Recent Post

        

10分間読書

category - 教育・受験勉強
2019/ 07/ 24
                 
1日10分間でもいいので、読書の習慣をつけると良いといった内容の記事を読みました。

読書って、まとまった時間がないとやりにくいと考えがちですが、1日10分だけでも読書の時間を作ることができたら、1年ではおよそ60時間になり、10年だと600時間になります。
これは、およそ25日間に相当するので、そう考えると、結構な読書量になりますよね。
1日10分の読書を毎日続けるかどうかで、人生に大きな差が出てくる。
記事にはそんなふうに書いてあって、私も細切れ時間を無駄にしないようにしようと思いました。
10分くらいなら集中できそうですし、集中すれば内容も頭に入りやすいので、知識が増えて、これからの人生にもきっと役立つと思います。
でも、私は小説とかは一気に読みたいタイプなので、ここ数年はとんとご無沙汰していますね・・・・
小説だと一日中読んでしまい、そのあと何もしたくなくなるんです(>_<)
実用書ならある程度区切りがあるので、10分間読書には向いているかもしれないですね。
仕事にも役立ちそうな気がします。

たまに本を買うことはあるのですが、やはり小説は買っていないですね・・・・
iPadで毎日記事を読んでいるので、一応10分間読書はできていると思うのですが、読書用の本を買ったときは、寝る前に少しずつでも読まなければと思いました。
iPadがそばにあると調べものがすぐにできてとても便利なのですが、そんなことをしているとあっという間に1日が終わってしまうんですよね(>_<)
しかし、これは言い訳に過ぎないと思うので、もう一度時間の使い方を見直さないと・・・・

子どもに「本を読みなさい」というのもいいのですが、普段から親御さんが読書している姿を見せていると、子どもも本好きになりやすいそうです。
活字を読めば読むほど、脳の神経ネットワークが構築され、賢くなるらしいので、毎日10分間の読書タイムを生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

我が子の就活でオヤカク??

category - 話題
2019/ 07/ 23
                 
企業が、内定者の親に入社意向を確認することを指す「オヤカク」という造語があるそうですが、オヤカクの結果、学生が内定を辞退するケースが増えているという記事を読みました。

オヤカクが子どもの就活に影響を与えるようになった背景としては、就職売り手市場や、少子高齢化に伴う親子関係の緊密化があるようですが、親のほうはどうしても保守的になりがちで、誰もが知っている企業に就職したほうが安定した生活を送れると思いがちなんでしょうね。
でも、なかには、自分の介護のために子どもを身近に置いておきたいという理由で、遠方での就職を許さなかった親御さんもいらっしゃるようで・・・・
心細いのはよく分かりますが、そんな理由で子どもの就職に介入するのは、やはりやりすぎでしょうね。
長く人生を送ってきたものとしてアドバイスするのはいいのですが、最終的に決めるのは子どもであるべきなので、記事を読んで、子どものことを束縛しないようにしなければと思いました。
親の言いなりにさせてうまくいかなかったときに、子どもから文句を言われても責任は取れないですし、親のほうも、今の就職事情がよく分からなかったりしますから、いろいろ言っても説得力に欠けるのではという心配もありますしね・・・・

娘は、2年ほど前から、ベンチャー企業でインターンをしていて、その影響からか、大手企業には全く興味がないそうです。
今は、すぐに転職する方も多いので、「はじめは大手に就職したら?」とは話していますが、ベンチャー企業のほうが働き方にも柔軟性があるような気もしますね。
都内で働くとすると、朝の通勤ラッシュが心配ですが、出勤時刻を遅らせたり家で仕事したりできれば、体もかなり楽になると思うので、そういったことも伝えるようにはしています。
でも、夫のほうは、義母の介護のことを考えた転職をしてしまって(><)
義母もそれを当然と考えているフシがあり、私もなかばあきれています。
おかげで、夫は、キャリアも積めず給料も上がらずで、私たち家族も困っているわけですが、いい教訓にはなりましたね。
娘の就職はまだ先になりそうですが、いろいろ話し合って、より良い決断をしてくれたらと思っています。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







                         
                                  
        

「ひとり焼肉」初体験!

category - 日常生活
2019/ 07/ 22
                 
7/7の記事で、「ひとり焼肉」のことを書きましたが、先日、私も「焼肉ライク」というお店で初体験してきました!

「焼肉ライク」のHPはこちら↓
https://yakiniku-like.com/

お邪魔したお店は、店員さんも全員女性で、内装もきれいだったので、女性の私でも抵抗なく入れましたね。
カウンター式のテーブルに一人1台のロースターがあって、近くにはお水を入れる機械や焼肉のたれ、お箸がおいてあり、注文も目の前のタッチパネルでできるので、人件費が少なくてすみそうだなと思いました。

一人で外食するときに、500円以上するとなるとものすごく躊躇してしまう私ですが、一番安いセットメニューで「税抜き価格530円」のものがあったので、次の日の食費を節約することにして、そのセットメニューを注文しました。
ロースターに火をつけて待っていると、5分ほどで、お肉・ご飯・キムチ・スープが運ばれてきて、早速焼き始めました。
一番安いセットなので、お肉は100gしかないのですが、キムチがついているおかげで、ご飯がもりもり食べられるんですよね〜(^O^)
タッチパネルでお店のこだわりについてアナウンスされていたのですが、たしかお米は「ひとめぼれ」と書いていたような・・・・
ご飯のおかわりは無料で、これもタッチパネルで注文できるので、私も小ライスをおかわりしました。
男性のお客さんもいましたが、女性客のほうが多くて、隣の女性はお肉300gとかを注文されていたので、ご飯のおかわりも全然恥ずかしくなかったですね。
会計をして店を出て歩いていると、なんと、いただいていた紙のエプロンがついたままになっていて(><)
これで電車に乗っていたら、恥ずかしさMAXだったと思うので、すぐに気がついてよかったです!

自分で焼く焼肉のお店に行ったのはたぶん10年ぶりくらいだったので、なんだかとてもうれしかったですね。
娘も、焼肉屋に連れて行ったのは、今までに1、2回だったような・・・・
東京でこんなに安くランチできるところはなかなかないので、今度またぜひ娘とも行こうと思いました!
今のところ、都内しかお店がないのですが、他の地域にもできたらいいですね。
こういうスタイルのお店が、これからも増えていってほしいです。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

謝るのは難しい!

category - 心と精神
2019/ 07/ 21
                 
怒るのは簡単だが、謝るのは難しいといった内容の記事を読みました。

怒るのは、イライラしたときに感情に任せて怒鳴ればいいだけなので、子どもでも猿でもできる・・・・
まさにその通りかも!
一方で、謝るためにはプライドを捨てることが必要で、自分の過ちを認めて相手に頭を下げるのはかなり勇気がいりますよね。
しかも、口先だけではなく、誠意を込めて謝らないと相手には伝わりませんから、謝り方にも気をつけないといけないし・・・・

日本人の場合、こちらがへりくだる意味で謝ることも少なくないと思うのですが、度が過ぎると相手が傲慢になることもあるので、謝るタイミングにも気をつけたほうがいいかもしれないですね。

私が小学6年生のとき、日曜日に友達とクッキーを焼いて当時の担任の先生のお宅に届けに行ったのですが、あとで母から聞いたところによると、先生はデートの約束があったのに私たちが突然訪問したためデートをキャンセルして、その後交際が終わってしまったらしくて・・・・
たしか翌日おわびはしたと思うのですが、以後先生の態度がときどき不自然だったので、卒業の際もう一度おわびしたということがありました。
今思うと、先生が母にデートの話をするというのはちょっと考えにくいので、私をなぐさめようとして母が適当に言ったことかもしれないのですが、たぶん私たちの謝り方では誠意が伝わらず、先生も気持ちの整理がつかなかったんだろうと思います。
そんなことを振り返っていると、謝ることは本当に難しいなとしみじみ感じますね。

そうはいっても、自分が悪いと感じたときは真心こめて謝るのが大人の対応というもの。
辛い場合もあるでしょうが、素直に謝る勇気を持ちたいと思いました。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

才能を役立てる

category - 教育・受験勉強
2019/ 07/ 20
                 
どんな才能も、役立てて初めて本当の価値が出てくるといった内容の記事を読みました。

まず、才能には「見つける過程」「磨く過程」「生かす過程」があり、どんな能力であろうと、磨き上げた能力は必ず何かの役に立つようになるそうです。
最初はただ自分が楽しんで努力していたにすぎなくても、結果としてさまざまな形で社会に貢献できるようになるなんて、本当に素晴らしいですね!
才能を役立てることができれば、自分の存在価値が生まれ、充実感を得ることができるとも書いてありましたが、たしかに、自己満足ではせっかくの才能も宝の持ち腐れになってしまいますから、持っている能力を存分に発揮できるような環境作りも大切になってくるかと思います。

たとえば、せっかく才能があっても、経済的な理由でそれを生かせなかったら・・・・
大学生も、かなりの割合で奨学金を受けているみたいですが、その金額ではとても十分とは言えない気がします。
選挙でも教育の無償化を訴えてくださっていますが、それはぜひ実現してほしいですね。
才能を開花させようにも、日本の教育費は高すぎるので💦
我が家の場合も、娘に好きなことだけやらせるというわけにもいかず、将来性も考えてこれからのことを決めるようにと話しています。
せめて孫の世代には教育費が下がっていてほしい!
庶民の私はそう思わずにはいられません。

才能を見つけるというのも、結構難しいですよね・・・・
自分の適性を知ることができた方がうらやましいです。
自分が好きなことならそれを磨くこともしやすいと思いますね。
やはり、いろいろ経験する中で才能が見いだされると思うので、結局お金の問題化も??
・・・・我が家も貯蓄に励みたいと思います!

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

                         
                                  
        

「シンプルに逝きたい」急増中

category - 話題
2019/ 07/ 19
                 
死ぬときはあえて「葬儀も墓もいらない」という人が急増中であるという内容の記事を読みました。

お葬式やお墓の費用って、結構高額ですよね。
以前、義母が義父の墓じまいをしたのですが、その費用も100万円かかったと言っていて、そういうことを聞くと、私もお墓には入らなくてもいいかなと考えてしまいます。
お葬式をせず、お墓も作らないとなると、故人を偲ぶ機会が減るのではという意見も出てくるかと思いますが、『0葬ーーあっさり死ぬ』の著者である、宗教学者・島田裕巳さんによると、
「葬儀を行わず、墓も持たない『0葬』ならば、遺骨や墓に縛られることなく、かえって自由に故人を偲ぶことができる。」
ということらしいので、そういうふうに考えることができれば気が楽かもしれませんね。
たしかに、『0葬』は、残された家族にとって負担が少ないとは思いますが、これを実現するためには、生前から葬儀社に連絡をして遺灰の受け渡しを誰にするか決めておくことが大切とのこと。
また、遺書やエンディングノートを作成して、葬儀や墓をどうするか、自分の意思を示しておくことが、親戚同士の軋轢を生まない秘訣だということなので、私も、時期が来たら、そのようにしなければと思いました。

我が家は親戚付き合いがほぼないので、私がお葬式に出たのは20年前の祖母のときが最後ですが、式を取り仕切っていた叔父や叔母はきっと大変だっただろうなと想像します。
多分、そのときは睡眠もろくにとれていなかっただろうなと思うと、遺族は故人を偲ぶどころではないですよね。
私自身、信仰している宗教もないですし、自分のために家族がしんどい思いをするのは望まないので、やはり『0葬』一択かな?
それに、我が家は貧乏家庭なので、私のためにそんなにお金はかけられないし・・・・
できれば長生きはしたくないのですが、今のところどこも悪くないので、人生の旅はまだまだ続きそうですね(><)
子どもの頃からしんどい思いをしてきたので、もう勘弁してほしいなという気持ちもありますが、それでも、命ある限りは、頑張って生きていこうと思います。
人生の最後に、後悔がないようにできれば、こんなにうれしいことはないので、日々誠実に過ごしていきたいですね。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

0葬 あっさり死ぬ [ 島田裕巳 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/7/11時点)


                         
                                  
        

不登校小学生YouTuber・ゆたぼん

category - 教育・受験勉強
2019/ 07/ 18
                 
ゆたぼんくんのことは、メディアでよく取り上げられていたのは知っていたのですが、先日、はじめて彼や彼のご両親の映像を観ました。

先生の言うことを無条件に聞くのが嫌だということで、行きたいときにしか学校に行かない生活をしているゆたぼんくんですが、話し方など、ものすごくしっかりしていますね!
ご両親は、学校に行かないほうがいいとは思っていらっしゃらないようですが、無理やり連れて行くのには抵抗があり、ときどき登校を促しつつ、今はゆたぼんくんのやりたいようにさせてあげている状況みたいです。
たしかに、学校でしか経験できないことも多いですが、友達と遊んだりはしているようですし、勉強は家でもできるので、しばらく様子を見守るというのも1つの方法かもしれないですね。
毎日だらだら過ごしているだけというのは良くないですが、ご両親いわく「やりたいことを全力でやっている」ということなので、長い人生の中でそういう時期があってもいいのかなという気もしています。

でも、やっぱり、ゆたぼんくんには、そう遠くない日には、学校を好きになってくれたらうれしいですね。
もしかすると、今は全く学校の勉強はしていないかもしれませんが、遅れた分はすぐに取り戻せますし・・・・
最近、用事があって、大学時代の友人としょっちゅうLINEのやり取りをしていますが、長く同じ時間を過ごしてきた友達というのは、ゆたぼんくんにとっての大きな財産になると思います。
私も不登校を経験していますが、そのときは不安や焦りばかりがあったので、私のような気持ちにならないうちに、もう一度、学校を楽しむ努力をしてみてほしいですね。
不登校になった背景には先生への不信感があったみたいですが、この先、信頼できる先生との出会いがあることを、私も願っています。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
                         
                                  
        

「分かる」と「覚える」の違い

category - 教育・受験勉強
2019/ 07/ 17
                 
「分かる」と「覚える」について解説してくださっている記事を読みました。

どちらも頭を使うという点では同じですが、「分かる」は筋道が理解できることで、「覚える」は記憶することを表している書いてありました。
分からなかったことが分かるようになると、感動しますしその後のやる気にもつながっていくのですが、覚える作業は面白みがなく、どうしても飽きやすいですよね。
でも、勉強していると覚えなければいけないことがものすごく多い!
できるだけ筋道を理解するように工夫したいところですが、英単語などはどうしても丸暗記の部分も必要になってきて、私も学生の頃はうんざりしていました。

小さい子は、丸暗記が得意な子が結構いますよね。
昔は天才児を特集する番組があって、東海道線の駅名や世界の国旗を全部覚えているなど、記憶力が優れている子が登場して、私も子どもながらすごいなと思っていましたが、実はこれらに興味のある子にとってはいとも簡単にできてしまうことだったみたいで・・・・
大人になると、理解しなければ納得できなくなったりするので、やはり子どものときに丸暗記する能力を鍛えることも必要なのかもしれませんね。

親御さんたちには、インドでは20×20まで覚えるらしいという話をよくしているのですが、インドの方がIT関係で活躍されているのはこういった丸暗記が功を奏したともいわれていますよね。
また、日本人初のノーベル賞を受賞した湯川秀樹さんは、小さい頃おじいさんに儒教の教えの本を暗唱させられて嫌だったそうですが、漢字の文に触れていたおかげで、大きくなって難しい本を読んでいても抵抗がなかったそうです。
「分かる」と「覚える」、どちらも大切ですが、「覚える」ことに抵抗なく取り組めるように、生徒さんにも指導していきたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

                         
                                  
        

「ケンタッキー」超復活!

category - 話題
2019/ 07/ 16
                 
「ケンタッキーフライドチキン」(以下、ケンタッキー)の国内店舗を展開する日本KFCホールディングスの業績が、急速に回復しているという内容の記事を読みました。

「ケンタッキーフライドチキン」のHPはこちら↓
https://www.kfc.co.jp/top.html

これまで、日本のケンタッキーは、収益の大部分をクリスマス期に稼いできたようですが、たしかに、それではまずいですよね。
そこで、期間限定商品や割安なセットメニューを目玉にする戦略を打ち出したのですが、昨年夏には、500円のランチセットが販売されていたようで!
また、CMだけでなく、YouTubeやTwitterなどのデジタルメディアにも広告を出し、若年層にもアプローチできるようにしたそうですか、こういった宣伝効果も大きかったんでしょうね。
今はコンビニでも安いチキンが売っていて、そちらのほうが手軽に買えるイメージですが、ケンタッキーもいろいろ頑張っているんだなと思いました。

そういえば、私も、ここ何年もケンタッキーを食べていないですね。
今住んでいるところにも、マクドナルドやモスバーガーはあるのですが、ケンタッキーはなくて・・・・
実家の近くにはケンタッキーがあるので、子どもの頃はときどき食べていました。
母親があまり料理をしない人だったので、ケンタッキーはありがたい存在でしたね。
調べてみると、我が家からは電車で一駅のところにお店があるみたいなので、またひさしぶりに行ってみようかな?
節約家の私としては、500円のセットが再販売されるのを楽しみに待ちたいと思います(^O^)

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



                         
                                  
        

言葉遣いの大切さ

category - 心と精神
2019/ 07/ 15
                 
ジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川さんが亡くなり、連日マスコミでその話題が取り上げられていますね。
所属タレントの方のジャニーさんへの追悼コメントを読んでいると、双方の絆の強さや、ジャニーさんのタレント育成能力の高さを感じさせられます。

ただ、所属タレントの方たちが発しているコメントには、なんとなく違和感もあって・・・・
ジャニーさんへ語りかけるようなときは「ジャニーさん」「僕たち」でもいいと思うのですが、対外的には、ジャニーさんは所属事務所の社長ですし、タレントさんたちも、若々しくはありますが世間的にはいいお年の方も多いので、「社長」「私たち」というふうにおっしゃったほうが、やはり好感が持てますね。
そんな中、TOKIOの城島茂さんは、メンバーだった山口達也さんの不祥事があったときから、ジャニーさんのことを「社長」とおっしゃっていたので、さすがグループのリーダーだなと思ったりしていました。
多分、嵐の櫻井翔さんあたりも、その辺はわきまえていらっしゃるような気がしますが、他のタレントさんにも、もう少し言葉遣いの教育をされたほうがいいでしょうね。
ニュースを扱う番組の司会をしている方もいらっしゃるのですから、最低限の言葉遣いのマナーは身につけられたほうがいいのではないかと思いました。

勤務先にも、早稲田大学の学生講師がいますが、私たちに謝るときにはいつも「ごめんなさい」なんですよね。
保護者の方には「すみません」と言っていたと思いますし、パワハラと感じられても困るので、今のところ私も特に指摘はしていませんが、娘にはこのことを話して、言葉遣いに気をつけるようにと伝えておきました。
娘は、秘書検定2級に合格しているので、ビジネスマナーはある程度分かっているかと思いますが、普段の何気ない振る舞いで人格まで判断されてしまうので、本当に気をつけないといけないですよね。
私も、うっかり失言しないように、これからも注意しながら会話していきたいと思います。

より多くの方にこのブログをご覧いただけるよう、応援よろしくお願いします(^o^)
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加