2017年07月31日

        

完璧を求めすぎない子育て

category - 子育て
2017/ 07/ 31
                 
子どもが立派に成長してほしい。
親であればだれでもそう願うでしょうね。
どうしても子どもに期待しすぎてしまい、他の子とも比べたりもして、焦ってしまうこともあるかと思います。
まだまだ人生経験の浅い子どもですからできないことのほうが圧倒的に多いのに、つい多くを求めてしまい、私も後悔や反省をしたことが何度もありました。
私自身も、当時は親としてかなり未熟でしたね・・・・

勤務先の塾でも、親御さんが自分の子を叱っている場面があり、当時の私を見ているようで複雑な気持ちになることがあります。
こちらが親御さんにダメ出ししすぎるのも良くないので、適当に助け船を出してその場を収めるようにしていますが、我が子のこととなると感情のコントロールが難しいというのは痛いほど良く分かりますね。
何か良い方法はないか、私もいろいろと思案しているところです。

とりあえず、子どもには完璧を求めすぎないようにしていただくと、親御さんの気持ちも少しは楽になるのではないかと思います。
勉強時間にしても、10分ずつを1日何回かするという形でも全くしないよりはずっとましですし、疲れていたら寝ころんでテキストを読んでいてもいいのです。
親御さんに連れられて塾に来ている生徒さんで宿題をあまりやってこない子がいるのですが、そういった方には家庭での状況を聞いて、毎日少しでも学習するという習慣をつけていただくために「これならできそう」というようなやり方を提案させていただいています。
ちょっとした心がけでお子さんも勉強が楽しくなることが期待できますし、親御さんも心が軽くなると思うので、ハードルを下げて再チャレンジするようにお願いしています。
私がどれだけお役に立てるか分かりませんが、これからもご家庭との連携を密にしてやっていきたいですね。

できることが増えていれば、親としては素直に喜ぶことが大切ですね。
親が子どもにストレスを与えすぎないように、私も娘に対して気をつけようと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加