2019年06月

        

自分で考える力を育てるには

category - 子育て
2019/ 06/ 30
                 
子どもが自分で考える力や判断する力を育てるにはどうしたらいいか、解説してくださっている記事を読みました。

まずは、親子で話し合う習慣をつけることが大切みたいですね。
でも、親が一方的に指示や命令を出し子どもがそれに従うというのは、話し合いにはならないらしいです・・・・
親も子もお互いが意見を言い、聞き合うことが、子ども自身が考えるきっかけになるそうなので、家庭の中で意識してそういった時間を作ると良さそうですね。

また、子どもはたくさんの体験を積みながら、自分の頭で考えて判断する力を伸ばしていくのですが、体験には直接的な体験と間接的な体験があり、できるだけ直接的な体験をすることが望ましいそうです。
自分の体で実際に体験することは時間がかかるので、どうしても学校の勉強やインターネットで間接的に体験する機会のほうが多くなりがちですが、家の手伝いや遊びなど、気軽にできるものを積極的に取り入れるのも効果的だと書いてありましたね。
日常のちょっとしたことでも、続けるうちに子どもはいろいろと工夫できるようになるらしいので、私もぜひ期待したいと思います!

便利な世の中になったぶん創意工夫がしづらくなっている気がしますが、これからはディベートする能力なども求められているので、娘にも考える力や判断する力をつけてほしいと思っています。
私も楽ができますし、家の手伝いなど、できそうな用事を頼むことにします!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

子どもに経済感覚をつかませるには.

category - 子育て
2019/ 06/ 29
                 
子どもに経済感覚をつかませる方法について、解説してくださっている記事を読みました。

子どもに経済感覚をつかませるためのトレーニングとしては

①家計の話をする
②自分の将来に、一体いくらかかるのかを伝え、分からなければ一緒に調べる
③「儲かった」「損した」という話をする

といったことがあげられていましたね。
子どもにお金の心配をさせたくないという親御さんは多いかと思いますが、たとえば学費が足りない場合などは、どうやって学費を調達するかを子どもにも考えさせるほうが、よほどその子の人生に役立つことなんだそうです。
私たちの世代では、老後は年金だけでは生活できないとも言われていますし、たしかに、子どもに対して格好つけている場合ではないかもしれないですよね・・・・
教育費は、かけようと思えばいくらでもかけられますが、病気になったりしたら、まとまったお金が必要になるかもしれないですし、やはりご家庭で上限を決めておかれたほうが無難ではないかと思います。

夫の場合、実家は裕福ではないのに、義母がお金の話はしていなかったらしくて(><)
その結果、浪費家というわけではないのですが、仕事で失敗して給料が大幅に下がった今でも、危機意識の薄い人間になってしまいました。
だから、娘には、上に書いた3つのことは、小さい頃から説明してきましたね。
教育費をかけられないことも前もって伝えていたので、娘なりに工夫してきたのではないかと思います。
実家暮らしだと、親への依存度が高くなってしまいがちなので、お金の面では、これからもシビアにやっていこうと思っていますね。
その意図を娘が理解してくれるように、これからも信頼関係は失わないようにしたいと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

子育てを通して自分を知る

category - 子育て
2019/ 06/ 28
                 
子育てを通して、本当の自分を知ることができるといった内容の記事を読みました。

子どもが分からないことを質問したとき、親でも答えられない場合があるかもしれませんね。
親の威厳を保つために、思わず「まだ知らなくてもいいよ」と言ってしまいますが、勉強不足を痛感して落ち込んだり反省したり・・・・
また、自分の底力に驚かされる場合もあるでしょうね。
子どものためなら、勇敢になれたり頑張れたりします。
自分が若いときにこのパワーが出せていたらもっと人生充実しただろうなと、後悔することもありますね。

結局、若い頃はやはり人生経験が足りないので、私も将来設計がきちんとできていなかったんだと思います。
だから十分な努力ができなかった・・・・
そして今、そのことをとても後悔しているからこそ、娘には同じようになってほしくないと思い、いろいろな努力をすることができました。
こんな私でも、やればできるんだ。
最近になって、ほんの少しですが自信がついた部分もありますね。

私は都内で仕事をしているのですが、塾に行かせているものの進捗状況に全く関心がない方がいらっしゃいます。
そういうことが伝わってしまうせいか、お子さんの態度も非常に悪くて(>_<)
東京は生活するにもとても便利ですし、選り好みしなければ仕事もたくさんあり、危機感を感じにくいかもしれませんが、その親御さんにもきっと素晴らしい能力が備わっていらっしゃるはずなので、お子さんが塾に通われている間はぜひ私たちと一緒に頑張っていただけれたらと思い、できる限り働きかけをしています。
もちろん、今後塾を辞められて他の分野に進まれる場合でも応援したいです!
たとえよそのお子さんであっても私にとっては大切な生徒さんですから、持てる能力を発揮できるよう、これからも精進しようと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

綿棒の使い方に注意.

category - 健康
2019/ 06/ 27
                 
耳かきが原因で意識不明になった男性についての記事を読みました。

この男性は、耳掃除に使った綿棒のコットンが、5年前から耳の奥につまり、そこから細菌が繁殖。脳にまで感染が広がったとみられているらしいのですが・・・・
普段何気なくやっている耳かきでこんなことが起こるなんて、びっくりですよね!
国民生活センターにも、耳そうじ中にけがをしたという情報が寄せられているようですが、綿棒が脂や水で湿っていると先端部分が軸から外れることがあるみたいで、記事でも注意を呼びかけていましたね。
では、正しい耳かきの方法はというと、綿棒は耳の入り口から1㎝ちょっと入れ、周囲についている耳あかを優しく外に向かってかき出すようにすると良いとのこと。
綿棒を奥まで突っ込んでしまうと、鼓膜を傷つける可能性があるので、やめるべきだそうです。
また、耳そうじは月に数回すれば十分だそうなので、やりすぎないようすることも大切ですよね。
耳あかが取れると気分がいいかもしれませんが、耳の健康のためにも、ほどほどにするようにしたいものです。

耳そうじ、我が家は綿棒や耳かきでやっていますが、耳鼻科でもやってくれると聞いたことがあります。
一度やってほしいとは思うのですが、なんとなく敷居が高い気がしますね・・・・
ただ、自己流でやって耳の病気になったら困るので、記事を読んで、これからさらに慎重にやらなければと思いました。
私は、耳かきより綿棒のほうが安全だと思っていたのですが、この男性のような例もあるので、気をつけつつ耳そうじをしていきたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

勝手に約束を取りつけるのは・・・・

category - 心と精神
2019/ 06/ 26
                 
来月帰省するときに、友人3人とランチをしようということになり、一緒にお店を決めようとしていたのですが・・・・
友人の1人であるAさんが、私に確認せず、Bさんという、私が一度ちらっとお会いしたことがあるというだけの方を勝手に誘っていたことが判明!!
私を除く4人は関西在住で、あるサークルで毎週顔を合わせているので、ランチが盛り上がるだろうと思ったのでしょうが、LINEで事前に私に確認するくらいはすぐできるはずなのに、いったいどうなってるの??と、びっくりするやらあきれるやらでした。

Aさんは、そのサークルを主宰されている方でもあり、サークルの最中にテンションが上がってしまってBさんに声をかけたのでしょうが、信じられないのが、Bさんもあっさり参加を決めてしまったこと!!
普通ならば「私の参加がOKかutokyo318さんに確認してみて」となるはずだと思うんですけどね・・・・
結局、私のほうからランチ日の変更を申し出たのですが、他の4人はもともと予定していた日にランチをするつもりのようで、ちょっとモヤモヤしてしまいました(ー ー;)
ただ、もしかすると、Bさんも、私に誘われていると勘違いをされているかもしれないので、一応そのことは確認しようと思っています。

Aさんは、気さくですてきな方ですし、今回のことも悪気はなかったと思うのですが、やはりこういうことはよくないですよね。
でも、更年期は体の不調も起こりやすく、Aさんもとっさの判断力が鈍ってしまったのかもしれないと思うと、きつく責めるのもためらわれます。
私自身、今のところ更年期障害の症状は感じていませんが、決して人ごとではないので、精神的に安定させることには気配りしていかないとと思いました。
自分が軽く見られているような気がして嫌な気持ちにはなりましたが、今回のことを今後の自分の戒めとしてとらえていくことにします。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

余裕は意識して作る

category - 心と精神
2019/ 06/ 25
                 
余裕は自然とできるものではなく、意識をして作るものだといった内容の記事を読みました。

まず、穏やかな人になるためには余裕が大切だと書いてありましたが、まさにその通りだと思いましたね。
毎日さまざまな事件や事故が起こっていますが、その大半が余裕のなさから生まれている気がします。
私もどちらかというと余裕がない日常なのですが、やはり偶然や成り行きに任せていては、なかなか余裕を持った人生は送れないらしいです💦

余裕を作る例として10分前行動があげられていましたが、時間に余裕を作ることで、当然気持ちにも余裕ができるでしょうね。
こちらは電車が遅れることがよくあるので、私も早めの行動を取るようにしているのですが、早く着きすぎてもスマホで調べ物ができるのでありがたいです。
そして、貯金のことも書かれていました!
お金の余裕は心の余裕だと・・・・
旅行やグルメ、趣味など、楽しいことをするにはお金が必要ですから、私も予備費を少しずつでも貯金して、余裕を持てるようになりたいですね。

受験に関しては、受験の神様と言われている精神科医の和田秀樹さんが「先行逃げ切り型」をすすめていらっしゃいますが、私もできればそれが望ましいと思います。
早めに受験勉強を開始した方があらゆる対策ができるので、気持ちの余裕が生まれ、自信につながりますね。
志望校が決まっていない場合は、とりあえず高レベルを目指して取り組んでいくといいと思います。
余裕があれば入試当日も緊張がやわらぐとおもうので、ぜひ頑張っていただき、合格を勝ち取ってくださいね(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

インプットとアウトプット

category - 教育・受験勉強
2019/ 06/ 24
                 
勉強について、本を読んだり授業を聴いたりして知識を頭の中に詰め込むのが「インプット」なのですが、そうして得た知識を社会に還元したり、試験などで実際に問題を解いたりするのが「アウトプット」ということになりますね。
本当に、どちらもとても重要だと思います。

せっかく頑張って勉強してきたのだから、世の中の役に立てるようにそれを生かしてほしい。
私も今まで、そう思って子育てをしてきたのですが・・・・

ときどき、詐欺などの知能犯のニュースを目にしますが、こんなに頭が働くならどうしてもっとまともなことを考えないのかしらと、いつも腹立たしく思います。
被害に遭われた方は泣き寝入りするケースが多いのではないかと思いますが、だまされた人のリストというものが出回り、さらに別の事件の被害に遭う場合もあるとか!
こんな話を聞くと私まで悔しい気持ちになりますし、絶対に自分はそうならないようにしないとと強く思いますね
娘にはいつも「法を犯すことしてはいけない」と話してはいるのですが、心配はつきないですね。
犯罪者の親御さんも、もちろん子どもを犯罪者にするつもりで育てたわけではないし・・・・
やはりある時期まではインプットやアウトプットについて、親が見守る必要がありそうですね。
最近は分別を学ぶ機会が減っていると思うので、親が懇切丁寧に教えるしかないかも💦

試験などで問題を解くことについては、知識が定着しやすくなるというメリットがあるので、ある程度インプットができたらどんどんアウトプットしていくといいと思います。
理解したあとは問題をたくさんこなしていって、制限時間内に解けるようにしっかり訓練すれば、受験でも結果が出やすくなりますね。
インプットもアウトプットも、正しく鍛えて今後に活かしていきたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

                         
                                  
        

科学児童書がヒット

category - 教育・受験勉強
2019/ 06/ 23
                 
科学を扱った児童書の売れ行きが好調だという内容の記事を読みました。

今、出版業界は不況のようですが、科学を扱った児童書は健闘しているようですね。
大人は苦手意識を持ちがちな「科学」ですが、よく売れている作品は子どもの興味をそそるように工夫されていて、楽しみながら科学に親しむことができるようです。
科学児童書には、物語性を持たせた作品や学習図鑑などがありますが、昔よりもたくさんの種類が販売されていて、勉強させられている感を持たずに多くのことを学べるのがいいですよね。
ホリエモンこと堀江貴文さんも、子どもの頃は百科事典を熟読していらしたみたいですが、頭の回転がとても速いのは、そのおかげもあるのかなと思います。

我が家でも、娘に科学児童書はたくさん与えていましたね。
お金とスペースの節約のために、大半は図書館で借りていましたが、その後の娘の学習には良い影響を与えてくれたと思います。
大人の私も参考になる内容が多いので、親子で読まれることをぜひオススメしたいです!
分かりやすくて知的好奇心を満たしてくれる科学児童書が、これからもどんどん普及していってほしいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

女子の学力の伸ばし方.

category - 教育・受験勉強
2019/ 06/ 22
                 
女子の学力の伸ばし方について、解説してくださっている記事を読みました。

男子の場合、小さい頃は勉強そっちのけで遊んでばかりいた子が、後になってめきめきと学力をつけていたり、社会で大きく活躍しているということはままあるらしいのですが、こういったケースは、女子では少ないようですね。
小さい頃から勉強がよくできた子は大きくなっても勉強が得意になり、逆に遊んでばかりで勉強が苦手だった子はそのまま勉強が苦手になってしまう傾向があるそうで、特に女子の場合は、小さい頃から勉強の習慣を身につけさせ、こつこつと積み上げるように学力を伸ばせるようにしてあげると良いということが、記事には書いてありました。
たしかに、一般的に、女子は男子より体力がないですし、生理などの体調変化もあり、受験期であってもあまり無理はできないですよね・・・・
男の子のほうがメリハリのある生活ができてうらやましい気もしますが、こういった特性がある以上は、女子の場合は、計画的に学習を進めていくのが望ましいなと思いました。
時間を戻すことはできないですから、後悔しないためにも、子どもが努力できるようにうまく働きかけてあげたいものですね。

私も、自分自身の経験から、この記事と同じようなことを考えていたので、娘には小さいときから学習習慣をつけさせてきました。
幼稚園のときも、朝と夜に公文をしていましたが、そのかわり、勉強漬けにならないようにということは気をつけていましたね。
お友達と遊ぶ時間も必ずとっていましたし、幼稚園まで徒歩で通い、スイミング教室にも行くなど、運動もさせるようにしていました。
学力を身につけて、娘の人生が豊かになったり、社会貢献できるような人間にするというのが私の願いだったので、今まで懸命に子育てしていましたが、その願いが実現してくれたら、こんなにうれしいことはありません。
他のお子さんより娯楽は少なかったかもしれませんが、努力してきたことが今後生きていくうえでの自信につながると思うので、これからの娘の行動に期待しつつ、私なりに見守っていきたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

「天皇の料理番」直伝の味

category - 日常生活
2019/ 06/ 21
                 
先日、娘と「グリル満天星」の新宿店を訪問しました。
テレビ東京系列で放送されている「カンブリア宮殿」で6/13に紹介されていたお店で、娘の大好きなオムライスが看板メニューということもあり、早速行ってきました(^O^)

「カンブリア宮殿」の紹介ページはこちら↓
https://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

「グリル満天星」のHPはこちら↓
http://www.manten-boshi.com/

番組には、社長の三宅尚典さんと、総料理長の窪田好直さんが出演されていたのですが、窪田さんのほうが「天皇の料理番」と呼ばれた秋山徳蔵さんに本物のフランス料理を仕込まれた経歴を持つ方だそうです。
オムライスにかかっていたデミグラスソースも、一週間かけて煮込んだものだそうで、たしかに、コクの深いソースになっていましたね。
お店は都内に8店舗あるのですが、窪田さんがそれぞれの店舗を回って、料理の質が保たれているかを常にチェックされているとのこと。
娘はもちろんオムライスを、私はフライコンビランチを注文し、二人でシェアしたのですが、フライのほうもしつこさがなくて、さすがだなと思いましたね。
ハンバーグやロールキャベツも人気メニューらしいので、またいつかそちらもいただいてみたいです。

「カンブリア宮殿」は、主に日本の経済を支える経営者の方にスポットを当てた番組で、娘が就職したあとの参考になればと思って、毎週一緒に観ているのですが、番組に出演されている方々のように、これから娘も活躍してくれたらうれしいですね。

お店を出たあとは、東京大神宮小網神社に行き、家族のことをお願いして帰ってきました。
お金やカロリー節約のため、家族ではめったに外食しないのですが、また良いお店があれば、家族でも行きたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加