2017年04月

        

藤井聡太さん快挙‼️

category - 教育・受験勉強
2017/ 04/ 26
                 
将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太4段(14)が羽生善治3冠との接戦を制しました。
憧れの人との対戦で緊張もあったようですが、大事な局面では冷静に判断し、羽生さんをもうならせました。

藤井さんはとにかく負けず嫌いだったようで、将棋やトランプで負けると泣いてしまう子だったようです。
幼稚園から四則演算を使う算数パズルを解き、塾にも通わず地元の有名中学に合格‼️
ご本人は集中力が続かないと話しているようですが、たぶんすさまじい集中力で将棋も勉強も努力してきたんでしょうね。
友達と遊ぶこともほとんどないそうですが、将棋が楽しいからそれも苦にならないみたいで、夢中になれて生涯続けられるものがあることは本当に幸せなことだなとうらやましくなりました。

羽生さんは一度壇上でお話しされるのを娘と聞いたことがあります。
元公文生で宣伝にも出ていらっしゃることがあるので、娘も存じ上げている方でした。
羽生さんが将棋をされているときに右脳が活発に動いているという話を振られると
「自分ではとくに意識はしていなかったんですが、じゃあこれからも右脳を動かすようにします。」
とおっしゃって、観客もうけていましたね。
ユーモアがありながら全く無駄のない話し方をされていて、人前で話すのも慣れていらっしゃるご様子だったので意外でした。
羽生さんにとっては藤井さんとは親子みたいな年齢差で、負けはしましたが藤井さんのことを温かい目で見られているような感じだったのが印象的でした。

藤井さんは、今後いろいろ記録を塗り替えられるかもしれないので楽しみですね。
羽生さんもまだまだお若いので、これからもさらに活躍していただきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

文武両道

category - 教育・受験勉強
2017/ 04/ 21
                 
東大野球部の宮台康平投手についての記事を読みました。
法学部4年の宮台さんですが、今秋ドラフトで1位指名されるのではないかと噂されていますね。
昨年右肩痛で登板機会が減ったようですが、今年はフォームを改造して奮闘されています。

お父様が高校野球部の監督経験があるそうですが、宮台さんも天性の才能と努力で現在のような実力をつけしかも学業もしっかりこなすという、まさに文武両道の生活‼️
高校は公立で一般的には私立よりも進度が遅いと思うのですが現役で東大に合格されているようで、時間をとても有効に使われていたんだなとただただ尊敬です。
宮台さんは講義は本郷キャンパスで受けていらっしゃると思うのですが、野球部のグラウンドはそこから40分ほどかかる駒場キャンパスにあるみたいで‥‥
住まいがどちらか分かりませんが、日々のキャンパス間の移動も結構大変だなと思ってしまいました。

娘は小学校低学年のときスイミングの選手クラスに在籍し、ほぼ毎日プールで泳いでいました。
体格は細いほうなのですがたまたまコーチからお声をかけていただき、良い経験になればと思ってしばらく続けていました。
その頃はあまり勉強する時間が取れなかったので、幼児のうちに先取り学習をしていたことが結果的には役に立ったようです。
幼稚園の頃も歩いて通園し、駅2つ分くらい歩いたこともありましたね。
年中のときに自転車をコマ無しにし、年長のときは一輪車に乗っていました。
スキーにもときどき連れていき、中学生くらいまでは滑っていました。

私自身運動があまり得意ではなく親からも働きかけがなかったので、娘には運動を楽しんでほしいと思い、いろいろ体験させましたね。
でも小学校高学年以降は完全に勉強中心の生活になり、文武両道とはとてもいえない状態でしたが(>_<)
有酸素運動は脳を活性化するといわれているので、気軽にできることは私も娘もやっていきたいと思っています。

勉強と部活の両立はとても大変で、帰宅しても体が疲れて学習意欲も薄れがちですね。
それでも、部活で集中力が養われているので、意識が勉強に向けばすごい成果を出せると思います。
やはり進路について日頃から親子で話しあって計画を立てておくことが大切ですね。
部活で結果を残せば推薦で有名大学に入るという方法もあるので、そのあたりについても情報収集されることをお勧めします。
大切な思春期なので、充実した学生生活を送ってほしいですね。

娘も宮台さんみたいな彼ができないかしら‥‥
つい欲を出してしまう母なのでしたf^_^;

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

㊗︎芦田愛菜ちゃん慶應中等部入学

category - 教育・受験勉強
2017/ 04/ 19
                 
芦田愛菜ちゃん、昨日は慶應OBである池上彰さんと映画の公開直前イベントに登場されていましたね。
受け答えも中1とは思えないくらいしっかりしていて、日頃とても努力されているんだなと感じさせる姿でした。

愛菜ちゃんは小4から入塾されたようですが、小6では毎日塾に通い休日は1日12時間の猛勉強‼️
噂によると女子学院も合格されたとのことで、俳優という仕事で培われた集中力と暗記力、忍耐力が受験の場面で発揮された成果なのだろうと思いました。
慶應は芸能生活OKだそうなので、これからさらに活躍してくれそうですね。

娘は小2から通塾を始めたのですが、受験終了までほとんどオプション講座のみの受講でした。
親子で割と早い時間に就寝するタイプだったので、連日放課後電車で塾に行き帰宅が夜11時とかが絶対無理だと思って💦
何人かの先輩ママが大手塾のテキストを貸してくださったので家で解いたり、市販のテキストも使用したりして自宅での学習中心の受験生活でした。
塾で同じクラスの方と手分けして他塾テストの過去問を購入したりもしましたね。
周りに親切な方々が多く、本当に感謝してもしきれません。

図書館で月30冊ほどさまざまなジャンルの本を借りて読んでいた娘は、中学受験の勉強でも特別不得意な科目もなく、無事に最難関とされる中学に合格することができました。
でも、やはり国語の成績は多少波がありましたね‥‥
毎回国語で高得点を取る子もいて、どうしたらいいのか悩んだときもありました。
読書が好きでも国語が得意とは限らないのですが国語が得意な子はきっと読書好きだと思うので、とりあえず読書習慣をつけることですね。
国語が苦手なお子さんも多いと思いますが、国語専門塾もあるようなので、可能であれば体験するのも良いかもしれません。
愛菜ちゃんは仕事の合間にも熱心に読書をされていたようだし大人との会話も多かったと思うので、きっと国語もよくできたんでしょうね。

中学受験を検討されている方は、お子さんが無理なく取り組めるようなプランで受験頑張ってくださいね(^o^)

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

履修科目を決める

category - 大学生活
2017/ 04/ 18
                 
娘は今、どの科目を履修するかあれこれ考えています。
お試し期間があって興味ある科目をとりあえず受講しているのですが、おもしろいと感じる科目もいろいろあったようで、私としては少し安心しています。

東大での勉強は大学受験の勉強よりハードだと聞いていたのですが、今のところサークル活動や友達との遊びもそこそこ楽しめているようです。
1コマ105分もあるので複数のコマ数がある日は結構疲れるみたいで💦
もう少し時間が短ければいいんですけどね。
1限目の講義を受講するとなると当然通勤ラッシュと重なってくるので、今回はできるだけ避けようと思っているみたいです。

以前娘と東大のオープンキャンパスに行ってある名誉教授のお話を聞いたのですが、話し方が非常に途切れ途切れで内容がさっぱり分からなかったんですよね💧
ご高齢ということもあったのでしょうが‥‥
ご自分でも自覚はされているのでしょうから、あらかじめ内容をまとめたものを配布するなど工夫されたらよかったのにと思いました。
研究者として優れているのと指導力があるのとは全く別物みたいですが、学生はどうやって見極めるべきなのか分からないので困りますよね。

ただ単に興味があるというだけでなく、その分野でどれだけ社会貢献できるのかも重要です。
娘にはとにかく自分の力で生活していってもらわないといけないので、将来性も考えて専攻を選んだほうがいいと話しました。

東大は成績によって学部が決まるので、気を抜かずにしっかり勉強してもらわないと‼️

このエントリーをはてなブックマークに追加

モテ服からトレンド服まで☆20代~40代女子に大人気のプチプラ通販サイト!【神戸レタス:Koube Lettuce】



                         
                                  
        

浅田真央さん引退

category - 教育・受験勉強
2017/ 04/ 14
                 
ここ数日、浅田真央さん引退のニュースでもちきりでしたね。
いつも瞳がキラキラしていてかわいいお嬢さんなのに芯がしっかりしていて決めたことはやり抜く真央さん。
私も試合を注目して観る1人でした。

お母様は数年前に亡くなったのですが、ご存命中はお嬢様たちがスケートに集中できるよう尽力されたようです。
そのかいあって、真央さんはオリンピックでメダルを獲得するほどの実力者になられたのは記憶に新しいところですね。
真央さんの才能や努力ももちろんありましたが、「お母さんのために頑張る」という思いもモチベーション維持につながり、素晴らしい結果を残されたのだと思います。

いつも思うのですが、スポーツや芸術ではこのようなことは美談になるのにどうして勉強では親が過干渉とか言われるんでしょうね‥‥
娘にはもしかしたら他の分野で適性があったかもしれませんが、なにせスポーツや芸術関係はお金がかかるので💧
私はそんなに手取り足取りしたわけではないのですが、将来自分の力で生きていけるようできるだけのことはしたつもりです。
家事手伝いはほとんどさせませんでしたが、これから少しずつ教えていこうと考えています。
何もかも良くできる人なんてそんなにいないですから、まあぼちぼちやっていきます。

真央さんのこれからのご活躍を楽しみにしています。
アイスショーも一度観に行きたいです(^o^)







                         
                                  
        

キャンパスは大盛況‼️

category - 教育・受験勉強
2017/ 04/ 06
                 
昨日帰宅した娘が「大学人がすごく多かったわー」と言っていました。
新入生も4月は真面目に大学に通っているので、学食もかなり混んでいたようです。
5月になると適当にサボり始めるみたいですが💧

駒場東大前駅周辺は高校なども多いようで、小さな駅なのに朝は人でごった返しています。
登校の時間帯だけでも急行が停車してくれるといいんですけどね‥‥
事故が起こってはいけないので、歩きスマホなどはしないようにきつく言ってあります。
娘もそんなことは分かっているのですが、つい魔がさすということもあるかもしれませんからね。

他大学に進学した娘の同級生が先日入学式に出席したのですが、精神疾患の学生が結構いるというお話があったそうです。
なかには保健室登校をしている方もいらっしゃるそうで‥‥
大学側もいろいろとケアをされているようですが完全に回復するには時間がかかるみたいで、大学時代対人関係で悩んでいた私は人ごととは思えない心境です。

娘はあまり思い悩むタイプではないので、今までは割と楽な子育てでした。
生まれ持った気質もあるのでしょうが、妊娠中からビタミンC・レシチン・カルシウムといった脳に良いとされている栄養素をサプリメントで摂ったりリラクゼーションミュージックを聴いたりしていたことも少しは関係あるような気がしています。
脳は幼少期のうちにほぼ大人の重さに達するらしいので、胎児の段階から脳を健康に育ててあげることはとても重要なことだと思います。
今はまた新しい情報もあるでしょうから、お子様が小さいうちにぜひ脳を健康にしてあげる対策をとっていただきたいですね。

私も脳が萎縮しないようにしなくちゃ‼️認知症心配ですー。





                         
                                  
        

講義開始

category - 大学生活
2017/ 04/ 05
                 
先ほど献血に行ったのですが、今日はヘモグロビンが足りないということで協力できませんでした(>_<)
貧血にならないように日頃から気をつけていてすでに180回以上献血しているのですが、断られたのははかなり久しぶりで残念でした。
帰省して楽しかったのですが気疲れもしたので、体が正直に反応したのかもしれないですね‥‥
鉄分をしっかり摂って、また月末にでも行ってみようと思います。

娘は今日から講義が始まり、2ヶ月もあった春休みがようやく終わりました。
理系の娘は今日早速実験があるようで、白衣を持って行きました。
白衣を忘れると実験に参加できないので、急遽白衣をまた購入するなんてことになってしまうらしいです。
2年生では体育は必修ではないのですが友達は今回も体育を受ける方が意外にも多いそうです。
娘は自宅通学で片道1時間弱かかるので荷物が増えるのはやはり困るみたいで、体育は履修しない予定らしいです。
健康のためには少しでも運動した方がいいんですけどね‥‥

1年生のときはパソコンはあまり持ち歩いてはいなかったようですが、学年が上がってくると大学で使う機会も増えるのかな??
入学にあたって大学生協で娘専用のパソコンを購入したので、うちはパソコンが3台あります。
娘は自宅通学で片道1時間ほどかかるので、忘れずに持参しないといけないものは本人がしっかり把握しておく必要がありますね。

私はいつも必要なものは早めに準備するように言っているのですが、娘は定期券をまだ買っていません!
年度をまたいで購入するときは係の方と手続きしないといけないそうで、昨日も最寄り駅では長い行列ができていました。
「だから3月中に買わないとと言ったでしょ‼️」
と怒る私。
高校までは定期券を使っていなかったので仕方がない部分もありますから、来年以降の教訓にするしかないですね。

春休み中は朝起きるのも遅かったので、1日も早く生活リズムを整えてほしいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

理系大学生活ハンドブック [ 原田 淳 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/4/15時点)




                         
                                  
        

つんく♂さん

category - 大学生活
2017/ 04/ 04
                 
つんく♂さんが今年も近大の入学式に登場されましたね。
昨年は娘の友達が近大に入学し、生つんく♂さんを見たようです。
歌手でありながらうまく発声できない現状にもどかしく思っていらっしゃるだろうと思うのですが、つんく♂さんは食道発声法のトレーニングをして頑張っていらっしゃると聞き、私もとても感動しました。

式典でのパソコンを使ったメッセージで「誰かに話しかけてみよう」と語っていらっしゃいますが、出会ったばかりのときはやはり勇気がいりますよね。
でも、話しかけられるのを待っていては良い仲間に出会う確率が減ってしまうような気がするので、相手に配慮しながら会話を楽しんでいただき、素晴らしい学生生活を送っていただきたいと思います。

私も大学のときは友達との会話に苦労しました。
会話の少ない家庭に育ったので、どんな話をするかをいちいち事前にシミュレーションしたりして帰宅後は精神的にぐったりしてしまっていましたね。
今はずいぶん人とのコミュニケーションにも慣れてきましたが、さまざまなコールセンターでアルバイトをしたのとインターネットの普及で話のネタを仕入れやすくなったことがとても役に立ったと思います。

つんく♂さんとはまた違った理由でうまく話せなかった私ですが、自分なりに努力したことである程度苦手を克服できたと思うので、つんく♂さんのことも応援したいですし、新生活をスタートされる若い方にも自分を成長させてくれる仲間と出会えるように頑張ってほしいと思います。






                         
                                  
        

無事進級‼️

category - 大学生活
2017/ 04/ 03
                 
娘は2年生になり、家では何を履修するかをいろいろ検討しています。
東大の生協などで「逆評定」なるものが売られているらしく、どの先生の科目が単位を取りやすいかという情報が載っているようです。
親は全くアドバイスできないので、ただ順調に単位を取ってくれるよう願うばかりです。
海外研修で単位が取れるものもあるようですが、数十万と費用がかかることを考えると慎重にならざるをえないんですよね‥‥
もちろんこのご時世、海外の治安が心配ということもありますし。

東大は成績によって学部が決まっていくので、できれば好成績を取ったほうがいいです。
他の大学は学部を選択して受験するのであらかじめどの学部を受験するのかまで決めておかなければならないのですが、東大の場合はおおまかな範囲で決めておくぐらいでいいので娘にとっては良かったようです。

1年生の間にたくさん単位を取ったので2年生は少し楽になるらしく、将来についてじっくり考える時間もできるかなと思っています。
どんな道に進むのか‥‥
自分でしっかりと見極めていかないといけませんよね。
私も就活事情には詳しくないのですが、ネットでリサーチして可能な限りアドバイスしてやりたいと思っています。

                         
                                  
        

大阪桐蔭優勝‼️

category - 教育・受験勉強
2017/ 04/ 01
                 
選抜高校野球決勝の大阪勢対決は大阪桐蔭の勝利で幕を閉じました。
私も高校野球にはそんなに詳しくないのですが、大阪生まれなので大阪の強豪校の活躍には興味がありました。
娘が高校を卒業したあとはその興味も薄れつつあったのですが、今回の履正社対大阪桐蔭の決勝戦はテレビに釘付けになりましたね。

大阪桐蔭は部員が寮生活を送っているぶん部員同士の一体感が増し、練習やミーティングの時間もしっかり取れているようですね。
履正社の方は自宅から通学しているので、限られた練習時間を有効に使うようにされていると思います。
どちらが良いかというのも結論は出ませんが、今回は大阪桐蔭のやり方が功を奏したのでしょうね。
大阪桐蔭の選手は今大会中守備のミスがほとんどなく逆に守備のファインプレーが多かったですが、これはさまざまな場面を想定して徹底的に練習を重ねた成果だと思います。
ピンチの場面でも冷静に対処できる精神力も、綿密な戦略と日々の練習の賜物ですね。
慌て者の私はただただ尊敬するばかりです。
この日のために精一杯野球に打ち込んできて自分に自信があるからこそここぞというときには大胆なプレーをすることもでき、今日の大阪桐蔭は4本のホームランを叩き出すことができました。

受験もある意味試合と同じで他の生徒に勝たないといけないのですから、あらゆる対策が必要だと思います。
学校や塾でもいろいろ教えてくれるとは思いますが、やはり自分自身でも合格するためのベストな方法を考えなければいけません。
学校の受験は失敗すると次の受験までかなり月日が空いてしまうので、他人任せにせず真剣に受験と向き合ってほしいと思います。