お金

        

紫色のワイン&年収別手取り一覧

category - お金
2021/ 02/ 23
                 

こちらのワインはオーストラリア産で、チョウマメという植物の色素がワインを紫色に色づけているのですが、チョウマメは着色のために入れているのではなく、酸化防止剤として添加しているとのことです。
私はすっかりお酒が弱くなってしまったのでボトルを買っても飲みきれないと思いますが、グラスで飲めるお店があったらぜひ注文したいと思いますヽ(^o^)

また、紫のジン「COLLAGIN」は自然素材のラベンダーで着色し、コラーゲンも含まれている女性に人気のジンということですが、こちらはまだ販売開始していないみたいですね・・・・
こちらも、どんなお味なのか、試してみたいです\(^o^)/




今年だけでなく、今後はさらに増税されて手取りが減るんでしょうね(涙)
「疲れたアタマをちょっと一息させる図解」と書いてありますが、見ていると余計に疲れました〜〜(@_@)

手取り率は、500万円で77%、1000万円で72%、2000万円で65%ですか。
納税の義務、かなりキツいです(TT)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

店内で ”別れ話” (^^;&年度内に申請が必要なお金の手続き

category - お金
2020/ 12/ 18
                 
面白看板シリーズです🎶



かくれんぼは、子ども同士でやることはあるかもしれませんが・・・・
「別れ話禁止」って、前にこのお店で男女の修羅場があったんでしょうかね(^^;

私はお店で迷惑行為をしている人に出会ったことはないですが、お店も迷惑な客の対応には困っているでしょうね。
エコバッグ万引きも増えているみたいですし、レジ袋有料化もいいのか悪いのか・・・・




今年度内に申請期限を迎えるお金の手続きについて解説してくださっている記事を読みました。



補助金や助成金がもらえる制度って、中身が分かりにくく、申請しても条件を満たさず受け取れなくてがっかりすることもありますよね・・・・
でも、制度を知っていないともらえるものももらえないですし、役所から「こういう制度があるよ」という通知も来ないことが多いので、こういう表があるのはとても便利だなと思いました。

特に、新型コロナ支援については、周知されていないものもありそうです。
私は、緊急事態宣言で休業していたときの休業手当はいただきましたが、受け取ることができなかった方は「休業支援金・給付金制度」を利用して、少しでも減収分を補填できたらいいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

新型コロナ給付金寄付プロジェクト

category - お金
2020/ 05/ 11
                 
YAHOOに「新型コロナ給付金寄付プロジェクト」というものがあったので、わずかばかりではありますが、Tポイントで寄付をさせていただきました。

「新型コロナ給付金寄付プロジェクト」のサイトはこちら↓
https://donation.yahoo.co.jp/promo/covid19/?cpt_n=%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%B5%A6%E4%BB%98%E9%87%91%E6%94%AF%E6%8F%B4&cpt_m=topkink&cpt_s=yj

振り込みや現金書留ではなく、クレジットカードやTポイントからただちに募金できるというのは、本当に便利だと思いますね。
送金の手間や手数料がネックになって、募金額が増えないということもありそうですし、私も、こういったシステムがあると寄付しやすいです。
発起人の方はたくさんいらっしゃるのですが、辰巳琢郎さんや伊勢谷友介さん、乙武洋匡さんといった、テレビでお馴染みの方の名前もありましたし、イギリスからコロナについて解説されている、WHO事務局長上級顧問の渋谷健司先生も発起人の一人のようです。
渋谷先生は「国民全員にPCR検査を実施するべき」というお考えで、私も検査は受けたいですが、今の日本の状況では厳しいでしょうね(><)
PCR検査は、検査したときの状態しか分からないため、一人一人がこまめに検査しないといけなくなりますし、自覚症状がなく感染して回復している方は陰性になるかと思われますが、そういう方も定期的に検査することが推奨されるようになってしまうので、検査関係の費用や医療従事者の方の負担がかなり大きくなりそうです。

我が家は節約しないといけない家庭なので、大金の寄付はできず、そのかわりに私が月2回献血をしていますが、Tポイントは少しずつたまっていっているので、またこちらに寄付できればと考えています。
先日は娘と一緒に献血ルームに行きましたが、娘は血管が細くて献血できないと言われてしまったので、娘の分も、私が協力していきたいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

私立大下宿生の生活費

category - お金
2020/ 03/ 28
                 
下宿して関東の私立大学に通う学生の一日の生活費が、680円程であるといった内容の記事を読みました。

この金額は、バブル期だった1990年度の3分の1ほどにしかならないようで、家賃はどんどん上がっているのに仕送り額が少ないため、学生たちはバイトをたくさんして不足分を補っているみたいですね。
学食で一食食べるとしても、それだけで最低300円は消えていきますし、特に男子学生の場合は、たしかにこの金額では足らないように思います。
ただ、バイトの時間が増えすぎると、疲れて大学の講義にも出れないという状態になってしまうかもしれないし・・・・
これだと、何のために大学生になったのか、分からなくなってきますよね。

子どもが下宿すると、親のほうもかなりの負担がありますよね。
お子さん1人当たり、毎月10万円近くは仕送りしていらっしゃるのではないでしょうか?
さらに、国立大の学費は54万円程ですが、私立大だとその倍以上かかるケースもあるので、教育費も4年間でかなりの額に!!
大学生の約半数がなんらかの奨学金を受けていることを考えると、学費と仕送り分を余裕で払えるというご家庭は、ほとんどいないのだろうなと想像してしまいますね。
我が家は、そういった経費削減のために家族で首都圏に来たわけですが、代わりに新居のローンをそれ以上の金額払っているので、日々悩んでおります(>_<)
でも、家のローンと仕送りが重なっているご家庭も多いかと思うので、我が家はまだましなほうなのかもしれませんね。

ちなみに、私の一日の生活費は、多分400〜500円くらいでしょうか??
なんとか病気もせずやってこられていますが、もう少し自分にお金を使えるようになりたいです!
質素倹約の姿勢を娘に示せているのは良いことかと思うのですが、切り詰めてばかりでは息が詰まってしまって・・・・
大学生の方達が私と同じ心境にならないためにも、学費が値下がりして仕送りが増えるようになってほしいと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

貯蓄ができていない人々

category - お金
2020/ 03/ 06
                 
以前テレビでやっていたのですが、30代〜40代の方の半数が貯蓄50万円以下だというデータは、私も衝撃的でした。
残業時間が減っていたり、非正規雇用の方が多かったりなどで手取り額が減っている一方で、帰りについ寄り道をして散財してしまう。
これだと、たしかにお金は貯まらないですよね・・・・
また、家事育児を1人でこなす「ワンオペ妻」の方は、ストレス解消のためにランチや美容費にお金を使ったりしていて、さらに支出が増えているみたいですね。
街でのインタビューもやっていて、「何とかなると思う」という方が多かったですが、私だったら不安で不安でしかたがないです!
自分があとどれくらい生きるのが分かっていないので、無駄遣いをするのはやっぱり怖いですね。

企業側が、リーマンショック以降内部留保を増やしているため、社員の給料がアップしていないという現状もあるようですが、我が家でもそれは感じています。
夫の能力が足りないということが一番なんでしょうが、これだけさせられてこの給料?と、通帳を見てはため息。
こんな状態では、働く意欲もわかないですよね。
我が家もとにかく節約で、私は外食はほぼしないですし、カフェでお茶もせず、格安スマホに変え、エアコンもつけず、できる限りのことはやっているつもりですが、貯蓄が増えていかないので、途方にくれています。
ただ、教育費はもうかからなくなるので、それだけは救いですね。
引き続き家計を切り詰めつつ、医療費がかからないよう、健康にも気をつけていかないと!

このような状態だと、年金保険料の支払いをしない人が増えるのではという心配もあり、私たちにとっても人ごとではないですね。
若い方達の負担がこれ以上増えないことを祈るばかりです。
私は、毎月金運がつくという神社に行っていますが、ご利益があるよう、これからも参拝を続けたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加