Recent Post

        

子どもは真似の天才

category - 子育て
2019/ 03/ 24
                 
子どもは親の影響を受けやすいので、親は子どものお手本になるよう自分磨きをするべきだといった内容の記事を読みました。

子どもにとって一番身近な大人は親である場合が多いと思うのですが、子どもはものすごく親の様子を観察しているみたいですね。
親をお手本にして、言葉や態度、礼儀やマナーだけでなく、性格や感情までも学んでいると書いてあって、親の責任は重大だなと痛感しました。
娘は意思が強いタイプだからか、性格は私のをあまり受け継いでいないように思いますが、整理整頓が苦手なところは私に似たのかも💦
そして私も、母親の真似をしてしまっているときが結構あって・・・・
母親は愚痴を言うことが多いタイプの人なのですが、私もしっかりと受け継いでしまっております!
もちろん母親を反面教師にしている部分もあるのですが、知らず識らずのうちのうちに母親そっくりな言い方を娘にもしていることも多いんですよね(>_<)
根本的な性格や癖はなかなか改善しにくいのが悩みの種ですが、それでも、娘のためにも悪いところは改めないと・・・・
記事を読んでそういう気持ちにさせられましたね。

自分磨きをしている親は、存在そのものがお手本になっているとも書いてありましたが、本当にそうですよね。
仕事に邁進していたり、読書やスポーツに励んでいたり。
そんな姿を子どもに見せているだけで、子どもは親の背中から学んでいくのだと思います。
親の方も、そのことを意識して取り組むようにするといいでしょうね。
夫は娘に仕事のことを全然話さないのですが、支障のない範囲で構わないので、社会の現実について教えてやってくれたらいいのにと思います。
そうすれば、娘も父親のことをもっと尊敬できますし、今後の就活にも役に立つと思うのですが・・・・

今までも、いい加減な対応をするママ友のお子さんはやはり友達関係がうまくいっていなかったような気がするのですが、もし親が原因でそうなっていたのなら本当にお子さんがかわいそうです。
子どもは真似の天才だから、良いことも悪いことも真似してしまうかもしれない。
そのことを念頭に置いて、日々子どもと接していきたいと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

努力し続ける環境を育むには.

category - 子育て
2019/ 03/ 23
                 
子どもの努力し続ける力を育むにはどうしたら良いのか、解説してくださっている記事を読みました。

まず、目標とする人のことをよく観察し、行動をまねてみることだそうです。
言葉で指示しただけでは子どもも理解しにくいのですが、まねをしているうちに、その子のオリジナリティも生まれてくるということでした。

「できる」人は、自分がなぜそれができるのか言語化できない人がほとんどだということも書かれていましたが、その方たちも長年努力し続けたことで能力が身についたんでしょうから、たしかに、簡潔に説明することは難しいでしょうね。
次に、子どもの行動を信じて見守ってあげることが大切だそうです。
せっかくやる気を出しているのに「絶対無理」とか「あきらめなさい」とか言われたら、モチベーションが下がってしまいますものね・・・・
子どものためを思って発言したことが、能力を育む妨げとなることもあるわけなので、親にも慎重な行動が望まれますね。

娘の場合、今までは目標とする方についてよく観察できる状況はあまりなかったようですが、私が大量の合格体験記や魅力ある方の生き様についての記事を読み、その内容について伝えるということはしてきましたね。
行動を完全にまねることは難しいかもしれませんが、その方たちのことを常に意識するというのは大切だと思いますし、これからも、できるところは見習って、自分の糧としてくれたらと願っています。
ただ、娘の行動にはつい口出しすることも多くて・・・・
事情が分からず、的外れなアドバイスをしてあきれられることもあるので、気をつけたいですね。

実現したい夢のために努力し続ける能力は、子どもにとってかけがえのない財産になるはずなので、ぜひとも身につけさせてあげたいですね。
お手本となる方が身近にいれば子どもに良い影響があると思うので、すばらしい出会いにも期待したいですし、娘が人から目標とされる人間になるよう、自分磨きをしていってほしいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

親が子どもに愚痴っていい?

category - 未分類
2019/ 03/ 22
                 
親が子どもに愚痴をいうことについて解説してくださっている記事を読みました。

完璧な親というのはなかなかいないので、ときには子どもに愚痴を言って心を軽くしたいときもありますよね。
親が愚痴を言うことで、子どもも愚痴を言いやすくなるという側面もあるようなのですが、それでも常に愚痴を言うという状態は避けるべきだそうです。
愚痴を言うときは、同時にそのことについてのプラスの部分も伝えるといいみたいですね。
たとえば、仕事の愚痴を言うなら仕事のやりがいや意義についても話すようにする。
子どもが重荷を感じないようにするためにも、そのあたりを配慮しながら愚痴るようにしたいですね。

私の場合、愚痴るというか、娘の教訓になればと思って話をすることが多いですね。
夫は仕事がうまくいっていないのに、自分のことよりも義母のことを優先に考え、義母もまたそれを当然だと思っているふしがある・・・・
義母は、案外息子のことを考えていないような気がして、ちょっと怖いときがあります。
夫の人生はまだ先が長いのですから、まずは今の状態を立て直すことに邁進しないと、家族全員が共倒れになってしまいます。
私も言うのは辛いですが、娘には父親を反面教師にして、一番大切なことに一番力を入れて取り組むように伝えていますね。
もちろん、私も若い頃努力不足だったので、そのことも自戒を込めて話しています。
親思いなのは素晴らしいことではあるのですが、とりあえず「自分ファースト」にしていかないと、介護離職などの問題が起きかねないですしね・・・・

ある程度は親の威厳を保つ必要がありますが、子どもは親を超える人間になってくれないといけないと思うので、娘には親の情けない部分もさらけ出して、それを通じて学んでいってほしいです。
娘よ、母もたまには愚痴るかもしれませんが、よろしくね~(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

常温の自販機が増加中

category - 話題
2019/ 03/ 21
                 
飲み物を常温の状態で販売する自販機、私はまだ見たことがないですが、この話題はうれしいですね。
超のつく冷え性で、職場でもたぶんトイレの回数が一番多いくらいなので、私は夏でもなるべく冷たいものは飲まないようにしています。

冷たい飲料を一気飲みすると、胃腸が刺激されて腹痛や下痢を起こしやすいということなのですが、私の場合は腸の動きが悪くなってしまうんですよね・・・・
なので、今年の冬も、かなり寒いときは腰にカイロを当てて過ごしていました。
また、水分は腸で吸収されるのですが、冷たい水は一時的に胃の働きを弱めてしまうため、結果として水分の吸収が遅れてしまうそうなので、効率よく水分補給をするためにも、温かいものや常温のものを飲むのが好ましいそうです。
以前、中国の方は夏でも冷たいものは飲まないという話を聞いたことがありますが、これは東洋医学の考え方から来ているのかもしれないですね。
「冷えは万病の元」という考えには私も賛成なので、食事や水分にも気を遣っていきたいと思いました。

自販機だけでなく、スーパーやコンビニも常温の飲み物が増えてほしいです。
値段も少し安くなってくれたらラッキーかも??
トイレが近いからといって水分を摂らないのは良くないそうなので、体を冷やさないように水分補給していきたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

常に目標を持つ

category - 心と精神
2019/ 03/ 20
                 
若さを保つために大切なことは、常に目標を持つことだそうです。
とくに、自分が向上するための目標を持つのがいいみたいですね。

たしかにそうかもしれない・・・・
私の場合、この歳になると大それたことは考えにくいのですが、仕事のことや子育てのことなど、なにか目標があればきっとやる気がみなぎってくると思うので、可能な限り意識して行動していきたいですね。

以前の記事に書いた武井壮さん。
私と同世代ですが、常に何かにチャレンジしたいとおっしゃっていましたね。
昔からストイックに身体を鍛えていらっしゃる武井さんですが、俳優志望で坂上忍さんの付き人をしていたお兄さんが24歳で亡くなると、芸能界入りを目指し、芸能人が多く来店するお店に通い詰めて自分を売り込んだそうです。
そして、今お騒がせのピエール瀧さんの目に留まり、芸能界デビューとなったようですが、その行動力には本当に頭が下がります!
私は自分のことより娘や生徒さんを成長させることにかなりのエネルギーを使っている気がしますが、健康を保つという目標もあるので、そのための努力をしつつ、また新たな目標を探していきたいと思います。
学習塾で仕事をしている以上、生徒さんの成績を上げることは絶対的な目標なので、私もそれに関しては武井さんのようにこだわっていきたいですね。

「水は低きに流れ、人は易きに流れる。」

娘がお世話になった公文の先生もそうおっしゃっていました。
私はまさにその通りになってしまいがちなので、ささやかな目標でも立てるようにして、生活にメリハリをつけたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

eスポーツが部活に

category - 教育・受験勉強
2019/ 03/ 19
                 
コンピュータゲームで勝敗を競う「eスポーツ」を公立高校の部活として採用する動きがあるという記事を読みました。

eスポーツは、日本でも人気が高まってきているようですが、世界の競技人口は2億人以上ともいわれ、他のメジャーなスポーツと同じくらい普及しているみたいですね。
ただ、公立高校の部活ということになると、公費でゲームソフトを買うということに対しての反対意見も多いようで・・・・
また、ゲームばかりして全然勉強しないという親御さんの嘆きもよく聞きますが、学校でゲームすることを認めてしまうことで、こういった事態がますます深刻になってしまうのではという心配もあるようです。
WHOが、新たな疾病として「ゲーム障害」を正式決定するそうですが、たしかに、部活動ということで家でも学校でもゲームをすることになると、こういった疾病を起こす可能性は上がるかもしれないですよね・・・・
私としては、眼精疲労もとても気になります。

一方で、競技としてゲームをすることで、思考力・理解力・コミュニケーション能力が鍛えられるという利点もあるようです。
今年開催される国体では、初めて都道府県対抗戦が行われるということで、国内の競技人口もさらに増えていきそうですね。
年齢が上がると、反応速度や発想力が衰えてくるので、選手生命はわりと短いらしいのですが、選手の方が毎日何時間も練習して、体力維持のためにジムでトレーニングをしているという話を聞くと、文字通り「スポーツだな」という感じがしてきました。
自分の子どもにやりたいと言われたら今はまだ抵抗がありますが、これからもeスポーツ関係の話題には注目していきたいと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

親子関係は難しい??

category - 子育て
2019/ 03/ 18
                 
人生で最も難しい人間関係は親子関係であるという内容の記事を読みました。

親子関係、一番身近なだけに、遠慮や気配りがなくなりがちかもしれませんね。
「照れや慢心などが邪魔をして、当たり前のことができない。」

と書いてありましたが、たしかにそうかも💦
うちは、何年か前までは娘には誕生日やクリスマスのときにプレゼントをあげたり食事に行ったりしていたのですが、主人や私の誕生日などはとくに何もしていません。
小さいとき、母の日に娘が携帯ストラップを作ってくれたのですが
「プレゼントはとくにいらない。元気で頑張ってくれるのが最高のプレゼントだよ。」
と伝えましたね。
とりあえず、イベント関係は結構恥ずかしくて・・・・
諸事情があって、私たち夫婦は結婚式をしていないのですが、そんな性格なので内心ホッとしていたくらいです。

以前の記事に書いた、お子さん4人が東大理Ⅲに合格した佐藤亮子さんもおっしゃっていましたが、お子さんたちにLINEをしても、息子さん3人は既読スルーのときがあるとか!
東大受験のときにはあれだけ密な親子関係だったのに・・・・
文字にすると残るので、息子さんとしては余計に照れくさいのかもしれませんね。

親と接するには、勇気や度胸が必要だとも書いてありましたが、親子関係は人間関係の原点なので、ときには思いやる気持ちを素直に表せるといいですね。
夫は親思いすぎて自分を犠牲にするようなところがあるのですが、私は娘がそうなるのは望まないので、気楽な親子関係でもありたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

貯蓄ができていない人々

category - お金
2019/ 03/ 17
                 
先日テレビでやっていたのですが、30代〜40代の方の半数が貯蓄50万円以下だというデータは、私も衝撃的でした。
残業時間が減っていたり、非正規雇用の方が多かったりなどで手取り額が減っている一方で、帰りについ寄り道をして散財してしまう。
これだと、たしかにお金は貯まらないですよね・・・・
また、家事育児を1人でこなす「ワンオペ妻」の方は、ストレス解消のためにランチや美容費にお金を使ったりしていて、さらに支出が増えているみたいですね。
街でのインタビューもやっていて、「何とかなると思う」という方が多かったですが、私だったら不安で不安でしかたがないです!
自分があとどれくらい生きるのが分かっていないので、無駄遣いをするのはやっぱり怖いですね。

企業側が、リーマンショック以降内部留保を増やしているため、社員の給料がアップしていないという現状もあるようですが、我が家でもそれは感じています。
夫の能力が足りないということが一番なんでしょうが、これだけさせられてこの給料?と、通帳を見てはため息。
こんな状態では、働く意欲もわかないですよね。
我が家もとにかく節約で、私は外食はほぼしないですし、カフェでお茶もせず、格安スマホに変え、エアコンもつけず、できる限りのことはやっているつもりですが、貯蓄が増えていかないので、途方にくれています。
ただ、教育費に終わりが見えてきたので、それだけは救いですね。
引き続き家計を切り詰めつつ、医療費がかからないよう、健康にも気をつけていかないと!

このような状態だと、年金保険料の支払いをしない人が増えるのではという心配もあり、私たちにとっても人ごとではないですね。
若い方達の負担がこれ以上増えないことを祈るばかりです。
私は、毎月金運がつくという神社に行っていますが、ご利益があるよう、これからも参拝を続けたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

モーツァルトの曲で癒す

category - 健康
2019/ 03/ 16
                 
モーツァルト音楽療法を研究されている、埼玉医科大学短期大学名誉教授の和合治久先生のインタビュー記事を読みました。

以前から、モーツァルトの音楽は免疫力を高めるという説がありましたが、彼の曲中には周波数の高い音が多いので、それが耳から入ってくることによって脳神経を刺激し、結果として免疫の働きを高めてくれるみたいですね。
また、現代は自律神経のバランスを崩している方が多いのですが、モーツァルトの音楽を聴くと副交感神経にスイッチが入って、心と身体がリラックスできるそうで・・・・
人それぞれ音楽の好みがあり、すべての方に効くかは定かではありませんが、私も以前自律神経失調症で悩んだ経験があるので、また時間のあるときにYouTubeで試してみようと思いました。

本屋に行ったら、育児書のコーナーのところにも「スマホ育児に注意!親子のためのモーツァルトCDブック」というのがありました。
こちらも、効果には個人差があるかもしれませんが、気になる方は一度確認されてもいいかもしれませんね。
私も、妊娠中や娘が小さいときは、ゆったりとした曲調のクラシックを聴くようにしていましたが、今はこのようなCDが売られているんですね!

とりあえず、ただ聴くだけでいいというのはすごくありがたいです。
辛いときは能動的に何かをする気力もなかったりするので・・・・
モーツァルトに限らず、癒しを感じられる音楽はきっと良い影響を与えてくれると思うので、疲れたときは聴いてみるといいかもですね(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


                         
                                  
        

幸せを連鎖させる

category - 心と精神
2019/ 03/ 15
                 
うれしいことがあったとき、幸せの連鎖を意識して行動すると良いという内容の記事を読みました。

物事が思い通りに進むと、しばらくの間感動に浸ることが多いと思うのですが、そんなときはただ感動の余韻を楽しむだけでなく
「ついでにもう1つチャンスをつかめないか。」
と考えると良いそうです。

記事によると、うれしいことがあった直後は次の幸運が間近にある状態なので、自分で意識することによってその幸運を引き寄せることができ、そうするとまた新たな幸運と出会えるらしいんですよね。
確かに、1つラッキーなことがあるとこちらのテンションも上がりますから、この勢いで新しいアイデアが生まれたりして、それが次につながることもありそう!
好機を逃さないというのは本当に大切なことですよね。

以前、ご主人にモラハラをされていて発達障害のお子さんがいらっしゃる私の友達のことを書きましたが、現在は電車で往復2時間くらいかけて、実のご両親の病院通いの付き添いをされているそうです。
他にも親族に対する悩みがあって、私から見るとかなりストレスフルな生活を送られているのですが
「自分はそれでもまだ幸せ。これ以上欲張ってはいけない。」
と無理やり言い聞かせているみたいな感じで・・・・
資産は十分お持ちのようですし、毎日無事に終えられていることはもちろん幸せなことではあるのですが、ご自身の健康のためにも、少しでも現状を打破しようという気持ちになってくれるといいのですが・・・・

私の義母も同じような感じで、今に満足してしまっているせいか、震災で家が全壊したり、夫に先立たれたり、息子が仕事で失敗し自分は今春入院するなど、次々と不幸が襲ってきているので、やはり感謝しつつもチャンスに貪欲になったほうがいいような気がしますね。
私はめげやすい性格なので、ぜひチャンスをつかみたいですしひたすら神様に祈願もしています(^o^)丿

幸せといっても、電車で座れたとか、外で食べたランチがおいしかったとか、小さなことでいいみたいです。
そんな体験をしたあと、意識して、次の幸せをつかむ努力をしていきたいですね。

人生少しでも豊かにするために、私もダブルチャンス、トリプルチャンスを狙います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加