心と精神

        

孤独も大切な環境

category - 心と精神
2018/ 12/ 02
                 
孤独も大切な環境であるといった内容の記事を読みました。

記事によると、才能を発揮するための重要な基盤の一つは、一人になることだそうです。
たとえば、友達と一緒に勉強していたりすると、とても時間が早く過ぎて勉強がはかどった気になるかもしれませんが、実際は友達の様子に意識が向いてしまい、集中できていないことが多いようで・・・・
また、将来について考えるときも、一人にならないと周りからの雑音がうるさくて、自分を見失ってしまうんだそうです。
一人きりになれる場所というのがない場合は、一人中心で活動できる場所を探してみる。
そうしたほうが、本当の自分と向き合うことができて、良い結論にたどり着けそうだということなんでしょうね。


私の場合、人といると気疲れするくせに、孤独はいやだというわがままなことを考えてしまっていて💦
でも、最近ではSNSでいろいろな人とつながれるので、だれかと一緒にいなくても多少は気がまぎれるようになりました(^O^)
他人に流されすぎてもいけないし、やはり一人の時間も大切にしたほうがいいですよね。
せっかく得られた「孤独」という環境、私も有意義に使っていきたいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

自分を責めすぎないように・・・・.

category - 心と精神
2018/ 11/ 02
                 
女優の角替和枝さんが亡くなりました。
ご本人のことも、ともに俳優であるご家族のこともとくにファンというわけではないのですが、NHKの連続テレビ小説「まんぷく」のヒロイン・安藤サクラさんの姑にあたるということで最近ときどき記事でお名前を目にしていたので、この訃報に関してはワイドショーも拝見していました。
まだお若いのに無念でいらっしゃることと思いますが、まずはご冥福をお祈りいたします。

ワイドショーの中で、角替さんはうつ病を患っていた時期があると報じられていました。
今まで、テレビの中の角替さんはお元気そのものというイメージで、どの作品かは忘れましたが意地悪な役をやっていらっしゃったのが印象に残っていたので、気が強い方というイメージがあり、まさかうつ病を経験されていたとは思いませんでしたね。
学生のころから大好きだったお芝居を仕事にできて、お金もあり余るほどあり、ご家族の仲もとても良く・・・・
そんな状態なのにうつ病になるなんて、本当に意外な気がしました。
私なんて、仕事の他は角替さんとほとんど正反対という感じで、最近では毎日悩みが襲ってきて家ではやる気がおこらない状態なのですが、ただの怠け者なのか、はたまた更年期だからか分からない状態で・・・・
先日は仕事で辛いことがあり数日間眠れなかったので、マツキヨで睡眠改善薬「ドリエル」を買ってしまいました(T_T)
でも、「角替さんのような方でもうつ病になるのだから、私がなったとしても不思議ではないんだ」と、今回のニュースで少し気が楽になりましたね。
もしかすると、私よりずっとずっと壮絶なことがあったのかもしれませんが、「私はダメな人間だ」と自分を責める気持ちが和らいだので、今は都合のいいように考えようかと思います。
もちろん私も最低限の家事や勉強はやっていますし、有酸素運動がうつにも効果的だということでエアロビクスも再開するなど、自分なりに対策しているので、しばらくゆるりとやっていこうかなと・・・・
今までこのブログで書いてきたことも全部完璧に実践できておらずお恥ずかしい限りですが、また気持ち新たに学んでいこうとおもいます!

余談ですが、「まんぷく」といえば、インスタントラーメンを生み出した日清食品創業者の安藤百福さんとその妻・仁子さんの半生をモデルにした作品ですよね。
娘が小さい頃、大阪府池田市にある「カップヌードルミュージアム」に行ったことがあるのですが、チキンラーメン作りを体験できてとても楽しかったです。
人気があって予約しにくい状況のようですが、安藤百福さんの軌跡なども紹介されていて見ごたえある施設なので、機会があればぜひ行ってみてくださいね(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

家では気楽に(^o^)/

category - 心と精神
2018/ 10/ 29
                 
私の場合、仕事が生徒さんやその保護者の方との多くなり、どうしても気を遣ってしまうので、家ではできるだけゆったりしたいと思っています。
もちろん最低限の家事はしますが、家事はあまり好きではなくて・・・・
夫にもいろいろ気配りできたらいいのでしょうが、そうすると家でも気が休まらなくなってしまうので「気も遣わないが文句も言わない」という方針で過ごしています。
反対に、夫はたまにですが細かいことに対して指摘をするので、ついイラっとしてしまいます。
一番重要なことに気を配らないのに、どうしてそんなことが気になるのかしら??と・・・・
それでも、言い返すとあとが大変なので、そこはぐっと我慢!
私にもきっと落ち度があると思うので、それを省みる良いきっかけになったと思うようにしています。

考え方は人それぞれで、なにが正しいとかはないと思うのですが、不器用な私にはこのやり方が合っているようです。
最近では、休日も夫婦別行動。
家族の間で無理しすぎると、どこかでひずみがきてしまうので、気をつけるようにしています(^O^)
子どもが巣立った後どうなるか分かりませんが、気持ちのままにいけばいいかなと・・・・
今は「夫源病」というものがあるそうで、先日男性の友達にも話しましたが、皆さん驚いていました。
この病にかからないためには、夫婦それぞれが自分の世界をもつということも大切なのかもしれないですね。
私の場合、親戚付き合いがほぼゼロなので、友達と会うのが数少ない楽しみです。
この楽しみが長く続けられるように、体調に気をつけて、ランチ代を捻出するために節約もしないと!
ただ、無理はしすぎないように頑張ります(^O^)

私にとって、子育てと仕事は気を抜きたくないものなので、他は本当に「気楽に」という感じですね。
そうでないと、私自身がまいってしまいますから💦
将来なるべく娘に負担をかけないようにするためにも、この方針は守っていきたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

心も運動する

category - 心と精神
2018/ 10/ 28
                 
たくさん感動して、心を引き締めると良いといった内容の記事を読みました。

心にとって感動とは、運動と同じ。
記事にはそう書いてありました。
体と同じく、心も運動しないとだらけてしまうらしくて・・・・
何もしていなくてもだるい気持ちになり、やる気が起こらなくなって、日常生活においての喜びも感じにくくなるそうです。
そんな時は、感動する経験を増やしてあげると、本来の心の健康を取り戻すことができると書いてありましたが、たしかに、感動すると気持ちが前向きになるような気がしますね。
普段時間に追われて、感動するようなことをしようという気になれなかった私ですが、これからは、たとえ小さなことでも感動し、幸せを感じられるようになれたらいいなと思いました。

娘はたいていは機嫌が良くて、うれしそうに話をしてくれるので、たぶん毎日しっかり心の運動ができているんだと思います。
感動できるのは、人間だけに与えられた能力。
記事にはこうも書いてありましたが、そんな貴重な能力を使わないのはもったいないかもしれませんよね。
私はネガティブ思考が強くて困るときがあるのですが、人生を充実させるためにも、体と心の運動を生活に取り入れていきたいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

負け方も大切

category - 心と精神
2018/ 10/ 26
                 
勝ち方は大切だが、負け方はもっと大切だといった内容の記事を読みました。

私たちは普段、どうすれば相手の上に立てるかということを考えがちです。
勝ってこそ認められる。
そんな風潮があるからこそなんでしょうが、組織に属する以上、負け方を学ぶことも大切なんだそうです。

たとえば、上司より自分のほうが正しい判断をしているという場合。
あからさまに上司を見下すようなことをすると、どうしても角がたってしまいますよね・・・・
こういうときは、やはり謙虚な姿勢で振舞うのが良いそうですが、それを自然にするのは結構難しい!
私も今、仕事でそれを実感しています。

私の上司である教室長は、私たちにはあまり厳しくはないのですが、たまに意見が食い違うことがあって💦
自分の主張はやんわりとするようにしていますが、ときには「負けること」も必要なのかもしれませんね・・・・
仕事を円滑にするためには、ある程度妥協しなければいけない気もするので、記事を読んで、私も気をつけようと思いました。
「負けるが勝ち」という言葉もあるし、ケース・バイ・ケースで対応することにします(^O^)
とりあえず、ミスは少なくするようにして、なるべく怒られないようしたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加