結婚生活

        

「妻のトリセツ」著者へのインタビュー

category - 結婚生活
2019/ 08/ 01
                 
37万部を超えるベストセラーとなった「妻のトリセツ」著者の黒川伊保子さん。
「徹子の部屋」に出演されていたのを拝見したので、ネットに載っていたインタビュー記事も読んでみました。

今回、熟年夫婦のあり方を助言する新書「定年夫婦のトリセツ」が発売されたのですが、出産・子育て世代をテーマに書いた「妻のトリセツ」について、それ以上の年代の方からの反響が予想以上に大きかったことから、執筆を思い立ったそうです。
黒川さんは、人工知能の研究者で、男女の脳の使い方の違いに着目して、この本を書かれたみたいなのですが、脳科学の専門家から根拠に乏しいとの批判があったり、世間がジェンダーの問題に敏感になっている昨今、性差を中心にして夫婦間のトラブルを語ることについての異論もあるようで・・・・
でも、黒川さんがおっしゃっている「女性はマルチタスクができる」とか「男性は結論から聞きたがる」などという部分は、私もなんとなく当たっている気がするので、著書を読まれた方は、共感できる部分をうまく取り入れていかれたらいいかと思います。
黒川さんご自身も「理論と現実は違う」ということをおっしゃっていたので、「トリセツ」が絶対的なものだと過信しすぎず、無理ない範囲で実践されたらいいですよね(^_−)−☆

また、私が妙に納得したのが、上に書いた赤字の箇所ですね。
核家族化が進み、子育てが母親中心で行われている現状では、私も、夫婦のことで悩む余裕はないという感じで・・・・
兼業主婦の方だと、仕事での悩みもプラスされますし、そもそも夫といる時間が短いので、多少イラッとしても、できるだけ引きずらないようにしたほうが、精神的にも楽かもしれませんね。
私も、夫がしっかり働いてくれてモラハラをしなければ、今のところそれ以上は望まないです!
望んでしまったら、自分もあれこれ望まれてしまいそうですし(・_・;
黒川さんは、とても穏やかそうな方で、お嫁さんとの仲もとてもいいということでしたが、私も精進して、黒川さんのように寛容でいられるようになりたいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

妻のトリセツ (講談社+α新書) [ 黒川 伊保子 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2019/7/31時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

定年夫婦のトリセツ (SB新書) [ 黒川 伊保子 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2019/7/31時点)