教育・受験勉強

        

焦りを味方に変える

category - 教育・受験勉強
2018/ 10/ 21
                 
焦りを味方に変えてしまう人が合格をつかみ取るといった内容の記事を読みました。

私たちは、覚え始めたことはまず、脳の「海馬」という場所に保存されるのですが、この「海馬」は短期記憶をするところで、長期記憶が必要だと判断された情報はその後「側頭葉」に移動するそうです。
復習すれば記憶が強化されるのは、情報を繰り返し入れることで脳が長期記憶が必要だと判断してくれるからなんですね。
しかし、強い感情を伴った記憶については、無条件にいきなり側頭葉に行く場合もあるようで・・・・
他人からひどく叱られたりした場合、忘れたくても忘れられないのは、こういった理由があるからなんだそうです。

そして、受験生にとって強い感情が伴う時期と言えば、なんといっても受験直前の時期ではないでしょうか。
気持ちが焦ってしまい、落ち着かない日々かもしれませんが、記事にはこの「焦り」を有効活用して勉強することで、普段の何倍も覚えられると書いてあったので、「焦ったらまず勉強する」ことを実践できたらいいですね。
私も資格試験をいくつか受けたことがありますが、直前期はよく勉強していて、なんとか合格することができたので、焦るのも意外と悪くないのかもしれないですね。
もちろん、直前期に睡眠時間を削って勉強するというのはよくないですが・・・・
記事を読んで、焦ってはいけないとか思うと逆効果だということが分かったので、このことは生徒さんにもぜひ伝えようと思いました。

それにしても、いやな記憶だけは早く忘れられたらうれしいんですけどね💦
脳の仕組みがそうならしかたがないか(>_<)
とりあえず、ストレスはうまくかわせるようになりたいです!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加









                         
                                  
        

アウトプットの重要性

category - 教育・受験勉強
2018/ 10/ 19
                 
アウトプットをすればするほど、もっと勉強がしたくなるといった内容の記事を読みました。

なかなか勉強する気になれない。
そういうとき、私はしょっちゅうありました(^-^;
記事によると、勉強する気になれないのは、積極的にアウトプットをしていないからだそうです。
もともと、知識欲は生理的欲求なので、積極的に体を動かしていれば自然とお腹がすくのと同じように、勉強も積極的にアウトプットしていれば、自然と勉強がしたくなるんだとか!
たとえば、テストを受けることなどもアウトプットに入ると思うのですが、たしかに、その結果を素直に受け止めることができればモチベーションもアップするかもしれませんね。
良い成績なら次も高得点を目指そうとなるし、悪い成績でも弱点が分かったことになるので、それを改善するために再び勉強すればいいわけですし・・・・

娘も、テストというのは今までたくさん受けてきましたね。
中学受験塾では毎回復習テストがありましたし、定期的に実力テストもありました。
中学生になってからも、学校では毎日テストがあり、模試の数も多かったと思います。
検定試験関係も、英検・数検・漢検・TOEIC・IELTSと受検していますし、そう考えると、かなり試験慣れしているといえそうです。
試験に出た問題は印象に残りやすく、試験を受けるというアウトプットはとても効果的ではないかと思うので、費用がかかる場合も多いですが、試験を受ける機会を増やせたのは娘には良かったですね。

私も以前FP2級に合格したのですが、ひたすら問題集を解いて対策をしていました。
教本を読んでも、なかなか頭に入ってくれなかったので💦
これからも試験を受ける機会があれば、またこの方法で乗り切りたいと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

知性は力になる

category - 教育・受験勉強
2018/ 10/ 12
                 
知性は力になるといった内容の記事を読みました。

地球上には、人間より優れた運動能力を持っている動物はたくさんいますが、それでも地球は人間が支配している状態ですよね。
どうしてそんな状態になっているかというと、人間には「知性」があるからだそうです。

また、これは人間同士でも当てはまり、勉強をして知性を身につければ、他の人より早く成長ができ、有利になれるとも書いてありましたが、本当に、学ぶことを続けていれば人生にも深みが出てくるような気がしますね。
私も、もっと早くにこのことに気づいていれば、今より充実できていただろうな・・・・
とても後悔しているので、今は自分にとって必要な勉強を少しずつでもやるようにしていますね。

勉強といっても、なにも学校の勉強に限ったことではなく、興味のある分野での勉強で全然かまわないと思います。
スポーツでも芸術でも、理論的なことを理解していたほうがベストなパフォーマンスができるのではないでしょうか。
私はそんなふうに考えているので、これからも、子どもたちにも勉強することの大切さを教え、自ら学ぶ姿勢を持ち続けられるように支援していきたいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

遊びも勉強のうち

category - 教育・受験勉強
2018/ 10/ 08
                 
遊びも立派な勉強になるといった内容の記事を読みました。

子どもにとっての仕事の一つは学校の勉強であると思いますが、それは子どもが大人になり社会人となったときに、一般的な常識や知識が役に立つからなんだそうです。
しかし、もう一つ、親が見落としてしまいがちな大切な勉強があり、それが「遊び」とのこと。
大人にとって遊びはあまり重要には感じないかもしれませんが、子どもにとっては遊びも立派な仕事なんですよね。
遊びがうまくできないと、うまく息抜きのできない大人になるとも書いてありましたが、それは一理あるかも・・・・
また、遊びの中で頭を使っているので脳トレにもなるし、外で友達と遊べば、運動にもなるし社会性も養われるので、遊びのメリットというのは実はたくさんあるんじゃないかなと思っています。

勤務先の塾には幼児さんも来られていますが、親御さんには、お子さんが自由に遊べる時間を必ず作ってあげてくださいとお願いしています。
今の時代、子どもたちは知識を学ぶだけでなく、ディスカッション・プレゼンテーション・プログラミング・英語など、やっておいたほうがいいとされているものがたくさんあるので、適度に気分転換できる能力もないと息切れしてしまいますからね💦
娘も周りの友達も習い事で結構忙しかったですが、それでも皆で遊ぶ時間は確保していました。
そのおかげもあってか、友達とのトラブルもなく今まで来れたので、やはり遊びの時間は大切だったなと実感しています。

私が子どもの頃は、勉強も遊びも中途半端だったかも(>_<)
今のお子さんたちには、たくさん遊んでそこからたくさん学んでいってくれたらと願っています。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

組み体操

category - 教育・受験勉強
2018/ 10/ 06
                 
運動会で組み体操に取り組む学校が以前より減っているという記事を読みました。

私が子どもの頃は、組み体操といってもピラミッドもそんなに高くはしなかったですし、危険という認識はなかったのですが、最近では高さがものすごく高いものもあるみたいで、完成するとたしかに感動はするのですが、同時に大丈夫だろうかと心配にもなってきて・・・・
実際にけがもあちこちで起きているようですが、今までは組み体操をするかどうかは各学校の判断に委ねられてきたみたいですね。
そして、最近になってようやく教育行政が対応するようになってきたので、安全に実施できないと判断した学校は組み体操を中止するようになったらしいです。

組み体操が成功するとたしかに達成感を強く感じることができるでしょうが、子どもたちは普段からそれ相応のトレーニングをしているわけでもなく、運動会の練習をする時間も減っているみたいなので、やはりなかなかハイレベルなものはやりにくいのではないかと思いますね。
運動会当日はテンションが上がっている状態になりやすいので、思わぬアクシデントも起こりやすい気がします。

周りに補助の先生がついてくださっていても、いざピラミッドが崩れだしたら先生方もそれを止めることは不可能ですしね・・・・
とにかく子どもの安全が第一なので、実施される学校は対策を万全にしていただきたいと思います。

私が中3のときは、組み体操の代わりに「組み立てダンスコンクール」というものがありました。
音楽や振付を生徒たちで考えて運動会当日に披露するのですが、それもなかなか良かったですね。
一体感や達成感を感じることができましたし、とくに危険を感じることもなかったです。
組み体操も、安全で楽しくできるものもあるようなので、そういったものを取り入れることも検討していただき、事故のない運動会にしていただきたいと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加