2018年01月

        

ママ友付き合いの思い出

category - 子育て
2018/ 01/ 20
                 
インターネット掲示板で、学校行事が苦手で帰宅するとどっと疲れて具合が悪くなるという書き込みを見つけることがあります。
1人で参加するのは気楽だけど、楽しく会話されている方たちを見ると孤独を感じてしまうという意見もあり、これも親の務めだと単純に割り切れないこともありますよね。

子どもの頃から人間関係を築くのが苦手だった私。
娘を出産してからは、とにかく娘に友達を作ってやりたいという思いで必死でした。
まだ娘をベビーカーに乗せていた頃も毎日何人かのママ友と会っていましたが、私の目を見て話してくれない方がいたりして・・・・
当時は、よく落ち込んでいましたね(T_T)

娘が幼稚園に入園してすぐ、思い切って役員に立候補し、そこから交友関係が広がっていきました。
私はママ友からの情報が欲しいタイプだったので、自分からも積極的に声をかけたりして頑張りました。
でも相手の方の反応はしょっちゅう気にしていて、結構しんどかったですね。
マンションが密集している地域で買い物する場所も皆さんとほとんど同じなのですが、買い物くらいは気楽にいきたかったので、夜遅くに行ったり別の地域へ出かけていったりしていました。

娘が私立中高一貫校に入学してからは気分的には多少楽になりましたね。
一緒にランチしてから保護者会に行く方もできて、学校の情報交換ができて助かりました。
相変わらず気持ちがモヤモヤして疲れるときがあるのですが、もちろん私にも悪いところがあると思うので、なんとか自分の中で折り合いをつけるように努力しています。
「ママ友はいらない」ときっぱり言える方がうらやましいですが、私の場合交流がなくなるのは寂しいので、また帰省したときにでもお誘いしてお会いできたらと思っています。

子どもがらみの人間関係だからこそいろいろ悩んでしまうと思いますが、お子さん同士が仲良しという方にはご挨拶をしてみて、もっとお話ししたいと思えばお茶でもお誘いしたら良いかもしれないですね。
きっとそんなにひどい対応はされないと思います。

もしかしたらその方と一生お付き合いできるほど相性バッチリかもしれないし(^O^)
人とのコミュニケーションは脳トレにもなるので、もし素敵な出会いがあればうれしいですね。
ただ、子どもたちは親とは関係なく友達関係になる場合も多いので、たとえママ友ができなくても思い悩まず、ママ友へのエネルギーをお子さんにむけてあげれば大丈夫だと思います。
私もまだまだ修行ですが、ストレスをためないようにお互い気楽にいきましょうね♪

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

勉強の結果が出るとき

category - 教育・受験勉強
2018/ 01/ 19
                 
勉強は結果が出るまでに時間がかかるといった内容の記事を読みました。

受験勉強でもそうですが、勉強してもすぐには試験の点数が上がらないということ、結構ありますよね。
夏休みに必死に勉強しても、その効果を実感できるのは秋ぐらいだったりします。
記事によると、勉強したことはまず、脳にある海馬というところで「短期記憶」として保存されるのですが、この短期記憶は、せいぜい1か月くらいしか持たないらしいです。
でも、そこであきらめてしまわずに勉強を続けることで短期記憶が長期記憶に変化し、試験などの結果としてあらわれてくれるみたいですね。

すぐには成績に反映されないので本当にじれったいですが、たくさん勉強したからと満足してしまい、その後勉強しなくなってしまうと、それまでの努力が無駄になりかねないので、とにかく勉強を継続していくことが重要だなと思いました。
今は、スマホやゲームなどの誘惑が多いですが、こつこつ取り組んできた事実はきっと今後の財産になるので、少しずつでも時間を作って、地道に勉強を続けていきたいですね。

学習内容を定着させるためには、こまめに復習することも大切になってきます。
娘の場合も、公文でも受験勉強でも、定期的に復習をしていましたね。

そうしないと、残念ながら長期記憶として残りにくいので・・・・
資格試験でも、同じところを繰り返し勉強することで知識が定着してくると思うので、私も今後何か試験を受けることがあれば、効率よく受験勉強をして、合格を勝ち取りたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

音楽を聴きながら勉強していい?

category - 教育・受験勉強
2018/ 01/ 18
                 
中学生や高校生になると、音楽を聴きながら勉強するお子さんが結構いらっしゃるかもしれませんね。
私が学生の頃もラジオの音楽を聴きながら勉強している人がいましたが、私は音があると集中できないタイプで💦

音楽を聴きながら勉強することのメリットは
・気分が高揚し勉強が楽しくなる
・リラックスして勉強できる
・集中力や記憶力が高まる場合がある
・雑音をシャットアウトできる

があげられます。
ただし、音楽の種類や状況によっては逆効果になる場合も・・・・
視覚と聴覚を同時に使っていることになり、集中力が分散されて半減する可能性があるので、アップテンポだったり歌詞つきの音楽は要注意かもですね。
YouTubeにはα波が出る音楽がいろいろアップされていますが、α波が出ているときはとてもリラックスして集中しやすい状態になり幸福感も増してくるので、勉強するときのバックミュージックにふさわしいかと思います。
私はとてもまねできないのですが、宇宙飛行士の山崎直子さんはテレビがついているところで勉強した方がはかどるそうです!
本当に人それぞれなんですが・・・・
いつも音楽がないと集中できないというのは困るので、とりあえず音楽の力を借りて集中力をつけ、徐々に音楽をかけない時間もつくっていくと良いと思います。

音楽をかけていたけど音楽が気にならないほど勉強に集中していたという状態なら理想的だと思うので、音楽をうまく活用して勉強の効率をあげていきたいですね(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

流れと勢いを大切にする

category - 心と精神
2018/ 01/ 17
                 
流れと勢いを作る人がチャンスをつかむといった内容の記事を読みました。

たとえば、野球などのスポーツの試合。
なかなか点が入らないと行き詰った雰囲気になり、もんもんとした時間が過ぎていってしまいますが、ひとたび1点が入ると、その雰囲気が一変し、そのあとさらに追加点が入るといったことってありますよね。
これは、貴重な1点が入ったことが選手たちの士気を高め、「流れ」と「勢い」ができたからなんだそうです。
このことは私たちの仕事でも同じで、1つめの仕事が終わると流れができ、2つ目の仕事が終わると勢いが生まれるので、仕事のつながりを意識しながら取り組んでいくといいと書いてありましたね。
普段なら時間のかかる仕事でも、流れと勢いを大切にしながら進めていけば、限界を超えた仕事をすることも不可能ではないそうです。
「まずは目の前にある仕事から」という考えももちろん必要だと思うのですが、円滑に仕事を進めていくためには先を見越して行動することも必要なんだろうな。
記事を読んでいて、私もいろいろ反省してしまいました。

塾での仕事のことですが、教室長と私と考え方が違うところがいくつかあると感じていて・・・・
なんとか自分の考えを理解してもらおうといろいろ説明してみたのですが、それがかえって教室長には少し不満だったみたいなんですね。
言葉でぶつかるのではなく、まずは行動で示したら良かったかな?と今更ながら思ったりしていますが、言葉で説明しないとうまく伝わらない場合もあるだろうし、そのあたりの判断は難しいですよね。
「流れ」と「勢い」。
私の場合は勢いが先に来てしまって、流れのことを考えていなかったのかもしれません。
教室長はたぶん70歳くらいだと思うのですが、今までの考え方が急に変わるというのはなかなか難しいみたいなので、今年は私もそのことを念頭に置いて行動しないといけないなと思いました。
先生同士がぎすぎすしていたら生徒にも悪い影響があるので、これからは「流れ」と「勢い」を意識しながら、生徒たちのために指導をしていきたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

行動してポジティブになる

category - 心と精神
2018/ 01/ 16
                 
ポジティブになれない原因は行動しないからだといった内容の記事を読みました。

記事には、ポジティブになれないのは、頭の中だけで悪い想像ばかりを膨らませ、行動しようという気にならないからだと書いてありましたが、私にもそれは当てはまっていますね・・・・
心配性なので、やる前から先々のことまで心配して、なかなか一歩が踏み出せないことがあるんですよね💦
友達の中には、自分の直感に基づいて行動している人が何人かいるのですが、その結果がなんだかあまり良くないので、その友達のことを反面教師にしている部分もあるんだと思います。
でも、行動したことで落ち込んでいるなら、それは「成長」であり、「前進」であるとも書いてあったので、あまり臆病になりすぎるのもいけないんでしょうね・・・・
自分の思考回路を変えるのは簡単なことではないですが、少しずつでも頑張ってみようかな。
記事を読んでいて、私もそんな気にさせられました。

娘はどちらかというとポジティブ思考で、すごく落ち込んでいるというのを見たことがありません。
模試の成績も良いときばかりではありませんでしたが、それでもやる気がなくなるということはなく、毎日娘なりに一生懸命勉強していましたね。
逆に、一生懸命勉強しているという思いがあったからこそ、ポジティブになれたのかもしれません。
もちろん勉強以外のことでもいいのですが、とにかく一生懸命になることで前向きな気持ちになり、後悔も少なくなると思うので、まずは行動してみることを心がけられたらいいですね。

はじめはネガティブな気持であっても、とりあえず行動することが大切だそうなので、私もときには勇気を出して行動してみようと思います。
責任転嫁してしまう癖もあるので、それも改めなければ!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

塾をうまく活用する

category - 教育・受験勉強
2018/ 01/ 15
                 
学年が上がるにつれて、塾通いするお子さんが増えていると思います。
塾の種類も補習塾や進学塾、それらを組み合わせた混合型の塾があり、指導の仕方も個別指導や集団指導があって、塾が多い「塾銀座」と呼ばれる地域では、夜遅くでもたくさんの子どもの姿を見かけます。

高い授業料を払っているのだから、もちろん塾の力でお子さんの成績を上げてほしいですよね。
私たちもそれを願って一生懸命指導をさせていただいているのですが、習ったことを家庭学習の中で復習する習慣がないとなかなか学力が定着してくれないという現実があって・・・・
塾の先生たちは子どもたちに分かりやすく教えるために日々研究されていて、学校の先生たちに指導法の研修をされたりもしているくらいなので、1人で勉強するよりは塾の先生に教わるほうが効率が良い場合も多いと思います。
それでも、基本的にはお子さんが自分で考えて最後までやり抜く力を持つことが本当の学力を伸ばすことにつながっていくので、そういった姿勢を早い段階で身につけておくことが大切です。

私の勤務する塾でも、例題や解説をしっかり読んでいないせいで解答ミスをしてしまうお子さんがいます。
そんなとき、私はまず
「とにかく例題や解説を5回読みなさい。それでも分からなければあと5回読みなさい。」

と言うことにしています。
もちろん、問題によってはすぐに教える場合もあります。
最近では大学生対象の塾もあるようですが、大学の定期試験対策問題集なんてたぶん売られていないと思うので、大学生になったら自分で工夫して勉強するしかありません。
ですから、大学に入ってから困ることがないように、塾で教わりながら少しずつでも自分なりの学習スタイルを確立していただけたらと思います。
私たち塾講師も精一杯お手伝いします!
塾の先生の授業を聴いていると自宅学習のポイントも分かってくると思うので、授業をしっかりと活用して知識を自分のものにしていってくださいね♪

成績を上げるのは塾ではなく自分自身だという気持ちで取り組めばきっと結果はついてくるはずなので、ぜひぜひ頑張って志望校に合格してくださいね(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

子どもの責任感を育むためには

category - 子育て
2018/ 01/ 14
                 
子どもの責任感を育むためにはどのように対応すれば良いのかについて、解説してくださっている記事を読みました。

最近の子どもはとても忙しいですよね。
いくつもの習い事をし、その合間を縫って友達と遊ぶ・・・・
学校の宿題やピアノの練習など、家でもやることがたくさんあり、スケジュールを把握しておかないとわけが分からない状態になることも(>_<)
このような状態ですから、とにかくスケジュール通りに日々を送らせるために子どもをせき立てたり、次の予定のために今やっていることを途中で終わらせたりしてしまうこともあるかもしれませんが、こういったことが習慣化してしまうと、子どもはそのうちに、とりあえず手をつければ許されるという間違った考え方をするようになるかもしれないそうです。
予防策としては、子どもがやりきれないほどの課題を与えないようにすること。
そして、その課題を決められた時間内にやりきらせるようにするといいみたいですね。

無理のないスケジュールを組んであげれば、子どもは一つのことに集中しやすいですし、一度始めたことをやりとげることで達成感を得ることもできるので、やはりオーバーワークにならないよう気をつけてあげることが大切だと感じました。

大人でも、あちこちに手を広げすぎてどれも中途半端になっていて、周りに迷惑をかけている人がいますよね💦
私もそういう人と関わったことがあり、周囲の人がその人の悪口を言っているのも聞いたので、とりあえずいろいろ予定を詰め込みすぎないようにしています。
まずは体調のことを考えないと、自分も後で辛い思いをしますしね・・・・
でも、私の場合、要領が悪くて時間の使い方が下手なだけかもしれませんが(>_<)

子どもの場合は、自由時間を作ってあげることも絶対に必要だと思うので、ゆとりあるスケジュールを目指せるといいと思います。
一つのことに集中してやり遂げるという経験をたくさん積ませてあげて、お子さんが自信を持てるようになってくれたらいいですね(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

寂しがり屋を克服するには

category - 子育て
2018/ 01/ 13
                 
お子さんが自宅で留守番するのをいやがったり、家族や友達といつも一緒にいないと不安になったりする場合、どのように対処したらいいかという記事を読みました。

・寂しがっているお子さんのことを受け止め、愛情を注いであげる。
・いろいろな経験をさせてお子さんに自信をつけさせる。
・さまざまな人と接する機会を作る。

これらのことを実践しながら、自然と改善するのを気長に待ってあげるのが良いそうです。
それと、ペットのお世話も良いと書いてありましたね。

こんなおばさんの私でも、基本は寂しがりですからね・・・
小さい頃、父はときどき私に暴言を吐いていましたが、大柄な父にはとても逆らえず、私はすっかり委縮してしまっていました。
今も父とはうまく話せない状態です。
家族の会話やレジャーもほとんどなく、家ではテレビを観て時間をつぶしていました。
友達ともどう接していいのか分からないのに、孤独になるのが怖くて学校では自分なりに頑張るも空回り・・・・
家に帰るとぐったりしていましたね。
ママ友とはもめたりすることはなかったのですが、失言しなかったかはしょっちゅう気にしていました。

そんな感じで私は自分に自信が持てないので、娘には同じ思いはさせたくないと思い、自信をつけさせるためにいろいろと働きかけてきました。
性格的なものもあるのでしょうが、娘は毅然としていることが多く、友達とも仲良くやれているようですが単独行動も平気で、人に流されるということがないですね。
私よりもずっと充実した学生生活を送っているので、安心ですしうらやましいです。

お子さんが興味のある分野で達成感を持つことができれば自信につながりますし、寂しい気持ちもやわらいでくると思うので、お子さんの良いところをこれからもどんどん伸ばしてあげてくださいね(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

「許す」と「教える」

category - 子育て
2018/ 01/ 12
                 
親の仕事は許すことと教えることであるといった内容の記事を読みました。

まだ発達段階にある子どもの場合、何も分からなくて数えきれないほどの失敗をしてしまいますよね。
でも、それはある意味当然のことなので、親はそのことを念頭に置いて教育に取り組んでいくことが大切だそうです。

失敗をまず許してあげて、いけなかった部分や改善すべき部分を教えてあげる。
親も分からなければ、子どもと一緒に考えてみる。
もちろん、ときには失敗しないように前もってアドバイスしてあげることも必要でしょうね。

私にとって、娘の失敗を許すことはかなり難しかったのですが、私自身えらそうに言えるような立派な人間ではないので、記事を読んでいて心を改めなければと思いました。

勤務先で同僚だった先生。
お子さんが4人いらっしゃて、他でも別のジャンルの教師をされていて、ボランティアもされているようなのですが、とにかく生徒をよく怒鳴っていらっしゃて💦
ご自身のお子さんたちにはどう接していらっしゃるのか分かりませんが、なんとなく想像がつく気がします。
忙しすぎるからか、仕事の連絡を回しても返信無しで・・・・
有意義に過ごされていてすごいなと思いますが、1人の息子さんとは絶縁状態らしいので、やはり「許す」や「教える」の部分が足りなかったのかもしれないですね。
教師やボランティアをされているのに怒鳴ったり無視をしたりする。
このギャップがどうして起こるのか分かりませんが、生徒さんにはきっとこの矛盾が伝わってしまう気がするので、私も気をつけないとと思いました。

記事を書かれた方のご両親は「許す」と「教える」がしっかりできていた方だそうで、ご両親が成長を伸ばしてくれたと感謝されていました。
私も寛大な心で子どもに接し、どうすればいいのか優しく教えてあげる人間を目指していきたいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

鉛筆の持ち方

category - 教育・受験勉強
2018/ 01/ 11
                 
塾で指導をしていると、鉛筆の持ち方が悪い子をときどき見かけます。
3つの指で鉛筆を支えることができていないんですよね・・・・
間違った鉛筆の持ち方をしていると、姿勢が悪くなって手や肩、首や目が疲れやすくなり、学習にも影響が出てくるため、できるだけ早く矯正していただくことをおすすめしています。
私が気がついた時には注意するのですが、基本的には書き方の指導ではなく学習指導をしているので限界があって・・・・

娘は1歳から公文をしていたので鉛筆を早い時期から持っていたのですが、持ち方は正しくなるように気をつけていましたね。
公文をしている子は字が汚いと言われることもありますが、鉛筆の持ち方をマスターしていない段階で早く正確に計算することを求められているケースもあるかもしれないですね。
正しい持ち方にすると字が整いやすいというメリットもあるようですから、まずは鉛筆の持ち方をご家庭や書き方教室で教えておいていただく必要がありそうです。

東大入試は各教科2時間前後あり、娘が受験した理系数学は2時間半もありました。
大学入試ともなると長時間鉛筆を動かし続けないといけないので、鉛筆を安定させて書かないとすごく疲れてしまいます。
学年が上がるにつれて悪い癖が定着してしまい矯正しづらくなるので、やはりはじめが肝心ですね。
市販の矯正グッズもありますし鉛筆にクリップの黒い部分をはさんであげるなどの方法もあるので、お子さんの鉛筆の持ち方が気になる方は一度試していただければと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加