話題

        

我が子の就活でオヤカク??

category - 話題
2019/ 07/ 23
                 
企業が、内定者の親に入社意向を確認することを指す「オヤカク」という造語があるそうですが、オヤカクの結果、学生が内定を辞退するケースが増えているという記事を読みました。

オヤカクが子どもの就活に影響を与えるようになった背景としては、就職売り手市場や、少子高齢化に伴う親子関係の緊密化があるようですが、親のほうはどうしても保守的になりがちで、誰もが知っている企業に就職したほうが安定した生活を送れると思いがちなんでしょうね。
でも、なかには、自分の介護のために子どもを身近に置いておきたいという理由で、遠方での就職を許さなかった親御さんもいらっしゃるようで・・・・
心細いのはよく分かりますが、そんな理由で子どもの就職に介入するのは、やはりやりすぎでしょうね。
長く人生を送ってきたものとしてアドバイスするのはいいのですが、最終的に決めるのは子どもであるべきなので、記事を読んで、子どものことを束縛しないようにしなければと思いました。
親の言いなりにさせてうまくいかなかったときに、子どもから文句を言われても責任は取れないですし、親のほうも、今の就職事情がよく分からなかったりしますから、いろいろ言っても説得力に欠けるのではという心配もありますしね・・・・

娘は、2年ほど前から、ベンチャー企業でインターンをしていて、その影響からか、大手企業には全く興味がないそうです。
今は、すぐに転職する方も多いので、「はじめは大手に就職したら?」とは話していますが、ベンチャー企業のほうが働き方にも柔軟性があるような気もしますね。
都内で働くとすると、朝の通勤ラッシュが心配ですが、出勤時刻を遅らせたり家で仕事したりできれば、体もかなり楽になると思うので、そういったことも伝えるようにはしています。
でも、夫のほうは、義母の介護のことを考えた転職をしてしまって(><)
義母もそれを当然と考えているフシがあり、私もなかばあきれています。
おかげで、夫は、キャリアも積めず給料も上がらずで、私たち家族も困っているわけですが、いい教訓にはなりましたね。
娘の就職はまだ先になりそうですが、いろいろ話し合って、より良い決断をしてくれたらと思っています。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

「シンプルに逝きたい」急増中

category - 話題
2019/ 07/ 19
                 
死ぬときはあえて「葬儀も墓もいらない」という人が急増中であるという内容の記事を読みました。

お葬式やお墓の費用って、結構高額ですよね。
以前、義母が義父の墓じまいをしたのですが、その費用も100万円かかったと言っていて、そういうことを聞くと、私もお墓には入らなくてもいいかなと考えてしまいます。
お葬式をせず、お墓も作らないとなると、故人を偲ぶ機会が減るのではという意見も出てくるかと思いますが、『0葬ーーあっさり死ぬ』の著者である、宗教学者・島田裕巳さんによると、
「葬儀を行わず、墓も持たない『0葬』ならば、遺骨や墓に縛られることなく、かえって自由に故人を偲ぶことができる。」
ということらしいので、そういうふうに考えることができれば気が楽かもしれませんね。
たしかに、『0葬』は、残された家族にとって負担が少ないとは思いますが、これを実現するためには、生前から葬儀社に連絡をして遺灰の受け渡しを誰にするか決めておくことが大切とのこと。
また、遺書やエンディングノートを作成して、葬儀や墓をどうするか、自分の意思を示しておくことが、親戚同士の軋轢を生まない秘訣だということなので、私も、時期が来たら、そのようにしなければと思いました。

我が家は親戚付き合いがほぼないので、私がお葬式に出たのは20年前の祖母のときが最後ですが、式を取り仕切っていた叔父や叔母はきっと大変だっただろうなと想像します。
多分、そのときは睡眠もろくにとれていなかっただろうなと思うと、遺族は故人を偲ぶどころではないですよね。
私自身、信仰している宗教もないですし、自分のために家族がしんどい思いをするのは望まないので、やはり『0葬』一択かな?
それに、我が家は貧乏家庭なので、私のためにそんなにお金はかけられないし・・・・
できれば長生きはしたくないのですが、今のところどこも悪くないので、人生の旅はまだまだ続きそうですね(><)
子どもの頃からしんどい思いをしてきたので、もう勘弁してほしいなという気持ちもありますが、それでも、命ある限りは、頑張って生きていこうと思います。
人生の最後に、後悔がないようにできれば、こんなにうれしいことはないので、日々誠実に過ごしていきたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

0葬 あっさり死ぬ [ 島田裕巳 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/7/11時点)


                         
                                  
        

「ケンタッキー」超復活!

category - 話題
2019/ 07/ 16
                 
「ケンタッキーフライドチキン」(以下、ケンタッキー)の国内店舗を展開する日本KFCホールディングスの業績が、急速に回復しているという内容の記事を読みました。

「ケンタッキーフライドチキン」のHPはこちら↓
https://www.kfc.co.jp/top.html

これまで、日本のケンタッキーは、収益の大部分をクリスマス期に稼いできたようですが、たしかに、それではまずいですよね。
そこで、期間限定商品や割安なセットメニューを目玉にする戦略を打ち出したのですが、昨年夏には、500円のランチセットが販売されていたようで!
また、CMだけでなく、YouTubeやTwitterなどのデジタルメディアにも広告を出し、若年層にもアプローチできるようにしたそうですか、こういった宣伝効果も大きかったんでしょうね。
今はコンビニでも安いチキンが売っていて、そちらのほうが手軽に買えるイメージですが、ケンタッキーもいろいろ頑張っているんだなと思いました。

そういえば、私も、ここ何年もケンタッキーを食べていないですね。
今住んでいるところにも、マクドナルドやモスバーガーはあるのですが、ケンタッキーはなくて・・・・
実家の近くにはケンタッキーがあるので、子どもの頃はときどき食べていました。
母親があまり料理をしない人だったので、ケンタッキーはありがたい存在でしたね。
調べてみると、我が家からは電車で一駅のところにお店があるみたいなので、またひさしぶりに行ってみようかな?
節約家の私としては、500円のセットが再販売されるのを楽しみに待ちたいと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

パンケーキシンドロームの恐怖

category - 話題
2019/ 07/ 12
                 
パンケーキシンドロームについて書かれた記事を読みました。

パンケーキシンドロームとは、アレルギー物質であるダニや、その死骸やフンが大量に含まれる食品を摂取することで引き起こされる、重篤なアレルギー症状のことを言うそうです。
主にチリダニ(ヒョウヒダニ)やコナダニといったダニが、お好み焼き粉やホットケーキミックスなどに繁殖しやすいことから、このような名前がついたそうですが・・・・
全身のじんましんやむくみ、呼吸困難などの重いアレルギーを引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあるみたいで、粉もんをよく食べている私としては心配になってきましたね。
予防するには、粉の袋を開封後、ガラスやプラスチックの容器で密封し冷蔵庫で保存するか、早めに使い切ってしまうのが良いとのこと。
1回分ずつ小分けされていないものはなかなかすぐには使いきれませんが、冷蔵庫に空きがない場合もあるので、そのときはもったいなくても処分してしまうのが無難かもしれないですね。

我が家では、節約のために、週2回はホットケーキを作って食事がわりにしていますが、いいかげん飽きてきてしまって・・・・
1回分が袋に入っているホットケーキミックスを使っているので、作るのは楽なのですが、私は毎週4枚も食べていたので、しばらくは見るのも嫌かも?という感じですね(-_-;)
先ほど書いたダニは、高温でも死なないらしいのですが、今のところは症状が出ていないので、多分大丈夫だと思います。
温度が25〜30度、湿度が65〜85%あるとダニが繁殖しやすいらしいので、部屋の環境にも気をつけていかないといけないなと実感しました。
お店で食べるものも不安ですが、どうしても外食しないといけないときもあるので、衛生管理には十分気をつけて、食品を提供していただきたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

「夏休み旅行」に異変

category - 話題
2019/ 07/ 10
                 
今夏の旅行計画に異変が起きているという内容の記事を読みました。

大手旅行会社のJTBが発表した「2019年夏休み(7/15〜8/31)の旅行動向」によると、総旅行人数が7734万人と、前年比でマイナス0.1%に落ち込んだそうですが、過去の統計から、景気の良し悪しが国内旅行に影響を与える傾向があるらしく、収入が減っている人が多いため国内旅行に行けないという人が増えているという推測になっているみたいですね。
一方で、海外旅行は、前年比3.5%増の299万人と推計されていて、過去最高の旅行人数が見込まれているみたいですが、海外の場合は、旅行代金が割高になるお盆休みのあたりが一番多いと思うので、景気影響されない富裕層の方もかなりいらっしゃるということになり・・・・
今年は、GWが10連休だったので、夏休みではなくGWに国内旅行に行ったというケースもあるかと思うのですが、たしかに、我が家も景気が良くなったとは全く感じられないので、この分析はある程度的を得ているという印象を受けましたね。
そういえば、我が家も夏休みに何泊もする旅行は行ったことがなかったような気がしますし・・・・
景気が良くなれば、旅行の選択肢も増えるでしょうが、いったいいつになることやらですね。
私は、生涯節約し続ける人生になりそうで、今から気が重いです。

ただ、今年の夏に関しては、娘とブルネイに行く予定にしています。
今後、娘との予定が合わなくなってくると思うので、学生である今のうちに一緒に旅行する機会を増やそうと考え、昨年から年に数回海外旅行に行っていますね。
もちろん、娘が就職してしまったら、もうこういうことはできないだろうと覚悟しています。
お盆休みやお正月は、旅行代金が高いうえに空港も大混雑なので、多分避けるでしょうし・・・・
秋には家族でドバイに行くことにしていて、貯金が減ることを思うとゆううつですが、期間限定のことですし、さらに節約を頑張って、なんとか費用を工面したいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加