2018年10月07日

        

手先を器用にする

category - 子育て
2018/ 10/ 07
                 
手先が器用な子どもは脳が発達しているといった内容の記事を読みました。

現代では、手先が器用に使えない子どもが増えているみたいですね。
昔に比べてさまざまな技術が発達し、手先が器用でなくてもできることが増えてきたことが原因のようですが、たしかに、今はボタン一つでできることがたくさんあって、手をあれこれと動かすことが減ってしまっていますよね・・・・

もともと、人間は他の動物よりも手先が器用なのですが、それは人間が指を一本ずつ動かすことができるからだそうです。
そして、手は細かい動きをすればするほど、どんどん器用に動かせるようになるみたいですね。
また、手先を器用に使うことは脳の働きも良くするそうなので、紙を破いたり、小さいものをつまむなどして、日常生活でできるだけ指を使うようにするのが望ましいとのこと。
もちろん、ピアノのような楽器系の習い事をするのもとても良いと思います。
私も昔ピアノを習っていましたが、なにせ練習が面倒で💦
こんな記事を読むと、あのときまじめにやっていなかったことをひたすら後悔です(>_<)

今はとにかく便利になりすぎましたよね・・・・
手先を器用に使うことは脳を育てることでもあるので、手先をたくさん使うように心がけることが大切ですね。
私も意識して、手先を鍛えていきたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加