2017年07月30日

        

ひとり寝を始めるタイミング

category - 子育て
2017/ 07/ 30
                 
今日2回目の記事になります(^O^)
子どもがいつひとり寝を始めるのが良いのか解説してくださっている記事を読みました。

近年、ひとり寝をする年齢がだんだん遅くなっていて、これは少子化や親がなかなか子離れできないという現状が背景にあるそうです。
子どもを自立させるという観点から考えた場合、4歳から小学1年生くらいに子どもに個室を与えるのが良いと専門家の方はおっしゃっています。
お子さんが複数いらっしゃる場合は子どものみで寝させるのもOKで、誕生日や学期の始まりなど、子どもにとって節目となるときに提案するとスムーズにひとり寝に移行できるとのことでした。
もちろん、一緒に寝たいと甘えてきたときは受け入れてあげたほうがいいですね。
学校でのトラブルなど、子どもが何か悩みを抱えているかもしれないので、そのあたりは臨機応変に対応するべきだと思います。

では、うちの場合ですが・・・・
なんと、今も同じ部屋で寝ております!
とにかく我が家はスペースが少ないので、理想を追求することができませんでした💦
私が仕事の日は夜9時まで娘1人で過ごすことが多かったので、寝ころびながらその日の出来事を話してくれていました。
そんな状態でここまできましたが、今は大学のことなど自分で管理・実行しているので、それなりに自立してくれていると信じたいですね。

早い時期にひとり寝を実行するのは確かに良いことだと思いますが、うちのような例もあるので、それぞれのご家庭に合った方法でお休みくださいね(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

子どもの意欲を引き出すには

category - 子育て
2017/ 07/ 30
                 
子どもの意欲を引き出す方法についての記事を読みました。

子どもが意欲的な姿を見せるようにするには、まず目標を設定する必要があり、物事が一区切りついた節目のときに目標を立てるようにすると良いそうです。
物事が一区切りついたときというのは、子どもの気持ちはいつもより上昇志向にあるので、明確な目標を定めやすいみたいですね。
そして、子どもが目標を考えているとき、親はまず今まで頑張ったことをほめてあげることが大切で、そうすることで子どもの気持ちがさらに上昇し、今後に向けて奮起する気持ちになるとも書いてありました。

大人は節目というものを今までに何度となく経験しているので、私なんてあまり新鮮な気持ちになれないのですが、子どもは節目を迎えるたびにフレッシュな気持ちになれるようなので、やはり目標を定める時期というのは重要だと思いました。
目標をクリアするために具体的には何をするのか、進捗状況はどうかなどを親子でチェックするようにして、目標が計画倒れにならないようにしてあげると、子どもの自信にもつながりますし、親御さんも余計なストレスを抱えずにすみそうですね。
中学生くらいになるとかなりしっかりしてくる子もいますが、まだまだお子さんのサポートが必要な子が多いのが現状なので、可能な範囲で付き合っていただければと思います。

上手に子どもの意欲を引き出すには、やはりそれなりのテクニックがいりますね。
今1学期が終わったので、2学期の目標を夏休み中に親子で話し合うのもとても良いことだと思います。
私も、勤務先では時間的な制約があるのですが、できる限り子どもの目標達成のお手伝いをしたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加