大学生活

        

卒業アルバム引換証

category - 大学生活
2019/ 10/ 16
                 
先日、夏に申し込んでいた卒業アルバムの引換証が届きました。
代金はすでに払っていたのですが、16000円もしまして(><)
1年生のときには、もし卒業できなかったらと思い、入学記念アルバムなるものも買ったのですが、こちらも同じくらい支払い、貧乏家庭の我が家には、引き続いて痛い出費となりました。

卒業アルバムには、希望すれば個人写真を掲載することもできたのですが、娘は断固拒否していたので、サークルや学科で集合した写真や、学園祭のときの写真などで、娘の姿を見ることになるかと思います。
どんな写真があるのか、楽しみなのですが、実は、入学記念アルバムのほうには、娘が大きく写っている写真があり、やはり無理して買ってよかったと思いましたね。
撮影場所は、他の学年の方も行き交うところで、娘たちも写真を撮られていたことにはまったく気づかなかったらしいのですが、カメラマンの方も、娘たちが1年生だとよく分かったなと・・・・
私服を着ている大学生の学年を見分けるのは難しいかと思うのですが、よっぽどあか抜けてなかったんでしょうかね??
大学側に、学生証に貼ってある写真のデータがあるのかもしれませんが、アルバム用に撮られた写真と照合する作業も、一学年3000人以上いる東大では結構大変でしょうね。

今では、大学に行く日数もずいぶんと減り、大学院も合格していて、娘の卒業が近づいていることは実感してきましたが、まだ卒論を書かなければならないので、今の時点では卒業決定ではないわけで・・・・
無事にここまで来られたことに感謝しつつ、残りの大学生活を、滞りなく進めていってほしいですね。
くれぐれも「留年決定」とならないよう、ラストスパートをしっかり頑張ってほしいです!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト
                         
                                  
        

大学院合格しました

category - 大学生活
2019/ 09/ 23
                 
このたび、娘が東大大学院に合格しました。
卒論作成のためすでにお世話になっている研究室で、そのまま研究を続けるということのようですが、少なくともあと2年間は学生生活があるということで、親としては複雑な心境です・・・・
良縁があるよう、月2回東京大神宮にも参拝しているのですが、修了したらもう25歳!
結婚するかどうかは娘が決めることではありますが、とりあえず、母である私としては、これからも毎月参拝を続けていきたいと思います。

受験勉強ですが、内部からの受験ということで、定期試験の勉強が役に立ったようです。
大学受験のときと違い、あまりにも少ない勉強量だったので、大学院受験の経験がない私は拍子抜けでしたが、受験対策にお金がかからないというのはありがたかったですね。
大学受験のときも、我が家は教育費を多くかけることはできませんでしたが、今はさらに家計が厳しくなっているので、このことは正直助かりました。

早速、日本学生支援機構(JASSO)奨学金の予約採用の申込書類を作っていますが、娘自身の収入についての書類もいくつか用意しなくてはならないので、なにかと面倒ではありますね・・・・
保証人については、今回は機関保証制度を利用するので必要ないのですが、保証料は払わないといけません。
まあ、親戚づきあいがほぼない我が家なので、これもしかたがないですが、特に優れた業績を残せば奨学金の返済が免除になる可能性があるということなので、娘にはそれを目指して、しっかりと学んでほしいですね。
たぶん、研究する分野で就職するのは難しいかなと思うのですが、遊んで暮らすわけにもいかないので、今後の仕事に活かせるよう、娘なりに考えてくれたらと願っています。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

仮免許を取得した娘

category - 大学生活
2019/ 08/ 20
                 
先日、自動車教習所に通っている娘が、無事に仮免許を取得することができました(^O^)

夏休み中にもかかわらず、比較的スムーズに技能講習の予約が取れて、2週間くらいで仮免許の試験を受けたのですが、どうやら、縦列駐車とかはまだ習っていないみたいで・・・・
私は、縦列駐車がとても苦手で、3回目にやっと合格したのですが、たしかそのあとで仮免の試験に受かって、それからは特に問題なく路上での技能講習を終えたんですよね。
カリキュラムが昔と違っていて少し驚きましたが、娘にとっても、たぶん縦列駐車は難関になると思うので、追加で講習をするハメになるかもしれないですね(><)
仮免の試験を受けた日は、第2段階のガイダンスなども受講したので、まさに一日がかりという感じでした。
お昼ご飯も、おにぎりを1つ食べただけだそうで、夕方からは塾のバイトも入っていたので、かなりハードな一日だったようですが、とりあえず、次の段階に進めるということで、娘もホッとしていましたね。

路上運転するルートを、一部受講生本人が決めるようになっているというのもびっくりしました!
私の頃は、あらかじめ決められたルートを走るという感じだったと思うので・・・・
高速道路を走るというのも、当時はなかったんじゃないかしら??
私は、車幅感覚がよく分からないという、車の運転にはまったく向いていない特性があるのですが、娘にそれが遺伝していないことを祈ります。
仮免を取ってからのほうが講習がたくさんあるようですが、このあとも慎重に運転していってもらいたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

娘の教習所通い

category - 大学生活
2019/ 08/ 05
                 
この夏、娘は自動車教習所に通いはじめました。
我が家は車を手放しているので、今のところ普段運転することはないのですが、娘も今後どこで生活するかわからないので、時間の余裕があるうちに免許を取っておこうということで、約30万円もの出費でしたが、通わせることにしました。

私が教習所に通っていたときは、技能講習はたしか第4段階くらいまであったように思うのですが、今は2段階制みたいですね。
講習の予約はアプリでできてとても便利ですが、今の時点で、10月まで予約がいっぱいになっていたらしくて!
でも、直前でキャンセルする方も多いみたいで、1日何回かアプリをチェックしていると、翌日に空きが出て予約できたということが続いています。
ただ、当日キャンセルの場合は、2000円程取られてしまうらしいので、こちらも予定や体調を確認してから予約しないといけないですよね。
生協から申し込んでいるので、追加料金はほとんど発生しないと思うのですが、このキャンセル料は本当に無駄な出費だと思うので、娘にも気をつけてほしいです。

今月、娘は地方の大学に通っている友達のところへ遊びに行くのですが、その友達は入学早々から車を運転していて、2年たった今は運転が上手くなったと感じている頃だと思います。
でも、実はそういうときが一番危ないんですよね(・_・;
なので、娘には、なるべく友達の車には乗せてもらわないようにと言っているのですが、私がついていくわけではないので、少々心配しています。
とりあえず、娘と友達を信頼するしかありませんが、出発前には、もう一度話しておがなければ!
車は凶器にもなるものなので、娘には、免許取得後も初心を忘れないようにしてもらいたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

入試が近づいているのに・・・・

category - 大学生活
2019/ 07/ 13
                 
娘はこの夏、大学院入試を受ける予定なのですが・・・・
様子を見ている限りでは、そんなに必死で勉強していないんですよね(><)
定期試験で勉強したことが試験対策にもなっているというのが理由らしいのですが、つい大学入試のときの勉強量と比べてしまい、私としては「本当に大丈夫?」という感じですね。

単位も、卒論以外は取ってしまったようで、最近は大学にもほとんど行っていません。
学費はしっかり引き落としになっているので、なんだかもったいないなと思ってしまいますが、こればかりはしかたがないですよね・・・・
大学院の学費は自分で工面する方が多いと聞いたので、我が家もそれは娘に伝えていて、もう少しで学費の負担からは解放される予定。
多分、奨学金を申し込むと思いますが、東大院の中で成績が良ければ返済が免除される可能性があるので、できれば入試の段階から好成績を取ってほしいと考えています。
なのに、こんな調子で、本当にちゃんとやれるのかしら??
私自身が大学院卒ではなく、大学院のことがよく分かっていないからかもしれないですが、ついつい心配してしまいますね。

一方で、せっかく勉強するなら、将来の仕事に直結する勉強をしてほしいという気持ちもあります。
娘は、大学では学び足りなくて大学院に行きたいようですが、その学びたい分野の仕事に就きたいというわけでもないようなので・・・・
それなら、資格試験の勉強でもしたほうがいいのにと考えてしまうわけですが、もちろん、大学院で研究することによって得られる能力もあるので、娘の決断を尊重するしかないでしょうね。
先ほど書いたように、必死で受験勉強をしていないように見える娘ですが、入試に落ちたら落ちたでまた考えたらいいかなと思います。
「就職したくないから大学院に行く」というのは一番良くないと思うので、それは娘にも自覚してもらいたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加