2019年03月

        

子どもが過剰に甘えてくるとき

category - 子育て
2019/ 03/ 31
                 
子どもが過剰に甘えてくるときは、親からの愛情が足りない可能性があるという内容の記事を読みました。

子どもへの接し方、本当に難しいですよね・・・・
甘えてこられると
「うちの子はなんだか頼りないな。」
と思い、厳しくなったりもします。
親が時間や気持ちの余裕がなくて、突き放してしまうこともあるかもしれませんね。
しかし、愛情不足が続くと性格形成に悪影響を与えることもあるので、子どもにはできるだけ優しく接するようにしたいですね。
子どもは親からの愛情に満たされるとだんだん甘えなくなり、自立も早くなると書いてあったので、やはり必要以上に厳しく接することは避けたほうがいいかなと思いました。

以前、勤務先で、3歳の生徒さんがいたのですが、お母さんと一緒にやりたがっているのに、お母さんのほうは甘えると集中しないと考えて、お子さんと離れて座ることを提案されたので、ちょっと驚きました。
その生徒さんはまだ2歳だったときお父さんと来られたこともあったのですが、お父さんのほうも
「もう親がそばにいなくてもいいんじゃないか。」
とおっしゃって・・・・
私たちが決めることはしづらいですし、親と離れるメリットももちろんあるとは思うのですが、お子さんが望んでいないことですし、うちの教室は机が密集していて危険なので、せめて幼稚園に入られるまでは親子並んで座ってほしいのが本音ですね。
トイレトレーニングもこれからという時期ですし、あせらずに見守っていただけたらという気持ちで、こちらも指導をさせていただいていました。

娘も、もう大学生だというのに私と腕を組んできますが、拒否せず受け入れていますね。
大学ではそれなりにやれていると思うので、マザコンというほどでもないかなと・・・・
こんなことだから彼氏ができないのかもですが💦
まあそのあたりは自然に任せるとして、とりあえず愛情不足は防ぎたいと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

「退屈」も大切

category - 子育て
2019/ 03/ 30
                 
春休み、旅行に連れて行ったり一緒に遊ぶなど、さまざまな形で家族サービスを頑張っている親御さんも多いと思いますが、中にはご家庭の事情でほとんど普段と変わらないサイクルで過ごされた方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、子どもにはかわいそうなことをしたと落ち込む必要は全くないそうです。
これといったイベントがないと子どもは退屈してしまうかもしれませんが、そのことによって、なんとかして楽しくしようと子どもなりにいろいろと工夫するようになり、創造性を養うことができるみたいなので「退屈は子どもを成長させる」と、発想の転換をするのも十分ありだと思います。

我が家は、以前は長期休暇のときは近場の海外旅行に行くことが多かったのですが、現地でのスケジュールはほとんど私が考えている状態で💦
もう少し、娘に意見を聞きながら計画していけば良かったですね。
私が子どもの頃は、長期休暇といっても両親が気遣ってくれることはなかったので、かなりの時間テレビを観て過ごしていましたが、涼みがてら図書館で読書三昧したほうがよっぽど充実していたのにと後悔しています(T_T)
もちろん、特別な経験をすることで得られるものは大きいのですが、身近なところでも意外と子どもは楽しめると思うので、良い形で長期休暇を終えるように子ども自身がアイデアを出せたらいいですよね。

退屈と感じるのはエネルギーがたまった証拠なので、喜ばしいことでもあるそうです。
子どものために毎日張り切るのも後で疲れてしまいますから、ときにはお子さんを退屈にさせて、どんな行動をとるのか見守ってみてはいかがでしょうか(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

ユニクロ・しまむらの業績が低下

category - 話題
2019/ 03/ 29
                 
ユニクロ・しまむらの業績が低下しているという記事を読みました。

洋服は通販で買うことが多いので気づかなかったのですが、ユニクロ・しまむら両方とも、以前より値段が上がっているみたいですね。
ユニクロは、商品が代わり映えしないという指摘があるし、しまむらは、目新しい商品を発掘はしているが、商品を絞り込みすぎて、かえって消費者の購買意欲が薄れてしまったみたいで・・・・
私自身も、ユニクロやしまむらを見かけるととりあえずのぞいてはみるのですが、最近はほとんど買っていないですね。
ユニクロは、他の人と服がかぶってしまうのが心配でヒートテックを買うくらいだし、しまむらは、サイズが充実していなくて、気に入ったものがあっても着られなかったりして残念です。

でも、値段が高いとはいっても、デパートよりは安いだろうし、試着できるのはいいですよね。
通販で安い服を買って、気に入らないから返品しようとすると送料のほうが高くついてしまうということもあったので、直接商品を見れるのはやはりありがたいです。
私は今節約中で、服にはお金をかけられないので、これからも、安くて良いものを探していきたいですね。
春夏物のカタログがたくさん届いているので、まずはそちらからチェックですが、お店ものぞいてみて、掘り出し物に出会えたらうれしいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

世界大学ランキング日本版2019

category - 話題
2019/ 03/ 28
                 
英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(THC)が「THE世界大学ランキング日本版2019」を公表し、総合点で京都大学が単独1位になったという記事を読みました。

このランキングは、企業人事と研究者の評判調査に基づく「教育成果」、大学の資金力や教員の論文数や学生の学力などに基づく「教育リソース」、外国人学生・教員の比率や学生の留学比率などに基づく「国際性」、学生調査の結果が反映された「教育充実度」の4分野の点数を出し、総合点を順位づけしたもので、東大は0.1ポイント差で2位でした。
「国際性」の部分で京大と6ポイント差がついてしまっていますが、外国の方はやはり東京より京都のほうがお好きなのかもしれないですね。
こういった類のものは主観が反映されやすいので、あまり一喜一憂するのは良くない気がするのですが、たぶん東大のほうが学生数が多いので、それに対応して教員の数も増やしたほうがいいのかなと思いました。

私たち家族は関西出身で、娘も最初は京大を志望していたのですが、京大は「自由の学風」のイメージが強く、娘は東大のほうが合っているかなと感じていました。
ちょうど、仲良しの同級生で東大志望の方がいらっしゃったので、娘も自分から東大に志望を変更し、2人とも合格したのですが、その同級生は体調を崩して講義を休みがちになり、とうとう留年が決定してしまって・・・・
その方が京大に進まれていたら、下宿したとしても頻繁に実家に帰ることができたでしょうから、こういうことにはならなかったのかもしれないと思うと、複雑な気持ちになりますが、娘はその方の回復を願いつつ、LINEのやりとりや一緒に食事するなどのことを続けています。
娘は、高校生のときより全然勉強していないのに一応進級できていて、東大も学生を甘やかしてるのかなという感じですが、体調を優先させつつ、大学で多くのことを学んでくれたらと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

小学校卒業式の袴

category - 話題
2019/ 03/ 27
                 
京都市内の小学校の卒業式で、児童が袴を着用するケースが増えているという記事を読みました。

京都は和装の産地で、京都市内でも呉服関係者が多くいる学区では、この現象は顕著みたいですね。
着物離れが進んでいる昨今、伝統的な装いに親しむ良い機会という意見もある一方で、袴をレンタルするにも費用がかかり、経済的に負担を感じる家庭も多いのではとの指摘もあるようです。
普段着なれていない服装をすることで、式当日の支度にも時間がかかりますし、草履で歩いて転びそうになっている子もいるとか・・・・
たしかに、良い記念にはなりそうですが、卒業式はたいてい午前中にあるので、早朝に起きて美容院に行ったりするのも大変そうですよね。

以前から聞いてはいましたが、入学予定の中学校の制服で出席する地域があるということも書かれていました。
これも、まだ入学しているわけではないのにどうなんだろうという気がしないわけでもないですし、進学する中学校を大勢の人に知られたくないという子にとっては辛いかもしれないですね。
かといって、この日のためだけにわざわざあらたまった服を買うのももったいないし・・・・
これからまだまだ成長していく子どもたちなので、どうするべきか、悩ましいところかと思います。

娘のときは、私の同僚の方が娘さんのときに使った服をくださったので、迷うことなくそれで出席しました。
私の服のほうが、体育館で冷えないようにしたいと思って、あれこれ考えていたくらいです。
来年は大学の卒業式の予定ですが、袴を着るのかしら??
YouTubeで観た東大卒業式の映像には袴姿の方はあまりいなかったみたいで、娘もまだ決めかねているようです。

娘が大学生になってから首都圏に引っ越ししてきて、成人式も出席せず振袖も着ていない状態なので、袴姿は見てみたいですね。
だから、袴を着せてあげたい6年生女子の親御さんのお気持ちも分かります。
いずれにしても、式を滞りなく終えられることが大切だと思うので、来年以降ご卒業の方には、ご家族でも話し合っていただき、思い出深い卒業式にしていただけたらと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

                         
                                  
        

TDRがスマホでファストパス発行

category - 話題
2019/ 03/ 26
                 
東京ディズニーリゾート(TDR)で、人気アトラクションに並ぶことなく優先的に入場できる「ファストパス」が、今夏から来園中にスマホでも取れることになるそうで、やっとTDRも少しは便利になるなと思いましたね。
今の状態は、ファストパスを取るためにも長い行列で、なんだかファストパスのメリットがないような気がしていましたが、今年の夏からはその行列も短くなりそうで良かったです。

去年、私たち家族は上海ディズニーランドに行きましたが、無料のものだけではなく有料のファストパスもスマホで買えたので、お金はかかりましたが、行きたいアトラクションにほとんど並ばずに入れてとても快適でした。
無料のファストパスは1つだけ取ることができましたが、別のを取ろうとしてももう無理な状態になっていて・・・・
そりゃあ、有料より無料のほうがうれしいので、申し込みが殺到してしまうはずですよね。
でも、せっかく遠くから来たのにほとんどの時間を行列に並ぶのに費やすというのは辛いですし、TDRもファストパスを購入できるようにすればいいのにと思いました。
入場料を上げるより、有利ファストパスを導入してそちらで収益を上げたほうがいいような気がするんですけどね・・・・

7/23にオープン予定の新アトラクション「ソアリン」、私たちは上海で乗りましたが、一番人気のアトラクションで楽しかったです!
TDRもさらに来場者が増えると思うので、オリエンタルランドさんにはこれからも行列緩和の対策をしっかり立ててほしいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

一人暮らしは必要か?

category - 子育て
2019/ 03/ 25
                 
25歳になるママ友の息子さんが、このたび一人暮らしを始めたそうで、寂しい思いもあるけどホッとしたということをおっしゃっていました。
日頃から「25歳になったら家を出てね」とは伝えていたみたいで、息子さんもその言葉を受けての行動だったんでしょうね。
最近、実家暮らしの男性についての記事が載っていましたが、女性は実家暮らしの男性を好まない傾向があるみたいで・・・・
昔は、私の周りでは、独身時代から一人暮らしをしている人ってそんなに多くなかったように思うのですが、時代とともに考え方が変わってきているのかもしれないですね。
生活の訓練を一通りやっていない男性は、結婚しても妻に家事を押し付けるという意見もありますが、たしかに、実家での過ごし方によってはそういう弊害が出てくることもありえるなとは思いました。

私はご近所トラブルが心配になるタイプなので、娘に一人暮らしをさせようというのは考えていないですね。
首都圏は家賃も高いですし、一人暮らし用の家電や家具もわざわざ買わないといけないし・・・・
ほとんど寝るためだけの部屋にたくさんお金を使うのは、やはりもったいないなと思ってしまいます。
ただ、娘が就職したら、生活費はこちらにいれてもらうようにして、経済的な自立はさせるつもりです。
浪費はしない子なので、きっと 貯金はしっかりやってくれることと思いますし、結婚するまでは実家暮らしでもいいかなという気持ちですが、なかなか結婚しなかったら、そのときは再検討しないといけないですね。
ある程度お金が貯まったら、一人暮らしする余裕もできるでしょうから、こちらとしても多少は安心できます。

一人暮らしも実家暮らしも一長一短あり、各ご家庭の事情も違うので、どちらが正しいとかはないと思うのですが、子どもが経済的にだけではなく、精神的にも自立できるように、親も対応していかなければと思いました。
私はかいがいしく娘の世話をするほどマメな性格ではないのですが、これからもほどほどにやっていきます(^_−)−☆

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

子どもは真似の天才

category - 子育て
2019/ 03/ 24
                 
子どもは親の影響を受けやすいので、親は子どものお手本になるよう自分磨きをするべきだといった内容の記事を読みました。

子どもにとって一番身近な大人は親である場合が多いと思うのですが、子どもはものすごく親の様子を観察しているみたいですね。
親をお手本にして、言葉や態度、礼儀やマナーだけでなく、性格や感情までも学んでいると書いてあって、親の責任は重大だなと痛感しました。
娘は意思が強いタイプだからか、性格は私のをあまり受け継いでいないように思いますが、整理整頓が苦手なところは私に似たのかも💦
そして私も、母親の真似をしてしまっているときが結構あって・・・・
母親は愚痴を言うことが多いタイプの人なのですが、私もしっかりと受け継いでしまっております!
もちろん母親を反面教師にしている部分もあるのですが、知らず識らずのうちのうちに母親そっくりな言い方を娘にもしていることも多いんですよね(>_<)
根本的な性格や癖はなかなか改善しにくいのが悩みの種ですが、それでも、娘のためにも悪いところは改めないと・・・・
記事を読んでそういう気持ちにさせられましたね。

自分磨きをしている親は、存在そのものがお手本になっているとも書いてありましたが、本当にそうですよね。
仕事に邁進していたり、読書やスポーツに励んでいたり。
そんな姿を子どもに見せているだけで、子どもは親の背中から学んでいくのだと思います。
親の方も、そのことを意識して取り組むようにするといいでしょうね。
夫は娘に仕事のことを全然話さないのですが、支障のない範囲で構わないので、社会の現実について教えてやってくれたらいいのにと思います。
そうすれば、娘も父親のことをもっと尊敬できますし、今後の就活にも役に立つと思うのですが・・・・

今までも、いい加減な対応をするママ友のお子さんはやはり友達関係がうまくいっていなかったような気がするのですが、もし親が原因でそうなっていたのなら本当にお子さんがかわいそうです。
子どもは真似の天才だから、良いことも悪いことも真似してしまうかもしれない。
そのことを念頭に置いて、日々子どもと接していきたいと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

努力し続ける環境を育むには.

category - 子育て
2019/ 03/ 23
                 
子どもの努力し続ける力を育むにはどうしたら良いのか、解説してくださっている記事を読みました。

まず、目標とする人のことをよく観察し、行動をまねてみることだそうです。
言葉で指示しただけでは子どもも理解しにくいのですが、まねをしているうちに、その子のオリジナリティも生まれてくるということでした。

「できる」人は、自分がなぜそれができるのか言語化できない人がほとんどだということも書かれていましたが、その方たちも長年努力し続けたことで能力が身についたんでしょうから、たしかに、簡潔に説明することは難しいでしょうね。
次に、子どもの行動を信じて見守ってあげることが大切だそうです。
せっかくやる気を出しているのに「絶対無理」とか「あきらめなさい」とか言われたら、モチベーションが下がってしまいますものね・・・・
子どものためを思って発言したことが、能力を育む妨げとなることもあるわけなので、親にも慎重な行動が望まれますね。

娘の場合、今までは目標とする方についてよく観察できる状況はあまりなかったようですが、私が大量の合格体験記や魅力ある方の生き様についての記事を読み、その内容について伝えるということはしてきましたね。
行動を完全にまねることは難しいかもしれませんが、その方たちのことを常に意識するというのは大切だと思いますし、これからも、できるところは見習って、自分の糧としてくれたらと願っています。
ただ、娘の行動にはつい口出しすることも多くて・・・・
事情が分からず、的外れなアドバイスをしてあきれられることもあるので、気をつけたいですね。

実現したい夢のために努力し続ける能力は、子どもにとってかけがえのない財産になるはずなので、ぜひとも身につけさせてあげたいですね。
お手本となる方が身近にいれば子どもに良い影響があると思うので、すばらしい出会いにも期待したいですし、娘が人から目標とされる人間になるよう、自分磨きをしていってほしいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

親が子どもに愚痴っていい?

category - 子育て
2019/ 03/ 22
                 
親が子どもに愚痴をいうことについて解説してくださっている記事を読みました。

完璧な親というのはなかなかいないので、ときには子どもに愚痴を言って心を軽くしたいときもありますよね。
親が愚痴を言うことで、子どもも愚痴を言いやすくなるという側面もあるようなのですが、それでも常に愚痴を言うという状態は避けるべきだそうです。
愚痴を言うときは、同時にそのことについてのプラスの部分も伝えるといいみたいですね。
たとえば、仕事の愚痴を言うなら仕事のやりがいや意義についても話すようにする。
子どもが重荷を感じないようにするためにも、そのあたりを配慮しながら愚痴るようにしたいですね。

私の場合、愚痴るというか、娘の教訓になればと思って話をすることが多いですね。
夫は仕事がうまくいっていないのに、自分のことよりも義母のことを優先に考え、義母もまたそれを当然だと思っているふしがある・・・・
義母は、案外息子のことを考えていないような気がして、ちょっと怖いときがあります。
夫の人生はまだ先が長いのですから、まずは今の状態を立て直すことに邁進しないと、家族全員が共倒れになってしまいます。
私も言うのは辛いですが、娘には父親を反面教師にして、一番大切なことに一番力を入れて取り組むように伝えていますね。
もちろん、私も若い頃努力不足だったので、そのことも自戒を込めて話しています。
親思いなのは素晴らしいことではあるのですが、とりあえず「自分ファースト」にしていかないと、介護離職などの問題が起きかねないですしね・・・・

ある程度は親の威厳を保つ必要がありますが、子どもは親を超える人間になってくれないといけないと思うので、娘には親の情けない部分もさらけ出して、それを通じて学んでいってほしいです。
娘よ、母もたまには愚痴るかもしれませんが、よろしくね~(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加