2018年11月12日

        

重い反抗期を防ぎたい

category - 子育て
2018/ 11/ 12
                 
職場の教室に来ているお子さんの中には
「この子の思春期はますます大変そうだな」
と感じる子がいます。
まだ小学校低学年なのに教室では課題をほとんどやらずふて腐れていて、家でも宿題をやらないのですが親御さんはなぜかノータッチで、完全に月謝の運び屋となってしまっているのです。
そんなに嫌なら一旦塾を辞めて様子を見たら良いように思うのですが、教室にはちゃんと来るんですよね‥‥
毎回教室で苦痛な時間を過ごすより、友達と外で遊んだ方がその子の発育に絶対良いと思います。

親御さんは私が見る限りとても子ども思いの方なのですが、この状態をどう考えていらっしゃるのか全く分かりません。
教室長も、辞められては収入が減るので適当にその子をなだめて帰らせていますが、他の子にも悪影響を及ぼしかねずほとほと困っています。

反抗期が来るのは成長の証で喜ばしいことだと言われますが、子どもの反抗が原因で家庭が壊れてしまうような状態になるのは避けるべきですよね。
実は私の従兄弟は高校生の頃母親の胸を蹴り肋骨を折るという事件を起こしています。
叔母は少し過保護だったかもしれませんが私にもいつも優しく接してくれていたので、どうして従兄弟がそんなことをしたのか理解に苦しみました。
ここまでになると、のんきに見守るなんてことは言えないですよね。

娘は今のところ私が深刻に悩むような反抗期はないですが、小さい頃から
「親からアドバイスされるのは全然恥ずかしいことじゃない。困ったときは話し合おうね。」

と言い聞かせていたことが良かったのかもと思います。
最終的に子どもが判断するにしても、ある程度の情報がないと判断のしようがないですよね。
子どもはまだ人生経験が少ないのですから、親御さんがいろいろ情報を提供してあげて子どももそれに耳を傾けることができる環境にしたいものです。
学校の先生にもお願いできるといいのですが、放課後もとにかくお忙しいですからね‥‥

林修先生も
「失敗する原因は情報不足・慢心・思い込みである。」
とおっしゃっていますので、お子さんが小さいうちから、折に触れて親子で話し合う必要性を教えてあげていただけたらと思います。
将来反抗期が懐かしいと思えるようになるといいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加