2018年07月31日

        

相手の立場に立って考える

category - 心と精神
2018/ 07/ 31
                 
相手の立場に立って考える。
自分に余裕がないと、なかなかできないことですよね。
いやなことを言われたりされたりしたときも、そのときの相手の気持ちなんてなかなか考えられなくて💦
そしてまた、そういうことは絶対に忘れないので、相手との関係もぎくしゃくしたものになりがちです。
でも、できるだけ冷静に考えることも必要ですよね。
その場で反撃したら、かえって自分の立場が悪くなるかもしれないので・・・・


以前の記事にも書きましたが、私は以前コールセンターで仕事をしていました。
クレームの電話がかかってきたときは、もちろんお客様の立場に立って対応していたつもりですが、逆に、私が客としてコールセンターに電話をかけるときは、どうしても受付の人の立場を考えてしまいますね。
会社側にはすでにこちらの連絡先がパソコンで表示されている場合が多いので、私がきつい言い方をしたら逆恨みされ、自宅に押し掛けられるかもとか思ったり・・・・
もちろんお客様の個人情報を持ち出すのは禁止なのですが、まったく可能性がないわけではないので、クレームは落ち着いて伝えるようにしていますね。
要望を含むクレームのときは、前にも書いたとおり「上司(または社員)に代わってください」がベストですが、今のところそこまでのクレームを言ったことはないです。

余裕がほしいと思いながらほとんど実現できていませんが、あまり波風は立てたくないので、これからも相手の立場に立つ訓練をしないと!
娘にも、いろいろ教えていきたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加