話題

        

常温の自販機が増加中

category - 話題
2019/ 03/ 21
                 
飲み物を常温の状態で販売する自販機、私はまだ見たことがないですが、この話題はうれしいですね。
超のつく冷え性で、職場でもたぶんトイレの回数が一番多いくらいなので、私は夏でもなるべく冷たいものは飲まないようにしています。

冷たい飲料を一気飲みすると、胃腸が刺激されて腹痛や下痢を起こしやすいということなのですが、私の場合は腸の動きが悪くなってしまうんですよね・・・・
なので、今年の冬も、かなり寒いときは腰にカイロを当てて過ごしていました。
また、水分は腸で吸収されるのですが、冷たい水は一時的に胃の働きを弱めてしまうため、結果として水分の吸収が遅れてしまうそうなので、効率よく水分補給をするためにも、温かいものや常温のものを飲むのが好ましいそうです。
以前、中国の方は夏でも冷たいものは飲まないという話を聞いたことがありますが、これは東洋医学の考え方から来ているのかもしれないですね。
「冷えは万病の元」という考えには私も賛成なので、食事や水分にも気を遣っていきたいと思いました。

自販機だけでなく、スーパーやコンビニも常温の飲み物が増えてほしいです。
値段も少し安くなってくれたらラッキーかも??
トイレが近いからといって水分を摂らないのは良くないそうなので、体を冷やさないように水分補給していきたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

過酷なコンビニ経営

category - 話題
2019/ 03/ 12
                 
24時間営業をやめたコンビニエンスストアのことが話題になっていますが、私もこのことは前から気になっていました。
以前住んでいたところでは、ローソンの向かいにも別のローソンがあって、さらに近所にはその他のコンビニが数件あったので、これで24時間店を開けていても全然儲からないんじゃないかなと・・・・・
それに、人通りが少ないような場所でも24時間営業だったりしていますが、お客さんが来なければ、経費ばかりかかって売り上げは伸びていかないですよね。
いざというときにコンビニがあるのはありがたいのですが、オーナーさんやそのご家族の一日はものすごく過酷みたいで、私もワイドショーで観て同情してしまいました。

あるオーナーさんは、人手不足のために毎日18時間も働き、5年間一日も休みがなかったそうです。
アルバイトがやっているような業務ももちろんやらないといけないのですが、オーナーでないとできない発注業務というものがあり、発注しすぎて廃棄する商品が出ると利益が減ってしまうため、かなり神経を使うみたいですね。
これだけ働いても、年収は500万円にもならないそうで、時給に換算するとアルバイトの半額くらいになってしまい、全然割に合わない。
また、コンビニはほとんどがフランチャイズ経営で、企業側に売り上げの半分くらいをロイヤリティーとして支払わないといけないのですが、人件費や光熱費などの経費もオーナーさん負担らしく、なんだか企業だけがいい思いをしてるようで、不公平感がハンパないですね。
企業側は24時間営業をやめたくないんでしょうが、もっと現場の方のことを考えてほしいと思わずにはいられませんてした。

近い将来、コンビニの仕事も機械がやってくれるようになる時代が来るかもしれませんが、オーナーさんたちは今が辛いわけなので、企業側も早急に対応してほしいですね。
24時間営業をすると昼間の売り上げが上がるという傾向もあるそうですが、店側ばかりに負担を押し付けず、労働環境の改善に全力を尽くしていただきたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

ランドセル仲介事業が反響

category - 話題
2019/ 03/ 06
                 
使われなくなったランドセルを募集して、必要としている家庭に贈る福井県福井市の仲介事業が好評だという内容の記事を読みました。

娘が使っていたランドセル、あまり痛んではいなかったのでもったいなかったのですが、かといってもう使わないだろうと思って、処分してしまいました。
当時、こういう事業の存在を知っていたら、私もたぶん寄付させていただいたと思うので、この取り組みはとても良いと思いましたね。
また、集められたランドセルを修繕するための費用の寄付も募るようにしたとのこと。
新品のランドセルで入学する子が多い中、それに近い状態のものを無料で持てるというのは、お子さんたちにとってもうれしいことですよね。

私のときは一応新品を買ってもらいましたが、小学校に行くのが楽しみで、しょっちゅう箱から出しては眺めていましたね。
実際はあまり良くない小学校生活でしたが、あのときの新鮮な気持ちが、この記事を読んでよみがえってきました。
外国からの観光客の方もランドセルを買って帰るみたいで、世界でも認められた、機能性のあるかばんなんですね(^O^)
しっかりした作りになっているぶん重量もあるランドセルですが、そこに教材が入るとものすごく重くなってしまうので、今より軽いものが出てくるのを期待したいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

山中伸弥教授が東京マラソン完走!

category - 話題
2019/ 03/ 04
                 
2012年にノーベル医学・生理学賞を受賞した、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長が、昨日の東京マラソンを3時間25分で完走されたそうです。
昨日はあいにくの天気で、しかも先月京都マラソンを完走されたばかりというのに、56歳というお年で普段多忙を極めている山中先生がこれだけの結果を残されるなんて、心肺機能がとても優れていらっしゃるんでしょうね。
毎日10kmずつは走るようにされているみたいですが、学生時代には柔道やラグビーをしていらっしゃったので、若い頃から文武両道でいらっしゃったんだなと尊敬しています。

私は至近距離で山中先生の講演を聴いたことがありますが、お話もとてもお上手で、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
お父様がたしか50代で亡くなっていて、それが医師を目指すきっかけにもなったそうですが、そのお父様の写真を映し出して「僕と違って髪の毛フサフサでしょ?」とおっしゃってみたり、大阪人らしく笑いを取ることも忘れないお人柄で(^O^)
研究費や研究所の運営費が足りないということで自らPRのためにあちこちのマラソン大会に出られていますし、講演の最後にも寄付のお願いをされていたのですが、Tポイントなどでも寄付できるようになったと聞いたので、早速私も、少しですが協力させていただきました。

東京マラソンはスタート前かなり待たされるという話も聞き、昨日の悪天候でなおさらお身体が心配ですが、なるべくしっかり休養していただき、これからの研究に備えていただければと思います。
私も毎日5kmは走るようにしているのですが、10km走れるように体力をつけたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

ホテル備品の持ち帰り

category - 話題
2019/ 03/ 01
                 
ホテルの備品の中で、持ち帰ってはいけないものを持ち帰っているといった内容の記事を読みました。

歯ブラシや小分けされたシャンプーなどのアメニティ類、紅茶のティーパックなど、消耗品は持ち帰ってもいいのですが、パジャマやタオルなどのリネン類やドライヤー、ひどいケースではなんとデレビの持ち帰りもあったそうで!
記事を読みながら、私も驚きまくりでした。
こういうことが続くと、ホテルの損害を補うために宿泊費が上がることも十分ありえますし、ホテルを利用する私たちにとっても人ごとではないですね。

こういったことを防ぐには、はじめにデポジットを取っておくとか、チエックアウトの前に部屋を点検するということが必要になってくるかと思いますね。
チェックアウトは早く終わりたいですか、宿泊費が上がるよりはマシかなと・・・・
私は、消耗品に関してはよく持ち帰らせていただくのですが、ティーパックは期限があるので、忘れないように使わないと!
リネン類は、購入できるホテルもあるようなので、本当に欲しい方は、勝手に持ち帰らず、一度ホテルに確認してみたらいいですね。

先日はアパホテルに泊まりましたが、社長の書かれた本が置いてありました。
もちろん、こういった書籍も持ち帰り禁止のはずなので、お部屋で拝見しました(^O^)
これからも、マナーを守りつつホテルライフを楽しめたらと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加