2019年09月11日

        

人それぞれの考え方

category - 心と精神
2019/ 09/ 11
                 
普段人と接していると、さまざまな考え方にふれることが多いですよね。
受験関係でいえば、たとえば大学入試に親が付き添うかについても、インターネットの教育掲示板で毎年のように話題にあがっています。
不測の事態に備えて付き添うという意見もあれば、自立のためにも一人で行かせるという意見もあり・・・・
結局「人それぞれでいいのではないか」という意見が出て収束するのですが、私も本当にそうだと思いますね。
どちらが良かったかどうかは、その子の性格や、入試の結果がどうだったかによっても変わってくるような気がします。
我が家の場合は付き添わないという選択肢はありませんでしたが、お子さん1人で遠方まで受験しに行って見事合格された例もあるので、どちらがいいとか悪いとかはないなと実感していますね。
東大入試当日、私は校門までついて行きましたが、男子の方とお母さんとで来られている方も見たので、お子さんの一大事、世間体は気にせず、後悔のない選択をしていただければと思います。

私の仕事についても、先生同士で微妙に意見が違うなと感じています。
私はコールセンターで仕事をしていたこともあり、生徒さんや保護者の方は基本的に「お客様」という考えなのですが、学校と同じようにしつけをしないとと考えている先生もいらっしゃいます。
丁寧に対応すれば良い口コミが増えると私は思っているのですが、なかには厳しく指導してほしいというニーズもあるかもしれないので、そのあたりはバランスよくやっていきたいですね。
ただ、なるべくクレームは来ないほうが私たちの精神衛生上もありがたいので、やはり接し方には気をつけないと・・・・
自分を否定されると、とことん落ち込んでしまいそうなので💦

結局のところ、自分ならどうされたいかといったことが基準になって考え方が決まっている場合が多いのでしょうから、何が正解かはなかなかいえないでしょうね・・・・
他人の考え方を聞いて参考になることも多いので、これからもさまざまな考え方を尊重していこうと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加