大学生活

        

縮小卒業式でも濃厚接触

category - 大学生活
2020/ 03/ 25
                 
昨日は、東大の卒業式でした。
数日前に、東大職員の方が新型コロナウイルスに感染していることが公表されていたので、中止になるのではないかとも思ったのですが、予定通り、規模を縮小して行われました。

保護者は、会場に入ることはできないということだったのですが、娘の荷物がかさばっていたのと、東京大神宮にお参りに行くつもりだったので、大学まで娘に同行したところ・・・・
安田講堂の前では、多くの学生たちでにぎわっていて、おしゃべりで盛り上がったり、一緒に写真を撮ったりしていたので、かなり心配になってしまいました(><)

娘は、引き続き東大に通うのですが、春から社会人になる方もいらっしゃって、今度いつ会えるか分からないということもあるので、たしかに、集まって楽しく過ごしたいということはあると思います。
ただ、東京は毎日感染者が増えていますし、時間制限をするなど、大学側がある程度規制する必要があったのではないか?
娘は、極力人との距離を空けていたそうですが、感染していないといいのですが・・・・
こういう状況を見てしまうと、やはり卒業式は中止したほうが良かったのではないかと、思わずにはいられませんでした。

4/12の入学式は、中止ということになりましたが、妥当な判断だと思いましたね。
講義も、オンラインでやるものが多くなるみたいで、なかなか普通の大学生活には戻れませんが、自宅でしっかりと学んでほしいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

東大卒業式はどうなる??

category - 大学生活
2020/ 03/ 02
                 
娘が出席する予定の、東大卒業式。
都内では、すでに卒業式中止を決定している大学もありますが、東大では、今の時点ではそのような案内はなく・・・・
袴をレンタルしているため、脱いだ洋服が荷物になるので、やはり私が荷物持ちとして付き添わないとと思っているのですが、保護者の出席自粛を求めている大学もあるようですし、どうしたものかという感じですね。

当の本人は、4月からも東大大学院に通うので、今回の卒業式が中止でもなんら構わないという様子。
袴のレンタル代さえ戻ってくれば、それでいいと申しております(^^;;
卒業式は安田講堂でやるのですが、そんなに広いわけではなく、二部制にしていても卒業生が入れなくなることもあるくらいなので、こういう状況の中では、中止もやむなしでしょうね。
とりあえず、引き続きHPをこまめにチェックしつつ、今後のことを決めていきたいと思います。

4/12の東大入学式は、例年は日本武道館でやっているのですが、今年は東京オリンピックの関係で、両国国技館で行われることになっています。
両国国技館はまだ入ったことがないので、私もぜひ出席したいのですが、このままでは、入学式も中止になるかもしれないですね(><)
娘に付き添うというより、著名な方のスピーチが聴くのが目的なのですが、健康と安全が最優先なので、大学側には的確な判断をしていただけたらと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

学費支払い終了!!

category - 大学生活
2019/ 12/ 02
                 
11/27に、ようやく娘の学費の支払いが終わりました〜。
大学に入学してから、毎年5月と11月に267900円が銀行引落されていて、通帳を見るたびにため息が出ていましたが、とりあえず少しは気持ちが楽になりましたね。

娘は、卒論以外の単位をもう取ってしまったので、今はあまり大学に行っていないのですが、それでも同じ金額を支払わなければならない・・・・
当然のことではあるのですが、なんだかもったいないなあとも思ってしまいますね。
入学早々、夫が仕事で失敗し、給料が大きく下がることが分かって、私はその場で泣き崩れてしまいましたが、今もその状況は改善されることもなく(T-T)(T-T)
空腹すぎて、お腹と背中がくっつきそうな状態で眠りにつくことが今も頻繁にある私ですが、なんとかここまで来ることができました。

今の時点では、卒業が決まったわけではありませんが、もし留年したら、その分の学費は娘に払わせるようにしたいと考えています。
また、大学院は、無利子の奨学金を申請していますが、借りられるかどうかは本人の収入や成績などで判断されるため、たぶん大丈夫かなと思います。
在学中、特に優れた業績をあげれば、奨学金の返済が免除になるかもしれないのですが、これは東大の中での評価になるため、なかなか大変かもしれません。
でも、せっかくすばらしい環境で学ぶのですから、免除の対象者になるよう、娘にはぜひ頑張ってもらいたいですね。

IMFが、日本の消費税を15%にするべきだと提言したそうですが、私もきっとそうなると予想しています。
住宅ローンがあと30年近く残っていますし、何歳まで生きるかも分からないので、不安でいっぱいですが、娘はこういった思いをしなくてすむよう、しっかりと将来設計をしてほしいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

伊沢さんの講演会があったのですが・・・・

category - 大学生活
2019/ 11/ 26
                 
現在、TBS系列で放送されている「東大王」にレギュラー出演中の、伊沢拓司さん。
今春、東大大学院を中退されたあとも、YouTuber、起業家、タレントとして活動し、テレビ出演も多いようですが、11/23に、東大の駒場祭で講演をされるということで、夫が入場整理券をもらおうと、早めに家を出たところ・・・・
10時に東大に着いた時点で、すでに長蛇の列だったみたいで!!
残念ながら整理券はもらえなかったそうで、他の催しに行ってから帰宅していました。

私は、前日遅くまで仕事でしたし、多分こういうことになるだろうなと思って、行くのをあきらめていたのですが、伊沢さんのお話は聴いてみたかったですね。
大学院進学も、起業することも、ご両親には事後報告だったそうですが、そのぶん、自分の行動についての責任を自覚されていたんだろうなと思います。
ご両親はたしか共働きだったので、お金の援助もしようと思えばできたんでしょうが、伊沢さんは、できる限り自分でやりくりしようとされていたみたいで、月に100時間も塾のバイトを入れていたこともあったそうです。
娘も、年間100万円は稼いでいて、無駄使いはしないのですが、伊沢さんみたいに、バイトで貯めたお金で会社を作るみたいな行動力は、ぜひ見習ってほしいですね。
若いうちは体力も気力も充実しているので、娘も、いろいろなことにチャレンジしていってくれたらと思います。

それにしても、うちの夫は、給料が大幅に下がったというのに、本当にのんきで(><)
給料が上がることで自己肯定感も高まると思うので、もっと努力したらいいのにと思うのですが、全然そんな気配がなく、ほとほとまいっております(T_T)
今回は、伊沢さんに刺激を受けることもできずじまいでしたが、これからは、心を入れ替えて、娘に良い影響を与える父親になってくれるようにと願うばかりです。
私も、娘に恥じない生き方ができるように、日々精進していきます!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加





                         
                                  
        

卒業アルバム引換証

category - 大学生活
2019/ 10/ 16
                 
先日、夏に申し込んでいた卒業アルバムの引換証が届きました。
代金はすでに払っていたのですが、16000円もしまして(><)
1年生のときには、もし卒業できなかったらと思い、入学記念アルバムなるものも買ったのですが、こちらも同じくらい支払い、貧乏家庭の我が家には、引き続いて痛い出費となりました。

卒業アルバムには、希望すれば個人写真を掲載することもできたのですが、娘は断固拒否していたので、サークルや学科で集合した写真や、学園祭のときの写真などで、娘の姿を見ることになるかと思います。
どんな写真があるのか、楽しみなのですが、実は、入学記念アルバムのほうには、娘が大きく写っている写真があり、やはり無理して買ってよかったと思いましたね。
撮影場所は、他の学年の方も行き交うところで、娘たちも写真を撮られていたことにはまったく気づかなかったらしいのですが、カメラマンの方も、娘たちが1年生だとよく分かったなと・・・・
私服を着ている大学生の学年を見分けるのは難しいかと思うのですが、よっぽどあか抜けてなかったんでしょうかね??
大学側に、学生証に貼ってある写真のデータがあるのかもしれませんが、アルバム用に撮られた写真と照合する作業も、一学年3000人以上いる東大では結構大変でしょうね。

今では、大学に行く日数もずいぶんと減り、大学院も合格していて、娘の卒業が近づいていることは実感してきましたが、まだ卒論を書かなければならないので、今の時点では卒業決定ではないわけで・・・・
無事にここまで来られたことに感謝しつつ、残りの大学生活を、滞りなく進めていってほしいですね。
くれぐれも「留年決定」とならないよう、ラストスパートをしっかり頑張ってほしいです!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト