2017年11月

        

受け身も大切

category - 心と精神
2017/ 11/ 30
                 
気が利く人になるために大切なことは、まずは自分が受け身になってみることだといった内容の記事を読みました。

気が利く人になりたい。
私も常にそう思っているのですが、なかなかうまくいかなくて・・・・
そんなときは、周りにいる気の利いた行動のできる人の様子を真似すると良いそうです。
まずは受け身になってインプットし、気の利く行動をアウトプットしていく。

記事にはそう書いてありましたが、私も本当にその通りだと思いました。
まずはインプットしなければ、アウトプットもできないですものね。
気の利いた行動とはどういうものかを知っておかないと、自分自身も気の利いた行動ができるわけはありません。
最初は真似をしていくとして、だんだん慣れてきたら、自分なりに行動をアレンジしていけばいいのですから、学ぶという姿勢は常に持ち続けていかなければ!
記事を読んでいて、私もそんな風に決意を新たにした次第です(^O^)

でも、最近では、あまり気の利いた行動というのを感じることがなくなってきていて・・・・
私も含めて、皆気持ちに余裕のない人が多いのかもしれませんね。
仕事でも、私は自分の手が空いているときは同僚を手伝うようにしているのですが、私は手伝ってもらえないことが多く、逆にできていないことを指摘されることもあったりします。
お子さんがそばにいる仕事なので、大人同士あまりギスギスしたところは見せたくないのですが、そこまで気が回らない方もいらっしゃるんですよね・・・・
それでも、見習うべきところがあればぜひ見習っていきたいと考えています。
私も欠点が多い人間なので、少しでもそれを埋められるように、受け身の姿勢を忘れないでいきたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

子どもの睡眠不足

category - 子育て
2017/ 11/ 29
                 
娘は最近、塾とインターンシップ先の会社とのダブルワークをしています。
家計が潤っていない我が家にとって、娘が自分で貯金を増やしてくれるのはありがたいです。
でも、学業と健康が第一なので、無理をさせないようにしないと!
私も仕事が増えたので、我が家の景気が上向いてくれたらうれしいのですが・・・・

読売新聞の「幼児の4人に1人は夜10時でも起きている」という記事を読みました。

骨や筋肉を作ったり免疫力を高めたりするのに必要な成長ホルモンや、思春期が来るまで第二次性徴を抑える働きをもつメラトニンは、夜や就寝時に大量に出されるそうです。
寝不足になるとこうした物質の分泌や記憶の整理・定着などに悪影響を及ぼすので、3〜5歳時なら午後9時には就寝し、できれば10時間ほど寝た方が良いと書いてありました。

保育園での昼寝は4〜5歳児ではあまり必要なく、無理やり昼寝させることが子どものストレスになったり夜遅くまで起きてしまう原因になったりするみたいですね。
でも、両親が共働きのご家庭は夕食の時間も遅くなりがちだと思うので、保育園で昼寝をしておいてくれれば夕食の時間にちゃんと起きていてくれて助かる場合も多いですよね。

娘は幼児の頃は午後8時には寝ていました。
私もついでにビールを飲んでウトウトしたりしていました(^_^;)
多分娘は10時間くらいは寝ていたと思います。
職場の生徒さんもしょっちゅうあくびをして集中できずすぐにキレたりする子がいるので、やはり睡眠不足は学習に影響すると実感しています。

しかし、ご家庭の都合で理想通りにいかないこともありますよね。
そんなとき、私なら子どもにマッサージをしてやったりアロマテラピーをしたり、熟睡しやすい寝具に変えたりして、質の良い睡眠を取らせることを目指します。
途中でほんの少しだけ仮眠をとるのも良いかもしれませんね。
子どもの健全な成長のためにも、しっかりと睡眠が確保できるようにしてあげたいものです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

東大・駒場祭2017

category - 大学生活
2017/ 11/ 28
                 
11/26(日)、駒場キャンパスでの駒場祭に行ってきました。

駒場祭は3日間行われたのですが、なんと3日間ともマック赤坂さんの講演があって!
私も、途中からですが少しお話を聴かせていただきました。
マックさんは、何度も選挙に立候補しては落選されていますが、選挙終盤にはだいたい結果の予想がつくので、もう次の選挙の計画を立てられるそうです。
だから、実際に落選してもあまり落ち込むことはないんだそうで・・・・
ご本人はもちろん当選するつもりで立候補されているらしいのですが、私にはそうは感じられないので、もう少しそのあたりをお聞きできれば良かったと思いました。
でも、打たれ強いという部分はとてもうらやましいです!
また、伊藤忠で25年間働いて退職されたのですが、退職金が1億2000万円だったというお話にもびっくり!
マックさんは京大卒ですが、入社してからは学歴にこだわらないほうがいいともおっしゃっていたので、きっとご本人自身にすごい能力があったということなんでしょうね。
だからこそ、選挙もお金がかかるので、もっと政策などをアピールして、当選を目指されたらいいのにと思いました。

日曜日でものすごい人だったのと、私も疲れがたまっていてあちこちは行けませんでしたが、大学の雰囲気を感じられて懐かしかったです。
また来年も、都合がつけばぜひ行きたいと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

太毛化&白髪改善サプリ【グロースプロジェクトブラック】

                         
                                  
        

本番に弱い子への対応

category - 教育・受験勉強
2017/ 11/ 27
                 
インターネットの掲示板に、日々の小テストでは高得点が取れるのに、広範囲が出題される本格的なテストになると実力が出せないという書き込みがありました。

このような場合、単に勉強不足という場合もあるかもしれませんが、まじめなタイプの子が意気込みすぎたあまり、ケアレスミスを起こしてしまうということも考えられるかと思います。
対応策として他の方が書き込みされていたのですが、子ども向けのビタミン剤や整腸剤を「自信がつく薬」として子どもに飲ませると効果があったそうで・・・・
これはきっと、9/17の記事にも書いた「プラシーボ効果」なんでしょうね(^O^)
緊張したり力が入りすぎてしまうと、普段通りの思考ができなくなるので、体調などに問題がなければ、こういった方法を試してみるのもよいかと思います。

娘も、東大入試ではやはり緊張してしまって実力が出し切れなかったようなのですが、小学校のテストも100点はあまり多くはありませんでした。
公立小学校だったのでそんなに難しいものではなかったでしょうし、公文や中学受験塾に通っていたので、もう少しいい点数が取れるかと思っていたのですが・・・・
今となっては、緊張していたのか、反対にリラックスしすぎていたのか分かりませんが💦
とりあえず、すごく緊張した状態でテストを受けてうまくいかなかったら余計にショックが大きいかもしれないので、前もって何らかの対策ができるといいですね。

テストの前に深呼吸をするとか、お気に入りの鉛筆で解くなどの方法もありますね。
「プラシーボ効果」をどんどん利用して、実力を最大限に発揮していただければと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

COLE HAAN オンラインストア

                         
                                  
        

使命を全うする

category - 心と精神
2017/ 11/ 26
                 
使命を全うするために才能を生かそうといった内容の記事を読みました。

自分の才能を、使命を全うするために活用する。
私もこれが一番理想的だと思います。
もちろん、自分を高めるために才能が与えられたのだとも思うのですが、幸せや喜びにあふれた世の中を築いていくためにも、才能が生かされるべきだと考えています。
ニュースを見ていても、悪知恵を働かせた犯罪が多い気がしていますが、その能力をもっと良い方向に使ってくれたらいいのに・・・・
私はIT関係とかは全くの素人ですが、ハッキングとかの犯罪ができる人はある意味頭がいいんでしょうから、その才能を変な形で使うのは本当にもったいないです。
自分だけが良ければいいという考え方には、やはり私は賛同できないですね。
因果応報という言葉があるように、きっといつか自分に跳ね返ってくるのではないかという気がしています。

私には特別な才能がないので、いろいろ辛い思いもしてきましたが、教育についてのアイデアはいろいろと持っているほうだと思うので、それを少しでも生徒さんたちに還元していきたいです。
それが私の使命なのかも・・・・
最近とくにそう感じています。
娘は英語が大好きで留学生の通訳のボランティアをしていますが、そんな娘の行動は親としてもとてもうれしいですね。
これからも、親子とも、微力ながら社会貢献ができればと考えています。
人生を終えるときに「使命を全うした」と感じることができれば最高ですよね。
そんな生き方を目指して、これからも精進していこうと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

言われたい言葉を言う

category - 心と精神
2017/ 11/ 25
                 
東大では、昨日から駒場祭が行われています。
娘のサークルも食べ物のお店をするようで、朝から重い食材を持って出かけて行きました。
ただ、娘まで喉が痛いと言い出して💦
きっと私が移したんでしょうね(>_<)
とりあえず、プロポリスのど飴を持たせましたが、体調を崩さないよう、無理はしないでほしいと思います。

言葉遣いに戸惑ったときは、自分が言われたい言葉をイメージすると良いといった内容の記事を読みました。

人と接していると「どう言えばいいのだろう」と思う瞬間ってありますよね。
そんなときは、相手の立場に立ってみて「自分なら、こんなふうに言われたい」という言葉を想像すると、ふさわしい言葉が自然と浮かんでくるそうです。

相手が落ち込んでいるときなどはとくに言葉に詰まってしまうかもしれませんが、そのときもまた「自分なら、どう言われたいのかな」と想像力を働かせてみれば、きっと心に響く慰めの言葉が出てくると思うので、私もこういった心がけは常にしていきたいと思いました。

インターネットの掲示板の投稿でときどき見かけるのは
「私は友達の悩みを一生懸命聞いてあげているのに、私の悩みはちゃんと聞いてくれない。」

というものですが、同じような経験をされた方も多いのではないでしょうか。
人はどうしても「自分が一番大切」になりがちですからね・・・・
私も、そんな経験をして、人間不信になってしまったこともありました。
もしかすると、私自身も相手の話を真剣に受け止めなかったことがあったかもしれませんが、これからはできる限り相手の気持ちに寄り添い、その場でうまい言い方ができなくても、あとからでも心を込めて対応しようと思います。
やっていくうちに改善されることを目指して・・・・
日々努力していきます!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

空気を読む

category - 心と精神
2017/ 11/ 24
                 
喉の調子が悪い件でご心配いただき、ありがとうございました(^o^)
何人かの方からはちみつ大根が良いとお聞きしたのですが、あいにくはちみつがなかったので迷っていると、生徒さんのお母さんからプロポリスの入ったのど飴をすすめていただきました。
早速服薬と併用してみるとみるみる効いてきて、ようやく声が出せるようになりました🎶
さすが、はちさんのパワーは強力ですね!
皆様も、風邪などにはくれぐれもお気をつけくださいね。

空気が読めないと、いつの間にか人に迷惑をかけてしまうといった内容の記事を読みました。

はじめに、記事を書かれた方の体験談が書かれていたのですが、お父様と電車に乗ったときに、お父様が人目もはばからず大声で延々と話し続けていらして、周りの人の視線も感じてとても恥ずかしかったそうで・・・・
久しぶりに息子さんに会えたうれしさからそうなったんだろうなと、記事を読んでいる私はほほえましく感じたのですが、実際同じ電車に乗り合わせたら、ちょっと迷惑に感じたかもしれませんね。
テンションが上がると、なかなか周りの状況にまで気を配れない!
冷静に見極めることって、本当に難しいですよね・・・・


コールセンターで仕事をしていた経験もあり、言動には細心の注意を払っているつもりなのですが、最近同僚から「話すのが早い」と言われてしまいました(>_<)
きっと、自分の話をちゃんと聞いてくれているか不安な気持ちが根底にあるから、つい早口になってしまうんでしょうね。
生徒からも同じように言われたので、もう決定事項かも💦
こうやって指摘してくれると私もよく分かるのですが、大人の世界ではそういうことは結構少なくて、知らないうちに距離を置かれてしまうこともあると思うので、よほど気をつけないと、自分も傷つくことになってしまいます。
人間には品性が必要で、周りの空気を読みながら、雰囲気に溶け込めるようにすることが大切。
記事はそんな内容で終わっていましたが、私もそのことをしっかりと心に刻んで、自分の悪いところを改めていこうと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

三日坊主の数をこなす

category - 教育・受験勉強
2017/ 11/ 23
                 
三日坊主をたくさん経験して、自分の特性を見つけようといった内容の記事を読みました。

三日坊主というのは、一般的には悪いことだとされていますよね。
でも、記事を書いた方は子どもの頃さまざまな経験ができたことを、親御さんに感謝されているそうです。
できなくてもいいから、とりあえずやってみる。
そんな経験をたくさんしたおかげで、自分に向いていることと向いていないことが分かるようになってきたとおっしゃていましたね。

たしかに、そのことについてまだ何も知らないうちから、長く続けられるかなんてなかなか分からないですものね・・・・
すぐにあきらめてしまっては忍耐力のない子に育つという場合もあるでしょうから、判断が難しいところではあるかと思うのですが、いろいろやってみて自分の適性を調べるというのも悪くはないようにも思います。
才能を見つけ出すキーポイントは、子どもの頃の三日坊主にある。
記事にはそんなことも書いてありましたが、やはりそういった視点を持つことも必要だなと感じましたね。
ただし、全部が三日坊主になって何も残らなかったら悲しいかもですが💦

私の場合も、ピアノ・習字・そろばん・公文・塾など、いくつかの習い事をしましたが、結局どれも中途半端でした(^-^;
でも、ピアノと習字はそこそこのレベルまではいくことができて、今でも役に立つときがありますね。
反対に、娘はだいだいのことで結果を残してきたのですが、一つのことを突き詰める時間を他のことに充てれば、また違った世界が見えていたかもという気もします。
子どもの頃なら、たとえ三日坊主でも失うものはそんなに大きくないと思いますから、お子さんの気持ちを尊重してあげるのもありかもしれないですね。
大人になってからだと、とくに私には、経済的な制約などもあってチャレンジすることがかなり難しいので(>_<)
娘にもどれだけ三日坊主させてやれるか分かりませんが、可能な限りいろいろな経験をしてほしいです。
能力が発揮できるように、これからも応援してやりたいと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



スタディサプリ ENGLISH
                         
                                  
        

子どもの慢性疲労症候群

category - 健康
2017/ 11/ 22
                 
近年、子どもたちの間で慢性疲労症候群が広がっているとか・・・・
子どもイコール元気のイメージなのに、睡眠障害や意欲の低下、異常な疲労感を訴える子どもが増えているなんて!
ちょっとびっくりしてしまいますよね。

慢性疲労症候群に陥る子どもの特徴としては
〇生活が夜型に偏っている
〇多すぎる情報に接して頭を使いすぎている
〇周りの人たちに気を遣いすぎ、自分を抑える傾向がある
といったことがあげられるそうです。

こういったことに加えて、人間関係や環境で強いストレスを受けてしまうと、睡眠やホルモンバランスなどが崩れてしまい、異常な疲労感に襲われるみたいですね・・・・

対策としては、子どもの自主性を重んじて十分な休養をとらせることが一番重要だそうです。
やる気がないからといって無理強いしてしまうと、余計に症状が悪化するみたいで・・・・
他には、寝る直前にはテレビ・ゲーム・インターネットなど、脳を興奮させるものをしないようにすることも必要なようですね。
子どもは適応能力が優れていて、今までのライフスタイルを見直すことで改善できる場合が多いと思うので、私たち大人が子どもをサポートしてあげられるといいですね。

娘も大学生になってからは遅くまでパソコンやスマホを触っていて、私も心配ています。
一応ブルーライトかっとの眼鏡はかけながらやっていますが・・・・
私も娘も慢性疲労症候群にならないよう、生活習慣には気をつけたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

学習の前準備

category - 教育・受験勉強
2017/ 11/ 21
                 
疲れがたまっているのか、とうとう声が出なくなってしまいました💦
龍角散、吸入などやってみましたが良くならず(>_<)
結局病院に行き、薬をもらいました。
急に寒くなったので、やはり気をつけないといけないですね・・・・

灘中合格者日本一の学習塾・浜学園で支持率ナンバーワン講師だったという州崎真弘先生の著書が紹介されていました。
授業の5分前にテキストに目を通して内容を把握しておくとその後の学習がスムーズにいくということや、たくさんのテキストを買いすぎると子どものやる気を失いかねないといったことなど、20年間で2800人を超える生徒たちを指導されてきた経験からのアドバイスがいろいろ書かれているようです。

娘も浜学園に通っていたのですが、州崎先生のことは存じ上げていなくて‥‥
別の教室で授業されていたのかもしれませんね。
塾の費用を少なくするためにオプション講座だけ受講したり季節講習はほとんど取らないようにしたりしていたので、先生についてはあまり詳しくありません💧

今は分かりませんが、当時の浜学園は復習主義でした。
でも、私は予習しておいた方が授業の理解が進むと考えたので、娘は毎回一通り問題を解いてから授業に臨んでいましたね。
これはお子さんのタイプにもよると思うのでまずは試してみられると良いと思いますが、5分だけ事前にテキストを見ておくことなら気軽にできそうですね。

テキストを買い過ぎないということについては、確かに勉強好きでない子にはたくさんのテキストを与えることが負担となってしまう場合があると思います。
ただ、同じテキストばかりやりすぎると答えを記憶していて新鮮味がなくなることも考えられるので悩ましいところですよね‥‥
私は娘にはテキストを何冊か買い与えていました。
重要な問題はたいていどのテキストにも載っているので出題されやすい問題はどれかということが自然と理解できますし、複数のテキストをやりきったという達成感も味わえて良かったようです。
たくさんのテキストをやり散らかすのはダメですが、いろいろなテキストに取り組むメリットもあると思うので、お子さんによって対応が違ってくるでしょうね。

学習塾は費用が高額ですが、お子さんが無理なく成果が上がるようにしてあげたいものですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加