未分類

        

脂肪は多く摂ったほうが長生きする?

category - 未分類
2018/ 09/ 06
                 
以前「羽鳥慎一モーニングショー」で、タイトルのようなテーマで特集をしていました。

日本人は、だいたい総エネルギー摂取量の20~30%の脂肪を摂っているらしいのですが、35%くらいは摂ったほうが長生きするという論文が発表されたそうで・・・・
脂肪を摂りすぎると血液がどろどろになるとか、太りやすくなるというイメージがあって、私も気をつけていたので、ちょっと意外でしたね。
長寿世界一の場所と言われている香港では38.8%摂っているみたいで、やはり極端に制限するのは良くないようです。
脂肪にはさまざまなビタミンやホルモンなどの物質が含まれるので、上手に摂っていけば健康にも役立ちそうですよね。
また、BMIのこともやっていましたが、中高年以降は24~27くらいはないとだめなんだとか!
それなのに、24以下でもメタボ検診で引っかかったりして、脂肪摂取を控えるように指導されてしまうみたいなんですよね・・・・
私はBMIがたぶん16くらいなので、もしかすると長生きできないかもしれません💦
食費を切り詰めなければいけなくてこうなってしまいましたが、もう少し意識して脂肪を摂ったほうがいいかしら?
でも、体がこのこの食生活に慣れてしまっているので、急には無理かも・・・・

「神様は、余計な組織は人間に与えていない。」

番組の中で、解説してくださっている大学教授の方がそうおっしゃっていました。
なので、脂肪悪玉論を過剰に信じ込まずに、適度に脂肪と付き合えたらいいですね。
私も、唐揚げやとんかつも大好きなので、楽しんでいただきたいと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

仕事とAI

category - 未分類
2018/ 07/ 13
                 
AI(人工知能)は、今後急速に発展することが予想されているみたいですね。
以前の記事にも書きましたが、2045年頃にはAIが人間の知能を超える「シンギュラリティ」が到来するともいわれていて、今の子どもたちが働き盛りの時期には、かなりの技術革新があるのは間違いないようです。
先日関西のテレビ番組で医者の方たちが出演されていましたが、医者の仕事の中でもAIがするものが出てくるそうで、そのうち病院でもロボットが白衣を着て歩いているのを見かけるようになるかもしれませんね。

今は小学生対象のプログラミング教室もあるようですが、これからはAIに使われるのではなく、AIを使いこなせる人材の育成に力を入れないといけないでしょうね。
定型的な業務の多くはAIが担うことになりそうですが、それならいったいどうしたらいいのか・・・・
仕事がなくなったら当然給料ももらえないことになるし、そうなると、我が家は娘を一生養うだけの力はないので、娘は生きていけないことになってしまいます。
娘には、このような事態にも対応できる能力をつけてほしいのですが、なかなか具体的なアドバイスってできないですね💦
勤務先でも親御さんにその話をするのですが、やはりまだピンとこない方が多いようで・・・・
新しい学習指導要領では、単なる知識・技能だけでなく、思考力・判断力・表現力などもしっかりつけさせることを目指しているみたいですが、親のほうもこれらの力を発揮して、子どもたちを正しく導いてやらないといけないなと思いました。
私は全く時代に追いついていませんが、もっと柔軟に対応できるようにしないと・・・・

人口が減少するのでAIの活躍はありがたくもありますし、AIが効率よく仕事をしてくれることで景気が良くなってくれればうれしいのですが、とりあえず今は、将来子どもたちが困らないようになることを祈るばかりです。
私も今後の情報に注目して、娘とも話し合いたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加





モッピー!お金がたまるポイントサイト

                         
                                  
  コメント - 4
        

親子で歌おう♫

category - 未分類
2018/ 07/ 04
                 
一緒に歌うと、親子の絆がますます深まるといった内容の記事を読みました。

小さい子だと、テレビや幼稚園、保育園で流れている歌をすぐに覚えて、歌ってくれることがありますよね。
そんなとき、状況が許すのであれば大声で歌わせてあげて、できれば親も一緒に歌ってあげると良いそうです。

子どもももちろん喜んでくれるでしょうし、親もストレス発散できそうですね!
娘の同級生も親子で自宅でのカラオケを楽しんでいるみたいですが、そういえばその親子も仲がいいんですよね。
歌ではなく楽器演奏でもいいのかもしれませんが、親子で音楽に取り組めるのは素晴らしいことだと思いました。

親子ではないですが、私も生徒さんと一緒に童謡を歌うことがあります。
先日も、私が使っている赤いペンが幼児さんの手について、幼児さんが大泣きしてしまって💦
急いでYouTubeで童謡を調べて「犬のおまわりさん」を歌ったら泣き止んでくれて、一安心しました(^-^;

我が家ではカラオケも楽器演奏もなかなかする機会がありませんが、私が冗談交じりに替え歌を歌って、娘もそれをまねすることはありますね。
それと、娘が洋楽を口ずさんでいると私がまたまた替え歌にして面白おかしく歌ったり!
普段いろいろ悩んでいる私ですが、そんなことをしていると、必然的に笑顔が多くなり、あらためて歌の力を実感させられていますね。
歌うのが好きではない方は、好きな曲をかけてリズムをとるのも楽しいと思います。
よろしければ、親子円満のために音楽を取り入れてみてくださいね♪

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加