2019年09月

        

パスポートを郵送交付??

category - 話題
2019/ 09/ 30
                 
ビザ(査証)なしで入国できる国・地域の数に基づき、世界各国のパスポート(旅券)を比較したランキングが毎年発表されているようですが、日本は、シンガポールと並び首位になったそうです。
トップ10を見ていると、2位以下とは僅差ではあるのですが、それでもこの結果はうれしいですね(^O^)

ただ、先日、政府がパスポートを郵送で受け取れるようにする制度改正の検討に入ったいう記事を読んで、なんとなく心配になってしまいました。
たしかに、自宅で受け取れるのは便利なのですが、窓口で受け取ることで本人確認の意味もあったと思うので・・・・
日本の郵便制度はとてもすばらしいものですが、それでも、配送の途中でトラブルがないとは限らないですしね。
パスポートは、受け取れる場所の数が限られているのが難点ですが、運転免許証やマイナンバーカードも手渡しなのですから、やはり今のままのほうがいいのではないかなと思いました。

一方、発行手数料をクレジットカードで払えるようにするとか、インターネットで発行申請できるようにするということも検討されているそうですが、これはうれしいですね。
10年有効のパスポートの手数料が16000円もするので、もっと安くなればなおありがたいですが(^^;;
利便性も大切ですが、身分証明証の役割も兼ねているパスポートなので、安全性を第一に考えて、改正していただければと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

小1女児不明、未だ見つからず

category - 話題
2019/ 09/ 29
                 
山梨県のキャンプ場で、21日から行方不明になっている女の子ですが、懸命の捜索活動でも手がかりさえつかめていないみたいで、私も毎日心配しています。
ボランティアで捜索に参加してくださった方が、崖から転落されたという情報もありますし、陸上自衛隊による捜索活動も終了したということで、一刻も早く見つかってほしいという気持ちでいっぱいですね。

女の子のご一家は、キャンプに慣れているということのようですが、今回の場所もたびたび行かれていたのでしょうか?
もしそうでなければ、小さい子を友達のところへ一人で行かせてしまったのは、やはり良くなかったのかもしれないですね。
大勢の方が参加されていたキャンプのようなので、大人の方が交代で見守りに行くということができていたらと、悔やまれます。
でも、自然の中でのひととき、大人もゆったりとしたいでしょうしね・・・・
それに、ずっと子どもから目を離さないというわけもいかないですし、私も、今回のことでいろいろ考えさせられました。

娘も、同じく小1のときに、私のうしろで友達と遊んでいて、顔を5針縫う怪我をしてしまったということがありました。
本当に、一瞬の出来事で、私も気が動転してしまいましたが、あまり目立たないところの怪我だったので、不幸中の幸いでした。
それ以来、大きな怪我はしていませんが、これからも、何が起こるか分からないので、娘には、十分に注意して行動してもらいたいですね。
もちろん私も、齢とともに注意力が衰えてきているので、娘以上に気をつけなければと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

弱くても前進する

category - 心と精神
2019/ 09/ 28
                 
弱い自分がいるなら、弱いなりに前進すればいいといった内容の記事を読みました。

強い人というのは、気力・体力・精神力が備わっているというイメージがありますよね。
これらの力が十分にある人は、行動力も身につくし、難しい課題も達成しやすくなると思います。
だから、強さを持っているのはとても素晴らしいことなのですが、かといって「弱いことは悪いこと」という先入観は持たないほうが良いそうです。
目標を高く設定するのも重要ですが、高い目標を見上げてぼうぜんと立ち尽くすよりは、小さなことからこつこつと積み上げていくことを考え、実行するほうが進歩があるし、目標にも近づきやすくなりますよね。
「弱い人でも偉業を達成できる。」

記事にはそんなふうに書いてあって、小心者の私も少しだけ勇気が出てきました。

本当に、私は自分のことに関してはすぐにあきらめてしまうことが多かったです。
高校の頃、評判の良い教材を買っては挫折して無駄にしてしまって(>_<)
実家もお金に困っている様子だったので、塾に行きたいとも言えませんでした。
もっと親に自分の希望を伝えられていたら、また人生が変わっていたかもしれませんね。
習い事とかも、マイペースで続けていたら、今も趣味として楽しめたかもしれません。
そんなふうにいろいろと後悔があるので、娘の子育てはまず「あきらめない」ことをモットーにしてやってきました。
完璧は目指さないけど、あきらめずに取り組めばたいていは壁を乗り越えられたので、やはりこの記事に書いてあるように前進あるのみですよね!

強い人はさまざまなことがうまくいっているように見えてうらやましくなりますが、私がその人たちのようになるのはかなり難しいと思うので、私は私なりに、少しずつ前進していけたらうれしいです。
明るい未来を目指して、今日も行動しようと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

若者の腕時計離れ

category - 話題
2019/ 09/ 27
                 
若者の腕時計離れが広がりつつあるという内容の記事を読みました。

私が若い頃は、腕時計をつけて外出するのは当たり前という感じでしたが、今はそうでもないみたいですね。
携帯電話が時計の役割も兼ねてくれるので、あえて必要ないということなのかもしれません。
メーカー側も、モデルのバリエーションを拡充したり、復刻モデルを販売するなどして対策しているようですが、娘も、試験のとき以外は持ち歩かないですね・・・・
ソーラー充電できるものや、金属アレルギーを起こしにくい素材で作られたものもあるそうですが、日焼けあとがつくのも心配で、私も使っていない状態です。

ただ、娘の就活が始まったら、それなりの腕時計を買ってあげようかなとは思っていますね。
カバンからスマホを取り出す手間が省けますし、面接のときも、なんとなくですが、時間の意識が高い印象を与えられるような気がします。
もちろん、我が家のことですから、そんなに高価なものは買ってあげられませんが、就職祝いとして、ぜひ送ってあげたいですね。
就職するのはまだ先ですが、記事を読んで、今からでも良い腕時計がないか、チェックしていこうと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

記憶力の発達について

category - 教育・受験勉強
2019/ 09/ 26
                 
記憶力がどのように発達するかについて、解説してくださっている記事を読みました。

アメリカでの研究結果によると、物事を記憶するとき、小学校低学年くらいまでは、記憶しやすいものとしにくいものとをどちらも同じ時間をかけて記憶しようとしているのですが、それ以降の年齢では、記憶しにくいもののほうにより多くの時間をかけようとするそうです。
つまり、年齢が上の子どもたちのほうが下の子どもたちよりも経験を積んでおり、それによって効率の高い物の覚え方ができるようになってくるということなんでしょうね。
大きくなるにつれて記憶するためのコツがつかめたり、記憶しなければという意識が高まってきたりするとも思うのですが、まずは大人が、記憶力が必要だということを子どもに丁寧に教え、正しく導いてあげることが大切になってきますね。

娘は1歳から公文の国語を、3歳からは算数を始めました。
公文の算数、たとえば足し算の場合、「たす1」「たす2」・・・・・「たす10」といった感じで進めていくのですが、「たす4」をやっているときには日替わりで「たす1」から「たす3」の問題を口頭で解かせるなど、こまめに復習をしていました。
引き算に入ったときも、引き算の復習と並行して、足し算を忘れないようにするために、今日は「たす1」、明日は「たす2」と、同じように復習をして・・・・
足し算の筆算に入ったら、今度は同様に引き算を毎日復習しました。
返却されたプリントを少しずつ残しておいて、答えの部分を隠して口で言わせるだけなので、復習は毎日1分ほどですみます。
これをすることで、進み具合や親子のモチベーションが断然上がってくるんですよね(^o^)
九九の場合は、YouTubeにある「九九の歌」で覚えると楽かもしれません。
小さい子は「覚えなきゃ!」とはあまり考えていないので、親がいろいろ工夫するしかなくて・・・・
でも、そのちょっとの工夫をすることで親子のストレスが軽減されたので、まあ良かったのかなと思っています。
階段をスロープに変える。
そんな思いでやってきたことが、今につながっている気がしています。

記憶力を発達させるには、そのことに興味を持つことが一番なので、そのあたりも配慮するといいでしょうね。
私も記憶力の低下をゆるやかにするために、脳トレに励みたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

ブルネイの水上集落

category - 日常生活
2019/ 09/ 25
                 
ブルネイの旅行記をというご要望がありましたので、9/3の記事9/9の記事に続き、ブルネイの水上集落である、カンポン・アイールのご紹介をさせていただきたいと思います。

ウィキペディアでの「カンポン・アイール」の紹介ページはこちら↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB

ウィキペディアでは、カンポン・アイールの人口は約39000人となっていますが、ガイドブックには約13000人とも書かれており、実際、空き家のような住宅もあったので、現在では、ウィキペディアで書かれているほどの人は住んでいないかもしれませんね。
マゼランの世界一周に同行したベネチア人のアントニオ・ピカフェッタが「まるで東洋のベニスだ」と述べたということですが、きれいな住宅もあれば、老朽化した住宅もあり、カンポン・アイールの中でも貧富の差があるのかなということを感じさせられました。

学校や消防署、警察署もあり、電気や水道も整備されていますし、水上ということで、多少の涼しさも感じられるからか、政府が陸地の家を用意すると言っても、なかなかここを離れない人が多いんだそうで・・・・
私たちは、ボートで渡ってきて歩いて散策しましたが、川にはこの結構ごみも浮いていたので、私はやっぱり、陸に住んだほうがいいなあと思ってしまいました(^^;;

私たちは「ザ・ブルネイホテル」に泊まりましたが、カンポン・アイールに行くボートの乗り場はホテルの近くにあったので、とても便利でしたね。
世界最大とも言われるブルネイの水上集落である、カンポン・アイール。
個人でも簡単に行けますので、ブルネイ旅行の際は、ぜひ見学なさってくださいね♫

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

22 地球の歩き方 Plat ブルネイ [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/9/18時点)


                         
                                  
        

三連休が多すぎて・・・・

category - 日常生活
2019/ 09/ 24
                 
今月2回目の三連休が終わりましたね。
でも、カレンダーを見ていると、今後しばらくは毎月のように三連休が!
ゆっくり休めるようにという政策なのかもしれませんが、私としては、ここまでは必要ないのではと思ってしまいます。

というのも、私は月曜日は仕事なのですが、祝日が多いので、振替授業ができないときもあるんですよね・・・・
学校でも、月曜日にしかない授業があった場合、その授業のコマ数が他の曜日のものよりより少なくなってしまいます。
また、我が家のように収入減で悩んでいるご家庭も少なくないと思うので、三連休だからといって旅行ばかりもしていられないでしょうしね・・・・
我が家も、来月の三連休こそドバイに行く予定ですが、他の三連休は、たいてい近所に買い物に行くくらいで終わってしまっています。
首都圏は、どこにいっても人だらけで余計に疲れるので、休日に電子に乗ることは、仕事以外ではめったにないですね。

やっぱり、以前みたいに「何月何日は◯◯の日」というのが、私にはしっくりくるなあという感じですね。
元に戻すのは難しいかもしれませんが、これ以上三連休はいらないなというのが本音です。
11月の三連休も、同じような過ごし方になりそうですが、うまくリフレッシュして、仕事の効率を上げるようにできたらと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

大学院合格しました

category - 大学生活
2019/ 09/ 23
                 
このたび、娘が東大大学院に合格しました。
卒論作成のためすでにお世話になっている研究室で、そのまま研究を続けるということのようですが、少なくともあと2年間は学生生活があるということで、親としては複雑な心境です・・・・
良縁があるよう、月2回東京大神宮にも参拝しているのですが、修了したらもう25歳!
結婚するかどうかは娘が決めることではありますが、とりあえず、母である私としては、これからも毎月参拝を続けていきたいと思います。

受験勉強ですが、内部からの受験ということで、定期試験の勉強が役に立ったようです。
大学受験のときと違い、あまりにも少ない勉強量だったので、大学院受験の経験がない私は拍子抜けでしたが、受験対策にお金がかからないというのはありがたかったですね。
大学受験のときも、我が家は教育費を多くかけることはできませんでしたが、今はさらに家計が厳しくなっているので、このことは正直助かりました。

早速、日本学生支援機構(JASSO)奨学金の予約採用の申込書類を作っていますが、娘自身の収入についての書類もいくつか用意しなくてはならないので、なにかと面倒ではありますね・・・・
保証人については、今回は機関保証制度を利用するので必要ないのですが、保証料は払わないといけません。
まあ、親戚づきあいがほぼない我が家なので、これもしかたがないですが、特に優れた業績を残せば奨学金の返済が免除になる可能性があるということなので、娘にはそれを目指して、しっかりと学んでほしいですね。
たぶん、研究する分野で就職するのは難しいかなと思うのですが、遊んで暮らすわけにもいかないので、今後の仕事に活かせるよう、娘なりに考えてくれたらと願っています。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

捨てるまでがタピ活

category - 話題
2019/ 09/ 22
                 
タピオカ容器のごみ問題についての記事を読みました。

タピオカドリンクの飲み残しが、ポイ捨てされているケースが増えているみたいですね。
大きめの容器に入っていて飲みきれないことが多く、防犯のために街中にもごみ箱が減ってもいるので、こういった現象が起きてしまうんでしょうが、歩きながら飲むということの弊害だなと思います。
本来は、残った液体を流してタピオカは燃えるゴミに入れ、残りのプラスチック容器やストローを捨てるようにしなければいけないのですが、徹底できていないですよね。
売る側も、もう少し小さな容器で販売してくれたら、かなり改善できるような気がするのですが・・・・

先日旅行したブルネイにも、タピオカドリンクで有名な「ゴンチャ」のお店がいくつかあったのですが、ポイ捨てごみは見かけませんでしたね。
ブルネイではお酒が販売されておらず、そのかわりにスイーツが人気があるようなので、飲み残しというのがほとんどないからかもしれませんが、私たちもマナーは守らないといけないですよね。
カロリーが気になるので、私や娘は一度しか飲んだことがありませんが、娘にも、この記事のことはぜひ伝えたいと思いました。
値段が高いので、たぶん今後も買うことはないかと思いますが、もし買うことがあったら、お店の前で飲みきるようにしたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

                         
                                  
        

忠告を素直にきく

category - 心と精神
2019/ 09/ 21
                 
頑固は老化への入り口なので、人の忠告は素直に聞いたほうがいいといった内容の記事を読みました。

子どもの頃は、分からないことをすべて吸収しようとするため頭が柔らかい状態なのですが、大人になるにつれて知識や経験が増えていき、それらを元に判断することが増えるため、人の話を聞かなくなることが多いそうです。
「答えはすでに自分の頭の中にある。」
こんなふうに決めつけてしまい、なかなか考えを変えようとしなくなるみたいですね。
自分が間違っていると分かっていても、プライドが邪魔して、なかなかそれを認めることができない・・・・
とくに、年下の方の意見は真っ向から否定するという方、私もお会いしたことがありましたね。

勤務先でも、教室長とはたぶん親子ぐらい年齢が離れているのではないかと思うのですが、教室長がこちらの意見にあまり耳を傾けてくれないところがあって(><)
他の先生からも教室長に対する批判があったりするので、やはり教室長が頑固な部分があるんでしょうね。
もちろん、私がいつも正しいわけではないので、教室長の意見も理解するように努めていますが、生徒さんに過度の負担を課すのは、ちょっとなあと思ってしまいます。
なんとか良い方向になってくれたらいいのですが・・・・
私も、クビになるというのは辛いので、うまく折り合いをつけないといけないですね。
教室長のことを頭ごなしに否定するのはやはり良くないと思うので、今後どう対応していったらいいのか、いろいろ考えているところです。

頑固な人は「素直」にさえなれば、素晴らしい人になる。
記事にはそう書いてありました。
頭の柔らかさが若返りの秘訣だそうなので、私も柔軟に対応する能力を養いたいと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加