戸惑うお母さんも多いと思いますが、赤ちゃんがこの本に釘付けになってくれたら、そういった悩みも軽減されますよね(^O^)

赤ちゃん学研究の歴史はまだ浅いそうですが、これからさらに研究が進んで、子育てに良い変化があればいいなと思いました。
赤ちゃんはしゃべれないので、どういう気持ちで行動しているのか、謎が多いですからね・・・・
お孫さんは来月生まれる予定ですが、この本を気に入ってくれたらうれしいですね。
私も、孫が生まれたらぜひ買ってあげたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もいもい ボードブック版
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/10/27時点)








                         
                                  
        

慣れた頃こそ注意する

category - 心と精神
2019/ 10/ 27
                 
ヒューマンエラーは、慣れたときに起こるといった内容の記事を読みました。

ヒューマンエラーとは、日本語で言うと「人為的間違い」ということになり、とくに人命が関わる仕事では、その防止対策が本格的、かつ徹底的に行われているそうです。
記事では、飛行機の操縦や自動車の運転の例が挙げられていましたが、たしかに、これらについてはちょっとしたミスが大惨事につながり、多くの犠牲者を出しかねないので、細心の注意が必要になってきますよね。
では、ヒューマンエラーはどういったときに起こりやすいのかというと、最も代表的なものは「慣れ」だそうです。
やり始めた頃は緊張もあり、十分に気をつけているのですが、しばらく経験を積むと、自分の技術や知識を過信してしまい、安全意識が低下してしまうみたいなんですよね。
だからこそ、「慣れた頃が一番危ない」ということを常に意識して、物事にあたっていく必要があるとのことでした。

私も、もともと車の運転は苦手なのですが、通勤で運転していたとき、アクセルとブレーキを踏み間違えてしまって💦
被害はほとんどなかったので助かりましたが、今思い出してもどきどきするような経験でした。
運転が下手なのにも関わらず、すっかり慣れた気になってしまい、緊張感がなくなっていたんでしょうね・・・・
だから、この記事を読んでいて「まさに私のことだわ」と改めて反省しています。
取り返しのつかないことになったら、後悔してもしきれないと思うので、とくに安全面に関することにはくれぐれも気をつけないとと思いました。
娘も運転免許を取りましたが、私の失敗を話して、慣れの怖さをしっかりと認識させたいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

レディースファッションサイ ト【イーザッカマニアストアーズ】

                         
                                  
        

自信過剰な子

category - 子育て
2019/ 10/ 26
                 
自信過剰な子への対応について、解説してくださっている記事を読みました。

子どもが自慢話や自信過剰な行動をしていると、友達から嫌われるのではと心配になりますよね。
でも、小学校中学年くらいからは、だんだんと自分を客観的に見られるようになってくるので、基本的にはあまり気にする必要はないそうです。
むしろ、大きくなるにつれて、自分に自信を失いすぎるケースが多くなってくるようで、これは日本の子どもに顕著に表れているみたいですね。
日本子どもは、国際比較調査でも「自分に自信がある」と答える子の割合が低いというのを聞いたことがありますが、自己肯定感が低いことのほうが、長い人生を生きるにあたっては憂慮すべきことなではないかと思いました。

また、子どもが自信過剰な行動をしたときには、それを責めたり否定したりせず、子どものうれしい気持ちに共感してあげることが大切だそうです。
そのうえで、日頃から「大好きだよ」「一緒にいられて幸せ」など、子どもの存在そのものを無条件で肯定する言葉を贈るようにしてあげると、子どもの自己肯定感も高まってくるとのことでした。

私も、これらの言葉をいまだに娘に毎日言っていますが、娘のほうもまんざらではなさそうなので、大きいお子さんにも有効だと思います(^_−)−☆
お子さんが自分に自信が持てるように、時間のあるときにでも、ぜひこういった言葉をかけてあげてくださいね(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

受け身も大切

category - 心と精神
2019/ 10/ 25
                 
気が利く人になるために大切なことは、まずは自分が受け身になってみることだといった内容の記事を読みました。

気が利く人になりたい。
私も常にそう思っているのですが、なかなかうまくいかなくて・・・・
そんなときは、周りにいる気の利いた行動のできる人の様子を真似すると良いそうです。
まずは受け身になってインプットし、気の利く行動をアウトプットしていく。

記事にはそう書いてありましたが、私も本当にその通りだと思いました。
まずはインプットしなければ、アウトプットもできないですものね。
気の利いた行動とはどういうものかを知っておかないと、自分自身も気の利いた行動ができるわけはありません。
最初は真似をしていくとして、だんだん慣れてきたら、自分なりに行動をアレンジしていけばいいのですから、学ぶという姿勢は常に持ち続けていかなければ!
記事を読んでいて、私もそんな風に決意を新たにした次第です(^O^)

でも、最近では、あまり気の利いた行動というのを感じることがなくなってきていて・・・・
私も含めて、皆気持ちに余裕のない人が多いのかもしれませんね。
仕事でも、私は自分の手が空いているときは同僚を手伝うようにしているのですが、私は手伝ってもらえないことが多く、逆にできていないことを指摘されることもあったりします。
お子さんがそばにいる仕事なので、大人同士あまりギスギスしたところは見せたくないのですが、そこまで気が回らない方もいらっしゃるんですよね・・・・
それでも、見習うべきところがあればぜひ見習っていきたいと考えています。
私も欠点が多い人間なので、少しでもそれを埋められるように、受け身の姿勢を忘れないでいきたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

子どもの睡眠不足

category - 健康
2019/ 10/ 24
                 
「幼児の4人に1人は夜10時でも起きている」という内容の記事を読みました。

骨や筋肉を作ったり免疫力を高めたりするのに必要な成長ホルモンや、思春期が来るまで第二次性徴を抑える働きをもつメラトニンは、夜や就寝時に大量に出されるそうです。
寝不足になるとこうした物質の分泌や記憶の整理・定着などに悪影響を及ぼすので、3〜5歳時なら午後9時には就寝し、できれば10時間ほど寝た方が良いと書いてありました。

保育園での昼寝は4〜5歳児ではあまり必要なく、無理やり昼寝させることが子どものストレスになったり夜遅くまで起きてしまう原因になったりするみたいですね。
でも、両親が共働きのご家庭は夕食の時間も遅くなりがちだと思うので、保育園で昼寝をしておいてくれれば夕食の時間にちゃんと起きていてくれて助かる場合も多いですよね。

娘は幼児の頃は午後8時には寝ていました。
私もついでにビールを飲んでウトウトしたりしていました(^_^;)
多分娘は10時間くらいは寝ていたと思います。
職場の生徒さんもしょっちゅうあくびをして集中できずすぐにキレたりする子がいるので、やはり睡眠不足は学習に影響すると実感しています。

しかし、ご家庭の都合で理想通りにいかないこともありますよね。
そんなとき、私なら子どもにマッサージをしてやったりアロマテラピーをしたり、熟睡しやすい寝具に変えたりして、質の良い睡眠を取らせることを目指します。
途中でほんの少しだけ仮眠をとるのも良いかもしれませんね。
子どもの健全な成長のためにも、しっかりと睡眠が確保できるようにしてあげたいものです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

無事に大阪に到着!

category - 日常生活
2019/ 10/ 23
                 
台風の影響で、飛行機が飛ばないのではと心配していましたが、まったく取り越し苦労だったようで、ほぼ予定通りに大阪国際空港に到着しました(^O^)

私は、大学生の頃も塾講師をしていたのですが、昨日は、そのときの講師仲間や生徒たちと、1年半ぶりに集まることができました。
場所は、天王寺の居酒屋だったのですが、横を見ると、日本一の超高層ビル「あべのハルカス」が!
展望台には行ったことがないのですが、入場料金は1500円くらいなので、展望台にしては安いほうかもしれませんね。
夜10時まで開いているみたいなので、夜景は一度見てみたいなと思いました。

天王寺はかなりひさしぶりでしたが、新しいビルもできていて、おしゃれな街になったなという印象。
祝日ということもあって、駅付近はとてもにぎわっていましたね。
ただ、私たちは駅から少し離れたビルにあるお店に行ったので、あまりお客さんもおらず、3時間食べ飲み放題をお願いしていたのですが、3時間過ぎても追い出されることがなかったので、次回からもこのお店でいいよねということになりました。
今は首都圏に住んでいる私がいつもお店を探しているのですが、ネットで調べるだけだと分からないことが多いので、これから決めなくていいのはこちらとしても楽でいいですね。

このメンバーでは、いつも昔の話もよくしているのですが、年齢も年齢なので、病気の話題も多くなってきましたね。
肩が凝って腕がうまく上がらない人もいたのですが、飲みながらみんなでストレッチまでしてしまいました(^-^;
親の介護が始まっている人もいますし、今後はなかなか集まりにくくなるかもしれませんが、このメンバーといると若い頃の自分に戻れるので、これからもできるだけ機会を作って、集合していきたいですね。
今住んでいるところには友達がおらず、寂しさを感じるときもありますが、次の集まりを楽しみにして、また首都圏で頑張ります!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

時間を守る

category - 心と精神
2019/ 10/ 22
                 
時間を守ることは信用を守ることになるという内容の記事を読みました。

記事には「時間を守ってくれる人は約束も守ってくれる」と書かれていましたが、私も本当にそう思います。
時間にルーズな人のことは、口には出しませんが、なんとなく信用できないというのはありますね。
勤務先でも、出勤時刻になっても来ない同僚がいて皆で心配していたら、10分ほど遅れてきて、謝ることもなかったのですが、私なら、たとえわずかな時間の遅刻でもメールするのになと思いました。
出勤途中で忘れ物を取りに行っていたことが遅刻の理由のようなのですが、それならなおさら、電車の中ででもメールは打てると思うのですが・・・・

他にも、私は若い頃から、なるべく早めに目的地に着くようにしていましたが、待ち合わせをしてもしょっちゅう遅れてくる友人がいて、知り合ってから30年たった今でも改善されていません。
今はスマホがあるので、待ち時間もそんなに退屈しなくてすみますし、あわてて来られて怪我でもされたらいけないので、あまり気にしないようにはしていますが、もう少し早めに家を出るようにすれば、遅刻して私に謝るようなことにはならないと思うんですけどね・・・・

そんな経験があるので、娘には、時間厳守の大切さを常に話してきました。
一応、余裕を持って家を出るようにはしているみたいですが、支度をするのが遅いので、それは改善してもらいたいですね。
私は、友人からも「きちんとした人」というふうに見られるをことが多いのですが、きっと、時間を守っているということが大きいんだと思います。
少しの心がけで相手の信用を得ることができるのですから、娘も、スピーディに行動して、相手を待たせることのないようにしてほしいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加