健康

        

コーヒーの効果・効能

category - 健康
2018/ 11/ 10
                 
私が子どもの頃は、コーヒーはあまり体に良くないといわれていました。
ところが、最新の研究結果から「コーヒーは健康にいい」ということが次々とあきらかになっているようですね。
「がんになりにくい」「肝臓にいい」「消化促進」などなど‥‥

2015年5月には東京大学と国立がん研究センターから「緑茶やコーヒーを飲む習慣のある人は、心臓や脳卒中による死亡リスクが低下する」という発表もあったそうです。

コーヒーや緑茶にはカフェインやポリフェノールが含まれていますが、これらが両方存在することで相乗効果があるとのこと。
日本にコーヒーが入ってきたのは江戸時代のことなのですが、当時はコーヒーは薬としても使われていたらしいです。
なのにいつのまにか、コーヒーが悪いものになってしまったんですね。

私もコーヒーを飲むとがんになりにくいというのは聞いていたので、1日2杯ほど飲むようにしています。
昨年友達がトイレで心筋梗塞になり突然死したので、心臓病もこわいなと実感しており、やはりコーヒーは続けようと思いました。
娘は子どもの頃はほとんど飲ませなかったのですが、最近はときどきスタバなどで注文しているみたいです。
紅茶は毎日2杯飲ませているので、同様の効果があるとうれしいです(^o^)

お子さんに日常的にコーヒーを飲ませるのはちょっと抵抗があるかもしれませんが、脳が活性化する効果もあるので、ミルクコーヒーにしてときどき飲ませてあげるのも良さそうですね。
中学受験塾時代の娘の友達は、塾のテスト前に眠気覚ましのドリンクを飲んでいたとか‼️
たしかにカフェインは入っていますが、ちょっとそれはやりすぎかも💦

適量のコーヒーにはアンチエイジングやリラックス効果もあるみたいなので、それを信じてコーヒーを楽しみたいと思います☕️

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加




                         
                                  
        

スマホ認知症

category - 健康
2018/ 10/ 27
                 
働き世代の人に「スマホ認知症」の症状を持った人が増えているといった内容の記事を読みました。

スマホ認知症というのは正式な病名ではないらしいのですが、この記事では、スマホなどのIT機器に頼りすぎることで脳の機能を低下させてしまうことを指す言葉として使われていました。
脳が健康な状態を保つために必要なことは、情報を脳に入れることと、その情報を深く考えることをバランスよく行うことなのですが、スマホの登場で現代人は情報入手だけが多い状態になっていて、気がつけば、脳に情報があふれすぎて過労状態になってしまっているそうです。
そのため、物忘れや感情のコントロールができない、自分らしさを失うといった、うつ病や認知症と同じ症状が引き起こされるそうで、こういった症状が続くと、老後の認知症の危険性も高まってくるらしくて・・・・

でも、スマホ認知症は、生活習慣を変えれば改善してくるみたいなので、ちょっと安心しました。
スマホやパソコンなどを触っていた時間をぼんやりする時間に切り替えてあげると、脳もリラックスできるらしいので、私も心がけようと思いました。

家にいると、どうしてもiPadでいろいろ調べてしまう私。
もう少し、自分で考える時間も作らないといけないですよね💦
びっくりしたのが、勤務先の塾に来ている幼児さんまでが自分のスマホを持っていたこと!
賢いお子さんではあるのですが、とにかく集中力が続かない(>_<)
共働きのご家庭なのですが、お子さんへの期待が大きすぎるせいか、お子さんも疲れ切っているようです。
このままでは、働き世代どころか、小学生にもスマホ認知症が浸透しそうですよね・・・・
私はブルーライトカットの眼鏡をかけるようにしていますが、目の疲れも心配なので、子どもがスマホを使うときはあまり長時間にならないことをおすすめしたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

低体温に注意

category - 健康
2018/ 10/ 10
                 
低体温の原因と改善法について、解説してくださっている記事を読みました。

低体温の人が現在急増しているみたいですね。
低体温とは、体温が36.5度未満のことで、36度未満は要注意らしいです。
体温が低いというと、女性に多いイメージがありますが、男性や子どもでも起こる場合があるようで・・・・
自分の体温を知るには、正しい体温の測り方で測る必要がありますが、ポイントとしては
〇10時ごろに測る
〇わきの下で測る

といったことがあげられていました。
低体温を放っておくと、感染症やアレルギー疾患、血栓症など、さまざまな身体の不具合が出てくる可能性があるようなので、記事を読んでいて、自分の平熱を知っておくことはとても大切なことだなと思いましたね。

そもそも、昔の日本人は低体温ではなかったらしいのですが、生活が豊かで便利になったことで、食べすぎたり、運動不足になっている影響で、低体温の人が増えてきたみたいですね。
ほかには、ストレスの多い生活やエアコンの使い過ぎも、低体温を引き起こすそうです。
だから、低体温を改善するためには、暴飲暴食をやめたり、運動したり、エアコンをときどき止めたりすると良いでしょうね。
代謝が悪いと体温が下がるそうなので、心当たりのある方は生活習慣を見直していただき、不調の原因となる低体温を改善していただけたらと思います。

我が家はほぼエアコンなしの生活なのですが、運動不足は心配です💦
歩く量を増やしたり、今までやってきた筋トレを続けるなど、私も対策していきます!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

睡眠時間を確保する

category - 健康
2018/ 10/ 09
                 
睡眠時間は、最低でも6時間以上とるほうがいいといった内容の記事を読みました。

なかなかまとまった睡眠がとれないという方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。
短すぎると脳に良くないみたいですが、長すぎるのも脳に悪影響を与えるという報告があるようですね。
理想は、7時間以上9時間以下と書いてありましたが、私も毎日それくらい寝ることができたらいろいろ頑張れそう!
最近は夜中にトイレに行くこともあるので、睡眠が中断するのが悩みです(>_<)

十分な睡眠時間は、記憶力にも重要な意味を持つそうです。
睡眠には、脳をしっかり休ませ、記憶を定着させる効果があるので、今は「四当五落」という考えは正しくないみたいですね。
勉強時間が長すぎると脳は疲れてしまって効率が悪いですし、長時間起きていると脳には次から次へと情報が送り込まれるので、睡眠を取ることでいったん情報を遮断し、すでに入手した情報を整理する必要があるとのこと。
私もそのことは以前聞いたことがあったので、娘にはいつも、睡眠不足にならないようにと話していましたね。
娘は電車の中でも平気で眠れるみたいで、ちょっとうらやましいです。
私はアナウンスが気になって、めったに寝られないので・・・・

もちろん、どのくらい睡眠時間をとるべきかについては個人差があると思うのですが、睡眠が足りないと頭がぼーっとしたり、身体の疲れがたまったりしてくるので、最適な睡眠時間を確保できたらいいですね。
私も、睡眠不足で体調不良にならないよう気をつけたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

乗り物の揺れで癒す

category - 健康
2018/ 09/ 28
                 
バスや電車の揺れは最高の癒しであるといった内容の記事を読みました。

バスや電車の中ではなぜか眠たくなるという方、多いのではないでしょうか。
乗り物が移動する音やアナウンスの音でうるさいにもかかわらず、熟睡している方をよく見かけますが、これは、乗っているとほどよい揺れがあるからだそうです。
お母さんの背中におんぶしてもらっているときのような安心感があり、心が癒されるということらしいんですよね。
また、そういうふうに考えることで、乗り物酔いにも強くなる効果もあるんだとか!
前にテレビで、乗り物に酔いやすい人にラムネを渡して「乗り物酔いに効く薬だよ」と言って飲ませたら、そのあと車に乗っても酔わなかったという場面を見ましたが、気持ち次第で乗り物酔いをなくせるかもしれないというのはありがたいですよね。
乗り物酔いの薬は結構高いので💦

娘も、電車の中ではしっちゅう寝ているみたいです。
私は周りの音が気になってしまうほうなので、ちょっとうらやましいですね。
娘は当然私より集中力があるので、すぐに睡眠状態に入ることができているんだと思います。
本郷キャンパスに移ってから少し忙しくなったので、電車の中は貴重なお休みタイムなんでしょうね。
私も通勤のとき少しでも眠れたら時間の節約になるので、これから意識を変えてみよう!
電車の揺れを味方につけて、うとうとできたらと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加