2019年05月

        

勉強は「楽しさ」から教える

category - 教育・受験勉強
2019/ 05/ 31
                 
子どもに勉強を教えるとき、「知識」からではなく「楽しさ」から教えると良いといった内容の記事を読みました。

たとえば、理科の勉強でもいきなり教科書を読ませようとするとハードルが高くなってしまい、学習意欲がわかない可能性がありますよね。
そんなとき、身近なところには動物や植物、星空など、理科的なものがたくさんあるので、まずはそういったものに親しませて、子どもの興味を引き出してあげることが大切だそうです。

興味を持てば「もっと勉強したい!」となり、親に言われなくても机に向かうようになるので、親のほうも楽でいいですよね。

図鑑を眺めたり、博物館に行ったりするのも効果的です。
図書館や博物館には、小さいお子さんもたくさん来られていて、食い入るように本や展示物を見つめていましたね。
博物館は家族で行くと結構費用がかかるのですが、一度行って中のショップでガイドブックを買えば以後そんなに頻繁に行かなくてもいいかもしれないので、テーマパークよりは経済的かも??
「うちの子にはまだ無理」という先入観を捨ててみると、案外お子さんの違う一面が発見できるかもしれませんね。

娘の場合は、図書館通いが多かったです。
女の子なので、虫には興味を持ちにくいかもと思い、虫の本を借りてきたり・・・・
学習漫画も、早いうちから読ませていましたね。

子ども向けの本と言っても、私が知らない内容もたくさん書いてあるので、大きいお子さんも一読の価値があると思います。
こうした取り組みは中学受験にも役に立ったようで、塾でも楽しく勉強できて良かったです。
今はいろいろと充実していて、楽しく学べる環境を作りやすいので、本当にうらやましいです!

子どもがやる気になったうえでの勉強は、頭に入りやすく忘れにくいと思うので、やはり「楽しさ」を体感させることを意識するのが望ましいと思います。
私も生徒さんに勉強が楽しいと感じていただけるよう、指導方法を工夫していきたいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

                         
                                  
        

自己中心的な人

category - 心と精神
2019/ 05/ 30
                 
自己中心的な人の特徴について書かれている記事を読みました。

自己中心的な人は、他人と比較し順位をつけたがったり、人の話を聞かずに自分の意見を押し付けたり、コミュニケーションに関する想像力が欠如している場合が多いみたいですね。
そのほかにも、間違いを指摘されると怒り出したり、相手を批判することが多いとか、視野が狭いとか、いろいろ書いてありました。

「自分が考えていることはすべて正しい」と勝手に思い込んでしまっているせいで、このような行動になるのだと思いますが、つきあっているほうは話していても疲れてしまいますよね・・・・

以前帰省したときに、娘の高校時代のママ友2人と会っていたのですが、どちらの方も、片方が話し終わるとそれにはあいづちも打たずに「うちの子もさ~」と自分の話をするんですよね。
それが何回も続いて、私も適当に話の中に入ってはいくのですが、なんだか不思議な感じがしてしまいました💦
私の場合「そうよね~」などと返しながら次に話すことを考えているような感じなので、ある意味その方たちは私より会話力があるのでしょうが、結局話があちこちにいってしまって、振り返ってみると2人が何を話されていたのかほとんど覚えていないという状態に(>_<)
今年の春もこのメンバーで集まって同じような感じだったので、今回は私もずいぶん慣れましたが、この方たちもやはり少し「自己チュー」といえるかなと思いました。
お子さんたちの話はきっとちゃんと聞いていらっしゃると思うのですが、他人に対しては、自分の話を聞いてほしいという気持ちが勝ってしまうんでしょうね・・・・

自己中心的な人とつきあうにあたっては、適度な距離を保つようにしたり、相手の話を完全否定せずに、きちんと自分の主張をすることが大切だそうです。
地雷を踏むといけないので、こちらはあくまでも感情的にならず、冷静に対応した方が良さそうですね。
私も「自己チュー」になっていないとも限らないので、これからも行動に気をつけようと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

子どもを叱ったあとの対応

category - 子育て
2019/ 05/ 29
                 
子どもを叱ったあとの対応について解説してくださっている記事を読みました。

叱られても案外ケロッとしている子も多いのですが、なかにはすっかり落ち込んでしまい、立ち直るのに時間がかかる子もいます。
子どもも結構親に気を遣うところがあって、叱られたあと、親がまだ怒っているなら話しかけないほうがいいかなとか、子どもなりにいろいろ考えているので、親のほうが気持ちを切り替えて、いつも以上に優しくしてあげると良いそうです。
そうしてあげることで、子どもは安心し、元気を取り戻すことができるんでしょうね。
「サザエさん」だと、カツオくんが波平さんに大声でどなられていても全然深刻な感じはしないのですが、実際の家庭では最悪修羅場になってしまうこともありますから、叱るにもテクニックがいりますね💦

勤務先の塾では、私はきつく叱ることは絶対にないですね。
なぜかというと、フォローしてあげる十分な時間が取れないからです。
生徒さんはお客様であるからということもありますしね。
注意したあと、できるだけ気分よく帰ってもらうために、必ず「頑張ったね」ということは伝えています。
塾側から親御さんに、生徒さんについてのクレームを言うことはめったにないので、問題点を親御さんと共有しづらく、なかなか解決の方向にいかないときがあるのが悩みですが・・・・
娘が通っていた中学受験塾でもしょっちゅうカンニングする子がいたのですが、先生はきつく注意することはありませんでした。
たぶん親御さんにも塾側からの連絡はいかなかったのではないでしょうか・・・・
そんな現状なので、やはり各ご家庭で事前にお子さんにさまざまなことを注意しておいていただけたら、こちらとしてもとてもありがたいですね。
通塾の効果を上げるためにも、ぜひ親御さんにもご協力いただければと思います。

叱ることもときには必要ですが、その後の対応を間違えると逆効果になってしまうので、くれぐれも気をつけないといけませんね。
子どもが深く傷つかないように、最大限の注意を払いたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

父親と母親の違いを活かす

category - 子育て
2019/ 05/ 27
                 
父親と母親の違いを子育てに生かすといった内容の記事を読みました。

子育てに関する大まかな方針は、やはり夫婦間で統一した方が良いのですが、それを前提としてうえでの父らしさや母らしさは、どんんどん見せていくのが望ましいそうです。
そうすれば、子どもは両者からいいところを学んだり比べたりできるので、物事に対して臨機応変に対応する能力が身につくらしいですね。

我が家の場合、私は娘には勉強を身近に感じてほしいと思って早期教育をしてきて、主人もそれに反対というわけではなかったのですが、娘に将来生きる力をつけさせようという視点はあまりなく、今を大切にと考えていたように思います。
きっと、女の子に無理をさせたくないという気持ちが強かったんでしょうね。
私は私で、これからは女性も能力をつけないと生きていけないという信念があって、そのあたりが原因で夫婦で衝突したこともありましたが、私もそのぶん一歩引いて考えられるところもあったので、案外悪くなかったかもと思っています。

勤務先の塾では、お父さんがお母さんより教育熱心というご家庭が思ったより多い感じですね。
お母さんにいろいろアドバイスさせていただいても、お子さんの衣食住の世話でいっぱいいっぱいで取り組む余裕がないみたいなのですが、先日お父さんに同じアドバイスをさせていただいたところ、とても前向きなお返事が返ってきて!
でも、たぶん実践するのはお母さんの役目だと思うので、どうなるかは分かりませんが・・・・
そのお父さんは、仕事を通じて社会のさまざまな変化を感じ取っていらっしゃるので、教育にも熱が入っているのかもしれませんね。
最終的にはお子さんが結論を出すことになるのでしょうが、両方の親御さんの考えを参考にして、後悔しない選択をしていただきたいと思っています。

クレームとかも、私は波風立てたくないのですが、主人はきつく言ったりするのでハラハラします💦
とりあえず、娘の教育上良くないことはしないように、2人で気をつけたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

                         
                                  
        

本当に偉い人とは

category - 心と精神
2019/ 05/ 25
                 
偉くなっても偉そうにしない人が、本当に偉い人だという内容の記事を読みました。

たとえ地位や権力がある人でも、いばり散らしている人は尊敬されませんよね。
こういう人は往々にして人の話を聞かないので、視野が狭くなり、人間としても成長できなくなるそうです。

世間では立派だと思われていても、自分より能力の高い人もきっとたくさんいるはずなので、謙虚に学ぶ姿勢というものは常に持ち続ける必要がありますね。
人の上に立つ人は、周りから欠点を指摘される機会があまりなさそうなのがちょっと気の毒ではありますが・・・・
もしそうであれば、なおさら自分を客観視して、悪いところは改めるようにしていただかないといけないでしょうね。

以前番組観覧で大手芸能事務所所属のある大物タレントの方を拝見したのですが、その方が舞台から退場されるとき、他のタレントさんは私たち観客に会釈してくれているのに、その方は無表情でいらっしゃって・・・・
番組の司会業を中心にされていて好感度がとても高いタレントさんだけに、あの対応は私もちょっとがっかりしてしまいました。
反対に、対応が特に良かったと思うのは、TBSアナウンサーの安住紳一郎さんですね。
局アナらしく会社を代表して深々とお辞儀をされていて、とても印象が良かったです!
それから、恵俊彰さんも超丁寧な方で、私たちに直々に番組内容の説明をしてくださっていました。
人の評価をいちいち気にしていたらメディアの世界で生きていけないのかもしれないですが、できたらテレビで観ていたときのイメージを壊してほしくないなと、勝手ながら思ってしまいました(^^;)

勤務先の塾では、教室長が基本的には親切にしてくださっているので、本当にありがたいです。
たまに理不尽なことをされるときもありますが、辞めたいとまでは思わないのでまだましですね。
今後クビにならないとは限りませんが、これからも誠実に業務をこなしていきたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

                         
                                  
        

塾との相性

category - 教育・受験勉強
2019/ 05/ 22
                 
我が子に最適な塾を選ぶには、我が子の性格と処理能力を考えると良いといった内容の記事を読みました。

評判の良い塾に行かせていても、授業が理解できていなかったり宿題がこなせなかったりすると、子どもも苦痛ですし時間やお金がもったいないですよね。
広告には素晴らしい成果ばかり載っていますが、私はいつも「誇大広告だな」と思いながら見ています。
負けず嫌いの子なら順位が公表されて競争させるような塾が向いているかもしれませんし、処理能力が低い子は宿題が少ない塾のほうが良いかもしれないので、成果を感じられない場合は塾を変えるのも1つの方法かもしれませんね。
受験というのは競争が不可欠で、処理能力というのはとても重要ですが、マイペースな子もけっして受験に向いていないわけではなく、むしろ一喜一憂せず淡々と取り組めるというメリットもありますから、お子さんに合った塾で頑張れば結果はついてくるのではないかと思います。

娘も超マイペースな子ですが、あまり落ち込まない性格なので、中学受験のときは上位者の順位がはり出される塾に行かせました。
東大に入学して、キャンパス内で当時娘と同じように名前が載っていた方に声をかけていただいたそうで!
あの頃親の私はかなりプレッシャーを感じてしまっていたのですが、娘からその話を聞いて、順位が公表されるのも悪くなかったかなと感じさせられましたね。
高校生のときは、東進やスタディサプリ、YouTubeといった映像授業を自宅で受講していました。
学校の宿題が多かったので、宿題がない映像授業はありがたかったですね。
睡眠もしっかりとりたいタイプだったので、自宅で受講できて重宝しました。

塾に行く一番の目的は志望校合格だと思うので、塾の広告だけでなく口コミなども調べていただき、お子さんが楽しく通えそうな塾を探していただければと思います。
成果を上げるには家庭学習が大きな役割を果たすので、塾の授業内容を定着させるためにもぜひご家庭でも頑張ってくださいね(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

小室さんづくしのワイドショー

category - 話題
2019/ 05/ 20
                 
このところ、ワイドショーでは、秋篠宮家の長女・眞子様の婚約内定者、小室圭さんの話題がとても多かったようですね。
なんでも、小室さんの話題をやると視聴率がアップするからだそうですが、やはり、皆さんの関心がとても高いからなんだろうなと思いました。

小室さんのお母様の元婚約者との金銭トラブルが解決していないばかりか、小室さん側の代理人弁護士は元婚約者側に何の連絡もせず、小室さん本人も、留学中のフォーダム大学の夏休み中にも、帰国する予定はないとのこと。
弁護士に払う費用があるのなら、その分を借金返済に充てたらいいと思うのですが、この状態はとても不可解ですよね。
小室さんのお母様も雲隠れしているということらしいですが、本当に行方は分からないのでしょうか??
ニューヨークタイムズにまでこの話題が特集されている始末なので、日本国民である私としては、とにかくこの事態を収束してほしいと思っているのですが、全然進展していないですよね。
元婚約者の方は、法的措置も検討されているそうなので、そんなことになる前に、小室さんはとにかく早く行動されたほうがいいと思うのですが・・・・
裁判の当事者になったことはないのですが、きっと双方ともものすごく疲れると思うので、泥沼化する前に解決するべきだと思いますね。

週刊誌には、小室家に関する良くない話がいろいろ載っていましたが、ワイドショーでは扱わないものも多いみたいですね。
事実かどうかも分からないからでしょうが、テレビでやるには強烈すぎる内容のものもあるので、放送局側も「忖度」しているのかもしれません。
でも、今はネット社会で、一度メディアから発信されたらそれが一人歩きしてしまいがちですし、報道されたという事実は簡単には消えないので、ある種の怖さも感じていますね。
ところが、小室さんはメンタルが強いのか、動じる気配もなく・・・・
問題が起こったときの対応力を、小室さんはもっと磨かないと、眞子様を幸せにはできないでしょうね。

私も、将来娘が結婚するとなったときに、お相手のことについてどれくらい知っておいたらいいのかと、その問題を通じていろいろ考えさせられました。
親は条件の部分も考えてしまいますが、娘にそれを押し付けて反発されても困るし・・・・
まあ、今は全く気配がないので、取り越し苦労なんですけどね(^^;;
でも、離婚するケースもかなり多いと聞くので、具体的な話が出てきたら、娘ともよく話し合っていきたいと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

「時短運動会」広がる

category - 話題
2019/ 05/ 19
                 
近年、小中学校の運動会で、開催時間を短くする「時短運動会」が広がっているという内容の記事を読みました。

先日も、私が勤める塾の生徒さんが「運動会の練習で疲れた〜!」と言っていたのですが、最近では春に開催する学校も増えてきているみたいですね。
今までは、昼食をはさんで午後3時くらいまでやる学校が多かったと思うのですが、組体操や騎馬戦など、危険を伴う競技は廃止する傾向にあることや、順位で優劣をつけるのは良くないという考えもあり、長時間やる必要性を感じにくくなってきたので、午前中もしくは昼食時間を設けずに午後の早い時間で終了する学校が出てきたようです。
そうなると、我が子の晴れ姿を見る時間が減るということで、保護者からクレームが出るのかと思いきや・・・・
お弁当を作ったり、見学場所を確保したりするので当日バタバタするのが大変ということで、記事には賛成の声が多いと書いてありましたね。
共働き家庭も増えていますし、学校の先生方も多忙を極めていらっしゃるので、私もこれは良いことだなと思いました。
運動の得意な子にとっては物足りないかもしれませんが、熱中症の危険もありますし、特に小学校低学年の子にとっては、長時間外で過ごすのは負担が大きいような気がしますしね。
寂しい気持ちもないわけではありませんが、私は先生方や子どもたちの健康と安全が何より大事だと考えているので、時短にしたうえで、可能な限り充実した運動会ができれば理想的だと思いました。

振り返ると、私にとっての運動会は、これまた辛いものでしたね(T_T)
父は、運動会を含め学校行事には一度も来ませんでしたし、母の作った弁当も、茶色のおかずに割り箸、おまけにそれを新聞紙で包んでいて、大勢の人の近くでそんな弁当を広げるのは本当に恥ずかしかったですし、悲しかったです。
これ以外の行動から考えても、毒親とは言いすぎでしょうが、子育てしている自覚がないような両親だったので、私の思いもかなり複雑なものになり、その結果、両親とは今もほとんど会っていません。
そういったわけで、私としては、やはりお弁当の時間はなくすか、子どもは教室で食べるほうがいいかなと・・・・
仲の良い親子なら、ピクニックなどで、お弁当を一緒に食べる機会もきっとあると思いますしね。
私のような思いをさせたくたくて、娘が小学生のときは特に気をつけていましたが、今度運動会に行くとしたら孫のときだと思うので、周囲に迷惑をかけない程度に楽しめたらと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

繊細な自分に悩んだとき

category - 心と精神
2019/ 05/ 18
                 
繊細な自分に悩んだときの対処法について、解説してくださっている記事を読みました。

複雑な現代社会、繊細で人のわずかな変化に反応してしまう敏感さや、辛い思いをしている人に共感しやすい傾向のある人は、生き辛さを感じてしまいがちですよね。
これらの感情が、何らかの疾患によって引き起こされている場合には治療する必要がありますが、その人の持つ特性として繊細さや敏感さがある場合は、その特性を認めつつ、心地よく生きていくための対策をする必要があるそうです。
過敏になっているときは、交感神経が緊張している状態なので、静かな場所で深呼吸するなど、ゆったりと過ごすことで、自律神経の調整ができるとのこと。
また、感じたことをノートに書くことで、自分の気持ちを整理することも効果的だと書いてありましたね。
その他には、信頼できる人に自分の気持ちを打ち明けるのも良いかと思いますが、繊細な人の中には他人に迷惑をかけることを躊躇する方も多くいらっしゃるので、そういう方には1人でできる対策のほうがやりやすいでしょうね。
記事に載っていたこれらの方法は気軽にできそうなので、ぜひ試してみていただければと思います。

私も、自分で言うのもなんですが、繊細な部分はあると思います。
同僚が今月末で辞めることになったのですが、他の同僚や、以前相談を受けた私にも事前に知らされていなくて・・・・
最近は、この同僚が職場の人間関係で悩むことは減ってきたと安心していたのですが、もっと私が配れば良かったかなという後悔の気持ちがあり、ここ数日いろいろ考えてしまっています。
結局この同僚とは電話で話すことができ、ランチにも行ったので、私に対して悪い感情はまったくないみたいなのですが、この同僚も、もしかすると私以上に繊細なのかもしれませんね。
職場での辛さのほとんどを自分で抱え込んでしまっていて、そのせいで、思い違いをしているところもあったようです。
職場にはあまり繊細ではない同僚もいて、その人の言動に私もときどき傷ついていますが、これからはノートに書いて思いを吐き出すのもいいかもと思いました。
人の気持ちに寄り添えるという自分の個性を大事にしつつ、少しでも気持ちが穏やかになるように、いろいろ工夫していきたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

「生かされている」と思う

category - 心と精神
2019/ 05/ 17
                 
「生きている」より「生かされている」と思うほうが謙虚になれるといった内容の記事を読みました。

私たちは親から命を授かり、長い年月を生きてきた。
これまでに自分でさまざまな決断をし、困難も克服して頑張ってきた。
だから「生きている」のほうが適切な表現かなと思いがちだが、よく考えてみると、私たちの心臓は自分の意思で動かしているわけではないし、新陳代謝も勝手に行われている。
そして、もっと広い視点で見てみると、地球は地球自らが回っていて、太陽も私たちの意思と関係なく輝いている。
このように、あらゆる生命活動や宇宙の営みは、実は私たちが起こしているわけではないものが結構あって、そして、これらの勝手に行われている生命活動・宇宙の営みによって、私たちは今日も生きることができている。
だからやはり「生かされている」という表現のほうが的を得ているのだ。

記事にはそんな風に書いてありました。

私にも「生かされている」と感じるような経験があります。
幼稚園の頃、1人で道路を渡っていたら自動車にはねられてしまって・・・・
運転手の方が降りてきて「病院に行こう」と言ったのですが、「知らない人について行ったらいけない」という教えを思い出して、とっさに家まで走って逃げて帰ったんです。
でも、運転手の方もそこで放置するのではなく私を追いかけて両親と話をしてくれましたし、私の怪我も全然たいしたことがなかったので、本当に運が良かったと思いました。
事故のせいで高額な治療費を払わないといけなかったり、後遺症で苦しんだりしていたら・・・・
人生が大きく狂っていたかもしれませんね。

このブログにお越しくださっている方のなかには、病気と闘っている方もいらっしゃいます。
闘病生活は辛いことが多いと思いますが、私たちはやはり「生かされている」気がしますし、周囲には皆様を必要とされている方がきっといらっしゃるので、ぜひ乗り越えていただいたり、うまくつきあっていただければと思います。
私も、命を大切にし、あらゆることに感謝しながら、毎日を過ごしていきたいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加