2018年01月10日

        

日本は便利すぎる??

category - 話題
2018/ 01/ 10
                 
元フジテレビアナウンサーで、現在パリに在住の中村江里子さんの書かれた記事を読みました。

記事によると、フランスでは「大切なものは宅配便で送らないように」と言われているそうで、とにかく予定通りに荷物が届くことが少ないんだそうです。
最近では一応配達予定時間をメールで教えてくれるサービスもできたのですが、それもほとんど守られていないらしくて・・・・
宅配便だけでなく、郵便や電車の時間についても同じような感じだそうで、パリ市内の地下鉄には時刻表もないんだとか!
それに、修理などのサービスも迅速にはしてくれないみたいで、日本との違いに当初は戸惑ったとおっしゃっていましたね。

中村さんは、日本での行き届いたサービスには感謝しながらも、あまりにもそれが当たり前になりすぎて、ちょっとしたミスでも不満の声が上がることに疑問を投げかけていらっしゃいました。
便利さが、私たちの生活のスピードを速め、心の中の穏やかさを奪っていっているような気がすると・・・・

たしかに、私も以前そう感じたことがあります。
宅配便会社のコールセンターで仕事をしていたことがあるのですが、配達時間帯を15分くらい過ぎたところで「まだ荷物がこない!」とクレームが入ったことがありました。
「交通事情などで若干時間が前後することがあり、申し訳ございません。」
とおわびはしましたが、ちょっとすっきりしなかった記憶があります。
きっと外出する用事があり、とても急いでいらっしゃったのでしょうが、日本では時間に正確であることが多いので、たまにこういうことがあるとついイライラしてしまうのかもしれないですね。
記事を読んでいて「私はパリに住む自信がないわ💦」と思ってしまいましたが、もう少しおおらかになってもいいのかもとも思いました。
日本の便利さは世界に誇れるものですが、サービスを受ける側も、可能であれば余裕をもって対応できればいいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加