2018年11月09日

        

子どものかんしゃく

category - 子育て
2018/ 11/ 09
                 
子どもがかんしゃくを起こしている場面、私も仕事でときどき見かけます。
こちらがちょっと注意しただけでパニックになられると、「どうしよう!」とあせってしまって・・・・
冷静でいるように努めていますが、家にいてもそのときのことが気になってしまい、トラブルに発展しないように神頼みしてしまうこともありますね。

小学校低学年の子でも大泣きする子がいます。
ゆっくり話を聞いてあげる時間がないのでなだめたり気をそらしたりして対応していますが、どうにもならないときもあって‥‥
夜更かししていたり親御さんのスマホを長時間使っていたりする可能性もあるかもなので、一度生活を見直していただけると良いのですが。

かんしゃくの原因としては性格や生活習慣もありますが、ビタミンやカルシウム不足・糖分の摂り過ぎ・腸内環境の悪化なども考えられるようですね。
たしかに、便秘や下痢をしていたら機嫌が悪くなるかも💦
栄養面を整えるのは健康にも役立つので、感情の起伏が激しいお子さんにはこういった視点から対策を立ててあげるのも良いかと思います。

あらかじめお子さんに予定を伝えておいてあげるのもいいですね。
お子さんは自分の思い通りにならなくてパニックをおこしているわけですから、次の行動について教えてあげていれば落ち着いて取り組める可能性が高いです。
幼児さんの場合は言葉が理解できないと効果がないので、読み聞かせやたくさんの声かけをして聞く力を育ててあげてほしいと思います。

ひどいかんしゃくを起こすとお子さんも親御さんもぐったりしてしまうので、さまざまな働きかけをしていただいてゆったりする時間を増やしてくださいね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加