2018年07月09日

        

自分で考える力を育てるには

category - 子育て
2018/ 07/ 09
                 
子どもが自分で考える力や判断する力を育てるにはどうしたらいいか、解説してくださっている記事を読みました。

まずは、親子で話し合う習慣をつけることが大切みたいですね。
でも、親が一方的に指示や命令を出し子どもがそれに従うというのは、話し合いにはならないらしいです💦
親も子もお互いが意見を言い、聞き合うことが、子ども自身が考えるきっかけになるそうなので、家庭の中で意識してそういった時間を作ると良さそうですね。

また、子どもはたくさんの体験を積みながら、自分の頭で考えて判断する力を伸ばしていくのですが、体験には直接的な体験と間接的な体験があり、できるだけ直接的な体験をすることが望ましいそうです。
自分の体で実際に体験することは時間がかかるので、どうしても学校の勉強やインターネットで間接的に体験する機会のほうが多くなりがちですが、家の手伝いや遊びなど、気軽にできるものを積極的に取り入れるのも効果的だと書いてありましたね。
日常のちょっとしたことでも、続けるうちに子どもはいろいろと工夫できるようになるらしいので、私もぜひ期待したいと思います!

便利な世の中になったぶん創意工夫がしづらくなっている気がしますが、これからはディベートする能力なども求められているので、娘にも考える力や判断する力をつけてほしいと思っています。
私も楽ができますし、さっそく家の手伝いなど、用事をたくさん頼むことにします!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加