2017年07月21日

        

男の子の叱り方

category - 子育て
2017/ 07/ 21
                 
男の子の叱り方についての記事を読みました。

女性は感覚的に物事を受け入れますが、男性は物事に理屈を求めたがる傾向があるようですね。
これは子どもも同じで、男の子の場合、注意されても「どうしていけないの?」と考えてしまうので、してはいけない理由をきちんと説明しながら注意すると良いそうです。
何かをしたときに感情的に叱られるということを繰り返し経験していると、男の子は親に対して距離を置くようになってしまうと書いてあって・・・・
母親としては、心配なあまりつい感情的になってしまうわけですが、いろいろ難しいですね。
男の子は母親にとって異性ですから、当然本質的に理解できない部分もあり、娘の同級生のお母様も悩まれていました。

勤務先の塾でも娘に対しても、私は理由を話して子ども達に納得してもらうことを心がけています。
子どもが論理的思考力を身につけるには、やはり大人がお手本を示して論理的に話したほうが良いだろうと思い実践しています。
娘には、論理的+感情的になっていたときもあるので、どれだけ効果があったか心配ですが💦
塾に来ている男の子も、大人扱いしてあげて諭すようにすると結構言うことを聞いてくれますね。
こちらが感情的になると余計におもしろがって行動がエスカレートするときがあるので、塾では努めて冷静に接しています。

男の子は理屈を通して分からせる必要があるので、こちらも説得力のある言い方をしないといけませんね。
子どもが筋道を立てて考える訓練にもなり、勉強にも良い影響を与えると思うので、私も意識していきたいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加