旅行

        

海外旅行前に確認しておきたいこと

category - 旅行
2020/ 06/ 02
                 
海外旅行をする際に事前確認しておくべきことについて、解説してくださっている記事を読みました。

元記事はこちら↓
https://tripnote.jp/article/overseas-trip-information

記事に書かれている「たびレジ」、私は今まで登録していませんでしたが、これからは登録します!
海外旅行保険も、クレジットカード付帯のものがあるからと安心していましたが、補償内容を再度チェックしなければと思いました。
近いうちに、日本を含む海外からの渡航者を受け入れる国が出てくるみたいですが、コロナウイルスを日本に持ち込まないようにするための帰国後自主隔離の要請がなくなるまでは、私たち家族は海外には行けなさそうです(TT)
このあと、いつまで家族で海外旅行できるか分からないので、できれば早く行きたいのですが、長い間仕事や学校を休むこともできないですし、しかたがないですね。

旅行会社の商品で海外旅行をする場合、同じ行先でも、旅行会社によって代金にかなり差があるのですが、旅行会社別の口コミによると、代金が高いからといってトラブル対応をしっかりやってくれるとは限らないみたいなので、現地に日本語対応できるスタッフがいるかどうかなど、気になることは申し込む前に確認し、メモなどの記録をとっておいたほうが良さそうですね。
今回のコロナのことでも、旅行をキャンセルしたのに2か月後にしか代金を返金されなかったという口コミがありましたが、私たちは、旅工房で申し込んでいた3月のドバイ旅行が中止になり、翌月にはきちんと返金されていました。
コロナの影響で、旅行業界が大打撃を受けているので、今後の旅行代金がどうなるのかヒヤヒヤしますが、なんとかお金を貯めておかなければ!!
今は、YouTubeの旅動画を観て旅行気分に浸っていますが、やはり実際に行ったほうがリフレッシュできるので、安心して出発できる日を待ち望んでいます。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

                         
                                  
        

ドバイ行きツアーが中止に

category - 旅行
2020/ 03/ 21
                 
来週末から予定していた、ドバイ旅行。
この状態では行けないなと思いながら、キャンセルするタイミングを見計らっていたのですが・・・・

数日前、旅行会社から電話があり、ツアーの催行が中止になったということで、旅行代金は全額返金されることになりました。
高額なキャンセル料を覚悟していたので、良かったという思いはあるものの、ツアーを中止にしなければいけないというほど事態が深刻だということは、複雑な心境ですね。
旅行会社のHPを見てみると、新型コロナウイルス感染者数が爆発的に増えている国だけでなく、私たちが昨年行った、オーストラリア・ブルネイ・ベトナム行きのツアーなども、決められた期日までは中止になっていました。
春休みは、気候もよく、宿題を出さない学校も多いので、海外旅行者の数も増えるのではないかと思うのですが、一度こういうことがあると、申し込んでいいのか迷ってしまいますね。
また、秋も旅行に適したシーズンですが、昨年の私たちのように、台風でドバイに行けなかったみたいなことが起こるかもしれないので、前もってそれなりの覚悟はしておいたほうがよさそうです。

それにしても、2度もドバイ行きが中止になるとは、ドバイとはよほどご縁がないんでしょうかね??
今年の秋から約半年間「ドバイ国際博覧会」があるということなので、娘はその時期に行きたいみたいのですが、今度こそ行けますように!!
旅行代金返金額に、なぜか申込金が含まれていなかったので、引き続き、旅行会社とやり取りしていきたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

「Grab」便利でした(^O^)

category - 旅行
2019/ 11/ 09
                 
先日、無事にハノイから帰ってきました。
出発前に、ベトナム付近で台風が発生していて、先月のドバイ旅行のように中止になるのではとヤキモキしましたが、特に問題なく飛行機が運行してくれたので良かったです(^O^)

ベトナムは、タクシーがたくさん走っていますが、観光客に対してぼったくるという噂があり、出発前に、東南アジアで普及している配車アプリ「Grab」をダウンロードしておき、現地でも何回か使いました。
普通のタクシーだと、現金払いしかできないことが多いのではないかと思うのですが、Grabでは、行き先や料金、車種をあらかじめ確定してから乗車し、支払いはクレジットカードでできるので、本当に便利でしたね。
私と娘はベトナム語が話せないですし、ドライバーの方も、英語ができる方ばかりではないのですが、お互いやり取りする必要がないのもありがたかったです。

ただ、一度だけ、Grabに表示されている私たちの現在地と、私のスマホの位置情報がなぜか一致せず、ドライバーの方と会うことができなくなり、キャンセルしてしまったのは申し訳なかったですね。
たぶん、予約する前に、Grabの方を、スマホでの現在地に合うように指で操作したら良かったのかなと思いましたが、まだ使い方に慣れていないので、本当のところはどうなのか分かりません。

とりあえず、自分の現在地は入力することもできるので、観光スポットなど、住所が分かりやすいところを指定すれば、スムーズに乗車できるのではないかと思います。
また、東南アジアに行くときは、ぜひGrabのお世話になりたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

ドバイ旅行が(TT)

category - 旅行
2019/ 10/ 12
                 
今日の夜に出発予定だったドバイ旅行。
台風19号上陸の可能性があるということで、飛行機が欠航になったため、中止になってしまいました(TT)

半年前も前に申し込んで、夏頃には、世界一高いビル「ブルジュハリァ」の展望台のチケットも予約し、最近では、オマーンに行くオプショナルツアーも申し込んでいたのに・・・・
自然災害なので、もちろん誰のせいでもないのですが、ここ数日は娘と計画を煮詰めていたところだったので、やはりがっかり感はかなりありますね。

旅行代金・オプショナルツアー・レンタルWiFiは無料でキャンセルできたのですが、展望台のチケットは、夫がメールでキャンセルの連絡をしても、まだ返信がないです。
こんなことなら、多少の手数料はかかっても、日本の会社を通じて申し込めばよかったなと、少し後悔。
なんとか近いうちにドバイに行けないかと、夫や娘に聞いたのですが、年内は3人の予定が合わないので、とりあえず来年にでもまた行こうということで、気持ちを切り替えました。

その代わりといってはなんですが、来月、JALのマイルを使って娘とハノイに行こうということになり、急遽航空券とホテルを予約したので、またオプショナルツアーやレンタルWiFiを申し込もうと思います(^O^)
来年の春は、娘の卒業旅行がいくつかあるようですし、4月からの大学院生活がどのようになるのかも分からないため、旅行の計画ができるかは心配ですが、娘が就職したり、両親の体調が悪くなるとなかなか家族旅行ができないので、今のうちに娘との思い出を増やしておきたいですね。
とりあえず、今日からは、ハノイのことをいろいろ調べていこうと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加




                         
                                  
        

ブルネイの水上集落

category - 旅行
2019/ 09/ 25
                 
ブルネイの旅行記をというご要望がありましたので、9/3の記事9/9の記事に続き、ブルネイの水上集落である、カンポン・アイールのご紹介をさせていただきたいと思います。

ウィキペディアでの「カンポン・アイール」の紹介ページはこちら↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB

ウィキペディアでは、カンポン・アイールの人口は約39000人となっていますが、ガイドブックには約13000人とも書かれており、実際、空き家のような住宅もあったので、現在では、ウィキペディアで書かれているほどの人は住んでいないかもしれませんね。
マゼランの世界一周に同行したベネチア人のアントニオ・ピカフェッタが「まるで東洋のベニスだ」と述べたということですが、きれいな住宅もあれば、老朽化した住宅もあり、カンポン・アイールの中でも貧富の差があるのかなということを感じさせられました。

学校や消防署、警察署もあり、電気や水道も整備されていますし、水上ということで、多少の涼しさも感じられるからか、政府が陸地の家を用意すると言っても、なかなかここを離れない人が多いんだそうで・・・・
私たちは、ボートで渡ってきて歩いて散策しましたが、川にはこの結構ごみも浮いていたので、私はやっぱり、陸に住んだほうがいいなあと思ってしまいました(^^;;

私たちは「ザ・ブルネイホテル」に泊まりましたが、カンポン・アイールに行くボートの乗り場はホテルの近くにあったので、とても便利でしたね。
世界最大とも言われるブルネイの水上集落である、カンポン・アイール。
個人でも簡単に行けますので、ブルネイ旅行の際は、ぜひ見学なさってくださいね♫

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

22 地球の歩き方 Plat ブルネイ [ 地球の歩き方編集室 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/9/18時点)