2017年07月13日

        

失敗は成功のもと

category - 子育て
2017/ 07/ 13
                 
発明王エジソンの言葉。
「私は失敗したのではない。うまくいかない1万通りの方法を発見したのだ。」

私たちの生活に欠かせない電球を発明したエジソンですが、そこに至るまでには気の遠くなるような時間を費やしたと言われていますね。
だれもがエジソンのように考えられたらいいのですが、とくに子どもの場合、人生経験が少ない分ダメージを受けやすく、必要以上に落ち込んでしまう場合があります。
そんなとき、大人はどう対応したら良いのか解説してくださっている記事があったので、簡単にご紹介したいと思います。

親が子どもに理想の姿を求めすぎると、子どもは親に認めてもらえないと感じ、自分を否定してしまう可能性があるそうです。
そんな子どもの場合、失敗すると親の期待を裏切ってしまったという思いが強くなり、なかなか立ち直ることができなくなるので、いきなり失敗を責めるのではなく、まずは子どもに自信をつけさせることが大切だと書いてありましたね。
失敗して落胆しているときは、その気持ちに共感し、励ましてあげる。
こうすることで、子どもは気持ち新たにチャレンジすることができるんですね。

失敗の原因を冷静に分析させることも大事です。
どうして失敗してしまったのか子どもに考えさせることは、次の成功につながっていくからです。
エジソンが言ったように「失敗はうまくいかないということが分かった1つの発見」なので、失敗も前向きにとらえて、今後に生かしていってほしいですね。

取り返しのつかない失敗は防がなければいけませんが、取り返しのつく失敗の経験は次の行動の応用力になるので、子ども達には失敗を恐れずに成長していってほしいと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加