2017年07月28日

        

付き合い上手は感謝上手

category - 心と精神
2017/ 07/ 28
                 
人づきあいが上手な人は、感謝の言葉を1日に何度も口にしているといった内容の記事を読みました。

大きな好意や親切を受けたとき「ありがとうございます」とお礼を言う方は多いですが、人づきあいが上手な人は、小さな好意や親切に対してもきちんとお礼を言う傾向があるそうです。
「心で感謝しているから十分」と思うかもしれませんが、感謝の言葉を声に出して言うことで相手にもしっかり伝わるので、感謝の言葉は言いすぎるくらいでちょうどいいらしく、1日10回以上言うことをすすめていましたね。

たとえお金を払う立場であっても、サービスに対する感謝の表現としてお礼の一言が必要であるとも書いてありましたが、それは私も一応やっていましたね。
スーパーのレジで会計をしたあとやバスから降りるときなどは、習慣的に「ありがとうございます」と言っています。
でも、家族に対しては感謝の言葉はあまり言っていないかも・・・・
どちらにしても、1日10回以上はなかなかきついですね💦
勤務先の塾では、逆に私が生徒さんや保護者の方に毎回お礼を言われて、なんだか気恥ずかしいときもあります。
塾もやはりサービス業ですからね・・・・
でも、お礼を言われたことで、次回もっと良い指導をしようという気持ちにさせられます。
そういった部分があるから、自分がサービスを受けて対価を支払っていても、思わずお礼を言ってしまうのかもしれないですね。

以心伝心というのはそうあるわけではないので、記事に書いてあるように、できるだけ機会を見つけて感謝の気持ちを表現できたらいいなと思いました。
人づきあいはいろいろ難しいこともありますが、とりあえず波風立てず付き合えたらいいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加