2018年07月17日

        

謝るのは難しい!

category - 心と精神
2018/ 07/ 17
                 
怒るのは簡単だが、謝るのは難しいといった内容の記事を読みました。

怒るのは、イライラしたときに感情に任せて怒鳴ればいいだけなので、子どもでも猿でもできる・・・・
まさにその通りかも!
一方で、謝るためにはプライドを捨てることが必要で、自分の過ちを認めて相手に頭を下げるのはかなり勇気がいりますよね。
しかも、口先だけではなく、誠意を込めて謝らないと相手には伝わりませんから、謝り方にも気をつけないといけないし・・・・

日本人の場合、こちらがへりくだる意味で謝ることも少なくないと思うのですが、度が過ぎると相手が傲慢になることもあるので、謝るタイミングにも気をつけたほうがいいかもしれないですね。

私が小学6年生のとき、日曜日に友達とクッキーを焼いて当時の担任の先生のお宅に届けに行ったのですが、あとで母から聞いたところによると、先生はデートの約束があったのに私たちが突然訪問したためデートをキャンセルして、その後交際が終わってしまったらしくて・・・・
たしか翌日おわびはしたと思うのですが、以後先生の態度がときどき不自然だったので、卒業の際もう一度おわびしたということがありました。
今思うと、先生が母にデートの話をするというのはちょっと考えにくいので、私をなぐさめようとして母が適当に言ったことかもしれないのですが、たぶん私たちの謝り方では誠意が伝わらず、先生も気持ちの整理がつかなかったんだろうと思います。
そんなことを振り返っていると、謝ることは本当に難しいなとしみじみ感じますね。

そうはいっても、自分が悪いと感じたときは真心こめて謝るのが大人の対応というもの、
辛い場合もあるでしょうが、素直に謝る勇気を持ちたいと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加