2018年05月

        

子どもが過剰に甘えてくるとき

category - 子育て
2018/ 05/ 31
                 
子どもが過剰に甘えてくるときは、親からの愛情が足りない可能性があるという内容の記事を読みました。

子どもへの接し方、本当に難しいですよね・・・・
甘えてこられると
「うちの子はなんだか頼りないな。」
と思い、厳しくなったりもします。
親が時間や気持ちの余裕がなくて、突き放してしまうこともあるかもしれませんね。
しかし、愛情不足が続くと性格形成に悪影響を与えることもあるので、子どもにはできるだけ優しく接するようにしたいですね。
子どもは親からの愛情に満たされるとだんだん甘えなくなり、自立も早くなると書いてあったので、やはり必要以上に厳しく接することは避けたほうがいいかなと思いました。

以前、勤務先で、3歳のお子さんがいたのですが、お母さんと一緒にやりたがっているのに、お母さんのほうは甘えると集中しないと考えて、お子さんと離れて座ることを提案されたので、ちょっと驚きました。
そのお子さんはまだ2歳だったときお父さんと来られたこともあったのですが、お父さんのほうも
「もう親がそばにいなくてもいいんじゃないか。」
とおっしゃって・・・・
私たちが決めることはしづらいですし、親と離れるメリットももちろんあるとは思うのですが、お子さんが望んでいないことですし、うちの教室は机が密集していて危険なので、せめて幼稚園に入られるまでは親子並んで座ってほしいのが本音ですね。
そのお子さんはこれからトイレトレーニングをされるので、尿の出るサイクルがまだつかみにくく教室でお漏らしをする可能性もあるので、あせらずに対応していけたらと思っています。

娘も、もう大学生だというのに私と腕を組んできますが、拒否せず受け入れていますね。
大学ではそれなりにやれていると思うので、マザコンというほどでもないかなと・・・・
こんなことだから彼氏ができないのかもですが💦
まあそのあたりは自然に任せるとして、とりあえず愛情不足は防ぎたいと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加





                         
                                  
        

子どもは真似の天才

category - 子育て
2018/ 05/ 30
                 
子どもは親の影響を受けやすいので、親は子どものお手本になるよう自分磨きをするべきだといった内容の記事を読みました。

子どもにとって一番身近な大人は親である場合が多いと思うのですが、子どもはものすごく親の様子を観察しているみたいですね。
親をお手本にして、言葉や態度、礼儀やマナーだけでなく、性格や感情までも学んでいると書いてあって、親の責任は重大だなと痛感しました。
娘は意思が強いタイプだからか、性格は私のをあまり受け継いでいないように思いますが、整理整頓が苦手なところは私に似たのかも💦
そして私も、母親の真似をしてしまっているときが結構あって・・・・
母親は愚痴を言うことが多いタイプの人なのですが、私もしっかりと受け継いでしまっております!
もちろん母親を反面教師にしている部分もあるのですが、知らず識らずのうちのうちに母親そっくりな言い方を娘にもしていることも多いんですよね(>_<)
根本的な性格や癖はなかなか改善しにくいのが悩みの種ですが、それでも、娘のためにも悪いところは改めないと・・・・
記事を読んでそういう気持ちにさせられましたね。

自分磨きをしている親は、存在そのものがお手本になっているとも書いてありましたが、本当にそうですよね。
仕事に邁進していたり、読書やスポーツに励んでいたり。
そんな姿を子どもに見せているだけで、子どもは親の背中から学んでいくのだと思います。
親の方も、そのことを意識して取り組むようにするといいでしょうね。
主人は娘に仕事のことを全然話さないのですが、支障のない範囲で構わないので、社会の現実について教えてやってくれたらいいのにと思います。
そうすれば、娘も父親のことをもっと尊敬できますし、今後の就活にも役に立つと思うのですが・・・・

今までも、いい加減な対応をするママ友のお子さんはやはり友達関係がうまくいっていなかったような気がするのですが、もし親が原因でそうなっていたのなら本当にお子さんがかわいそうです。
子どもは真似の天才だから、良いことも悪いことも真似してしまうかもしれない。
そのことを念頭に置いて、日々子どもと接していきたいと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

汗をかかない人

category - 健康
2018/ 05/ 29
                 
暑い夏は、体力も消耗しがちですよね。
先日テレビで観たのですが、夏でもほとんど汗をかかない人がいるそうで・・・・
原因としては、冷房を使いすぎていたり、筋肉量が減っていたり、汗腺が減少していることなどがあげられるみたいですね。
汗をかかないというのは私にとってはうらやましいのですが、体温調節がしづらくなり、病気にもかかりやすくなるらしいので、やはり適度に汗をかいた方が良さそうです。

健康的な汗をかくには
〇運動をする
〇入浴をする
〇食生活の見直し
〇空調に気をつける

といったことがあげられるそうです。
この時期は身体を冷やす食べ物や飲み物をとりがちですが、できるだけ身体を温めるものをとるほうが汗をかきやすいみたいなので、心がけていきたいですね。
何か気になる症状がある場合は病院へ!
原因が分かれば、対処もしやすいですね。

実は、私も娘も、子どもの頃から家ではほとんどエアコンをつけないんですよね。
風通しの良い場所で生活することが多かったというのもあったのですが、そのせいか、わりと汗をかくほうだと思います。
もちろん無理はしないほうがいいのですが、1日のうち少しずつ、エアコンなしの時間を設けてあげるのも効果的かもしれませんね。
私も水分補給はしっかりとしたうえで、できる限り頑張りたいです!

汗をかくことは健康に役立ちますし、体臭が気にならなくなるというメリットもあるようなので、気持ちいい汗をかけるといいですね。
熱中症にも注意しながら、私もなんとかこの夏を乗り切りたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボタニカルベビーローション【ぬくもりミルクローション】

ボタニカルベビーソープ【ぬくもり泡シャンプー】
                         
                                  
        

親が子どもに愚痴っていい??

category - 子育て
2018/ 05/ 28
                 
親が子どもに愚痴をいうことについて解説してくださっている記事を読みました。

完璧な親というのはなかなかいないので、ときには子どもに愚痴を言って心を軽くしたいときもありますよね。
親が愚痴を言うことで、子どもも愚痴を言いやすくなるという側面もあるようなのですが、それでも常に愚痴を言うという状態は避けるべきだそうです。
愚痴を言うときは、同時にそのことについてのプラスの部分も伝えるといいみたいですね。
たとえば、仕事の愚痴を言うなら仕事のやりがいや意義についても話すようにする。
子どもが重荷を感じないようにするためにも、そのあたりを配慮しながら愚痴るようにしたいですね。

私の場合、愚痴るというか、娘の教訓になればと思って話をすることが多いですね。
主人は仕事がうまくいっていないのに仕事とはまったく関係ない勉強に時間を費やしていますし、自分のことよりも義母のことを優先に考え、義母もまたそれを当然だと思っているふしがある・・・・
主人の人生はまだ先が長いのですから、まずは今の状態を立て直すことに邁進しないと、家族全員が共倒れになってしまいます。
私も言うのは辛いですが、娘には父親を反面教師にして、一番大切なことに一番力を入れて取り組むように伝えていますね。
もちろん、私も若い頃努力不足だったので、そのことも自戒を込めて話しています。
親思いなのは素晴らしいことではあるのですが、とりあえず「自分ファースト」にしていかないと、介護離職などの問題が起きかねないですしね・・・・

ある程度は親の威厳を保つ必要がありますが、子どもは親を超える人間になってくれないといけないと思うので、娘には親の情けない部分もさらけ出して、それを通じて学んでいってほしいです。
娘よ、母もたまには愚痴るかもしれませんが、よろしくね~(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

スカルプD・スカルプDボーテシャンプー  【アンファー公式】

ボーテメディカルエストロジー スカルプセラム<薬用育毛剤>
                         
                                  
        

常に目標を持つ

category - 心と精神
2018/ 05/ 27
                 
若さを保つために大切なことは、常に目標を持つことだそうです。
とくに、自分が向上するための目標を持つのがいいみたいですね。

たしかにそうかもしれない・・・・
私の場合、この歳になると大それたことは考えにくいのですが、仕事のことや子育てのことなど、なにか目標があればきっとやる気がみなぎってくると思うので、可能な限り意識して行動していきたいですね。

以前の記事に書いた武井壮さん。
私と同世代ですが、常に何かにチャレンジしたいとおっしゃっていましたね。
昔からストイックに身体を鍛えていらっしゃる武井さんですが、俳優志望で坂上忍さんの付き人をしていたお兄さんが24歳で亡くなると、芸能界入りを目指し、芸能人が多く来店するお店に通い詰めて自分を売り込んだそうです。
その行動力には本当に頭が下がります!
私は自分のことより娘や生徒さんを成長させることにかなりのエネルギーを使っている気がしますが、健康を保つという目標もあるので、そのための努力をしつつ、また新たな目標を探していきたいと思います。
学習塾で仕事をしている以上、生徒さんの成績を上げることは絶対的な目標なので、私もそれに関しては武井さんのようにこだわっていきたいですね。

「水は低きに流れ、人は易きに流れる。」

娘がお世話になった公文の先生もそうおっしゃっていました。
私はまさにその通りになってしまいがちなので、まずは目標を立てて、生活にメリハリをつけたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

小型家電回収

                         
                                  
        

有名人の薬物依存

category - 健康
2018/ 05/ 26
                 
有名人の方が薬物関連で逮捕される事件、定期的に起こっていますよね。
周りからチヤホヤされて交友関係も幅広いのではないかと思うのですが、薬物に溺れる原因は孤独感にあるみたいで・・・・
テレビで拝見している限りでは皆さん楽しそうにされていますが、意外とお互い気を許せる関係にはなりにくいのかもしれませんね。
私が子どもの頃は、CMで
「覚せい剤やめますか。それとも人間やめますか。」

というセリフが流れていて、覚せい剤は恐ろしいものだということが強烈にインプットされているのですが、同世代の酒井法子さんや清原和博さんはそうではなかったのかしら・・・・
よほど精神的に追い詰められていたんだろうとは推測できますが。

清原さんはちょうど娘の大学入試の時期に逮捕されたので、私はホテルで待機している間ワイドショーにくぎ付けになっていました。
野球に詳しいわけではありませんが、中学時代の同級生が練習を観によくPL学園に行っていましたし、清原さんが西武に入団された時の森祇晶監督は私の親戚の高校時代の先輩なので、以前から気になる存在ではあったんですよね。
こんなことになってとても残念に思いましたし、更生の道はものすごく険しいですが、息子さんたちのためにもなんとか立ち直ってほしいです。
野球の才能も何らかの形で活かせたらいいのですが、それは清原さんの今後の努力次第でしょうね。

今は気軽に薬物が手に入ってしまうようなので、この手のニュースが出るたびに、必ず娘にも注意しています。
ストレスは解消した方がいいですが、自分や周囲が傷つかない方法でやるべきなので、薬物の危険性についてもっと周知徹底してほしいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

親子関係は難しい??

category - 子育て
2018/ 05/ 25
                 
人生で最も難しい人間関係は親子関係であるという内容の記事を読みました。

親子関係、一番身近なだけに、遠慮や気配りがなくなりがちかもしれませんね。
「照れや慢心などが邪魔をして、当たり前のことができない。」

と書いてありましたが、たしかにそうかも💦
うちは、何年か前までは娘には誕生日やクリスマスのときにプレゼントをあげたり食事に行ったりしていたのですが、主人や私の誕生日などはとくに何もしていません。
小さいとき、母の日に娘が携帯ストラップを作ってくれたのですが
「プレゼントはとくにいらない。元気で頑張ってくれるのが最高のプレゼントだよ。」
と伝えましたね。
とりあえず、イベント関係は結構恥ずかしくて・・・・
諸事情があって、私たち夫婦は結婚式をしていないのですが、そんな性格なので内心ホッとしていたくらいです。

以前の記事に書いた、お子さん4人が東大理Ⅲに合格した佐藤亮子さんもおっしゃっていましたが、お子さんたちにLINEをしても、息子さん3人は既読スルーのときがあるとか!
東大受験のときにはあれだけ密な親子関係だったのに・・・・
文字にすると残るので、息子さんとしては余計に照れくさいのかもしれませんね。

親と接するには、勇気や度胸が必要だとも書いてありましたが、親子関係は人間関係の原点なので、ときには思いやる気持ちを素直に表せるといいですね。
主人は親思いすぎて自分を犠牲にするようなところがあるのですが、私は娘がそうなるのは望まないので、気楽な親子関係でもありたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

経済的に自立させるには

category - 子育て
2018/ 05/ 24
                 
子ども時代をどう過ごすかは将来の賃金に影響を与えるという内容の記事を読みました。

大人になって「稼ぐ人」になっているのは、学校の成績が良かったり、家に蔵書がたくさんあったり、非認知能力が高い子が多いらしいのですが、その子の持って生まれた性格も影響を与えると書いてありました。
学校の成績については、悪いからといって頭が良くないとは限らないので何とも言えませんが、何事も謙虚に学ぶ姿勢は大切なので、よく読書をするというのはやはり多少は関係しているかもしれませんね。
非認知能力のことは4/8にも書いたとおり、忍耐力や社交性、自尊心など、数値で計れない性格や特徴を指しているのですが、この能力は繰り返し練習することで何歳からでも伸ばすことができるらしいです。
人それぞれ個性はありますが、良い方向に導いてあげることは努力次第で十分可能なんですよね。
林修先生おすすめの本「学力の経済学」にも、非認知能力の高い人は年収も高い傾向があると書いてありましたし、もちろん他の面でも役立つ能力なので、うちもまずはこの非認知能力を鍛えるようにしたいと思いました。

主人も私も、その親たちも「稼げない人」なので、ときどき将来が不安になります。
私の仕事もそのうちロボットに取られるかもしれないですし💦
娘に贅沢三昧してほしいわけではないですが、できれば特別なケアが必要な方々に手を差し伸べる経済的なゆとりを持ってほしいので、これからも娘に非認知能力の重要性を伝えていきたいと考えています。
私も今から鍛えていきたいです!

自由研究や作文など、夏休みには非認知能力を磨くのに適した課題が出されていると思うので、楽しみながら能力アップできていいですね。
頑張って、ぜひ力作を作ってくださいね(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「学力」の経済学[本/雑誌] / 中室牧子/〔著〕
価格:1728円(税込、送料別) (2018/5/24時点)






                         
                                  
        

モーツァルトの曲で癒す

category - 健康
2018/ 05/ 23
                 
モーツァルト音楽療法を研究されている、埼玉医科大学短期大学名誉教授の和合治久先生のインタビュー記事を読みました。

以前から、モーツァルトの音楽は免疫力を高めるという説がありましたが、彼の曲中には周波数の高い音が多いので、それが耳から入ってくることによって脳神経を刺激し、結果として免疫の働きを高めてくれるみたいですね。
また、現代は自律神経のバランスを崩している方が多いのですが、モーツァルトの音楽を聴くと副交感神経にスイッチが入って、心と身体がリラックスできるそうで・・・・
人それぞれ音楽の好みがあり、すべての方に効くかは定かではありませんが、私も以前自律神経失調症で悩んだ経験があるので、また時間のあるときにYouTubeで試してみようと思いました。

本屋に行ったら、育児書のコーナーのところにも「スマホ育児に注意!親子のためのモーツァルトCDブック」というのがありました。
こちらも、効果には個人差があるかもしれませんが、気になる方は一度確認されてもいいかもしれませんね。
私も、妊娠中や娘が小さいときは、ゆったりとした曲調のクラシックを聴くようにしていましたが、今はこのようなCDが売られているんですね!

とりあえず、ただ聴くだけでいいというのはすごくありがたいです。
辛いときは能動的に何かをする気力もなかったりするので・・・・
モーツァルトに限らず、癒しを感じられる音楽はきっと良い影響を与えてくれると思うので、疲れたときは聴いてみるといいかもですね(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


                         
                                  
        

外遊びと紫外線

category - 健康
2018/ 05/ 22
                 
気候の良い5月、外でレジャーを楽しんでいらっしゃる方も多いと思います。
でも、容赦なく降り注ぐ紫外線による悪影響については心配ですよね・・・・
私も日傘を使うようにはしているのですが、どこまで効果があるのか分からず不安になるときがあるので、ちょっと調べてみました。

日光を浴びると、自律神経がバランスよく働くようになり、健康を保ちやすくなるみたいですね。
自律神経が正常に働くためには、神経伝達物質であるセロトニンが大きな役割を果たすのですが、このセロトニンは日光に当たることできちんと脳から分泌されるらしいです。
そして、セロトニンは夜になるとメラトニンという物質に変化するのですが、メラトニンは快眠をもたらしてくれるので、子どもの成長にも良い影響があるということでした。

ですから、外遊びはやはり積極的に取り入れるといいのですが、問題は先ほども書いた紫外線ですよね。
地球を紫外線から守ってくれているオゾン層が破壊されつつあり、たくさんの紫外線が地表に到達するようになったので、紫外線アレルギーや皮膚がん、白血病などになるリスクが高まっているらしいです。
春や夏は一年中でとくに紫外線が強い時期にあたるので、帽子や日焼け止めクリームを使うなどして、なるべく紫外線の影響を受けないようにしたほうが良さそうですね。
私は汗をかきやすいほうなのでちょっと面倒ですが、私たちもできるだけ対策しようと思いました。

いろいろと気にはなりますが、日光を浴びることで、カルシウムの吸収を良くするビタミンDも生成されるようなので、やはり適度な日光浴はしたほうがいいですよね。
ママ友のお母様で座っただけで腰を骨折した方がいらっしゃったので、私も気をつけつつ外出を楽しみたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加